スポンサーリンク

鬼滅の刃193話ネタバレ考察感想あらすじ!最終決戦の始まり

漫画ネタバレ

2020年2月10日発売の週刊少年ジャンプ2020年11号で、鬼滅の刃193話が掲載されました。

 

192話では、自信を失いかけ、地獄を見て、死ぬ覚悟もてできている炭次郎が再び立ち上がりました。

 

心を燃やして、負けるな、折れるなと力を籠めなおして、炭次郎の日輪刀は赫く色を変えました。

 

炭次郎は炭吉の記憶の中で縁壱の日の呼吸の型をしっかりとその目に焼き付けていました。

 

そして炭次郎は父から伝えられた十二個の型を繋いで日の呼吸の十三番目の型に挑戦するのでした。

 

本記事では、鬼滅の刃193話「困難の扉が開き始める」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃193話のあらすじネタバレ

禰豆子の力を借りずとも炭次郎は刀身を赫くすることができました。

 

無惨は、柱たちが各々の方法で刀身を赫くしたのを見ていたため、人間の「死の淵で扉を開いた」と分析していました。

 

しかしそれでも、無惨が恐れている縁壱の力には遠く及ばないのだと評しています。

 

縁壱の赫刀から繰り出される斬撃はこんなものではないと評するのでした。

 

炭次郎はひとつひとつ型をこなしていき、六つの型を繋げることに成功します。

 

これで十二の型のうち三つの型を繋げたことになります。

 

脳も心臓も場所を変えていて、さらに攻撃に押されて胴まで攻撃を届かせることができません。

 

肺を殴られているような感覚に加えて、四肢が引きちぎれるような痛みや激しい心臓の鼓動が炭次郎を襲います。

 

その体に限界がくるものの、夜明けまではまだ一時間以上あります。

 

しかし炭次郎は集中を持ち直し、この一瞬の一秒以外のことを考えるなと体を動かします。

 

夜明けまでの一秒を繰り返せと叱咤します。

 

技の精度が目に見えて落ち、赫い刃ももう元に戻ると無惨は冷静に判断をしながら、縁壱をあんなものと称してそうそう生まれてなるものかと炭次郎ですら甘く見るのでした。

 

激しい攻撃をなんとか炭次郎は避けながら、型の発動するタイミングを見計らっています。

 

激しい攻防の中、無惨ははたと気付きます。

 

炭次郎の動きは精彩を欠いていて、人間ならば当然動いた分の疲労が足枷となって疲弊していくはずです。

 

疲弊しきった炭次郎にとどめを刺しきれずにいる自分に対して疑問を抱いたのです。

 

その答えが、無惨自身も遅くなっていることに彼は気付いたのです。

 

一対一で二度もとどめを刺し損ねた彼は、取り込んだ珠世が原因だとして、彼女の細胞を呼び出し吐かせようとするのです。

 

珠世は無惨に使った薬として、人間に戻すもの、と言葉を零しますが、続けて「言わない、その無駄に増やした脳みそを使って考えたらどうだ」と煽るのでした。

 

そして細胞に残る記憶を読み始めた時、そこには兪史郎としのぶがいたのでした。

 

薬は複数の掛け合わせ、分解することは前提で進めるべきであるとしのぶが言います。

 

一つ目はもちろん人間に戻す薬、そしてそれが効かなかった場合に際して、残った薬がより強力に作用するように細工をするというのです。

 

二つ目として選ばれたのは、老化の薬だったのです。

 

それは一分で五十年分、無惨を老いさせることができるのです。

 

無惨はただただ老化をし続け、その進行を止めるために彼の力は削がれていったのです。

 

だから炭次郎も含め、柱にも梃子摺り、倒せずにいたのでした。

 

珠世さんを無惨が取り込んでから五時間近く、薬が効き始めるまでの時間を差し引いても三時間近くは作用していると彼は冷静に考察します。

 

つまり無惨は戦い始めてから実に九千年老いているのでした。

 

白髪が戻らないことからもっと早く気づくべきだったとしながらも、ここでまた時間が一分進み、無惨の老化も五十年分進むのでした。

 

そのとき、炭次郎の型がはまり十二個の型が繋がったのでした。

 

炭次郎は気を引き締めなおし、この十二の巡りをもっと早くもっと正確に、夜明けまでに何度も回そうと、さらに刀を握る手に力を込めたのでした。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃193話の感想と考察

ここに来て、しのぶさんと珠世さんの描写が出てくると不覚にも泣いてしまいそうでした。

 

童磨が喰った、と無惨が認識しているのは、鬼のネットワークみたいなものでお互いに生き死にを把握しているのでしょう。

 

また無惨においては、おそらくそれについては食事などについても把握が可能なほど万能なものであったと思われます。

 

血を分け与えたものに対しては、そういった干渉が可能なのでしょう。

 

最初期の鬼に対しても名前を言わせないようにと術を仕込んだり、上弦の肆の鬼の鳴女においても、その視界を見て騙されており、兪史郎に対しての干渉も含めて考えれば、かなり万能な力だといえます。

 

取り込まれている珠世さんが細胞として答えている際にいつものいつもの穏やかな彼女の口ぶりからは想像できないような発言「言わない、無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」と無惨のような表情には一瞬背筋が冷えました。

 

やはり彼女も無惨から血を受けた鬼なのだと改めて感じました。

 

炭次郎の型もなんとかつながり、今後の展開として、もしかしたら無惨を打開することができるかもしれないという期待が湧き上がってきました。

 

今後の鬼滅の刃が楽しみですね。

 

<< 前話 一覧 次話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました