スポンサーリンク

アルキメデスの大戦241話ネタバレ考察感想あらすじ!「暁作戦」お披露目!

漫画ネタバレ

2020年11月9日発売の週刊ヤングマガジン2020年50号で、『アルキメデスの大戦』第241話が掲載されました。

 

『アルキメデスの大戦』第241話は、黒沼と山本の手による「暁作戦」が将校たちの前でお披露目される模様が描かれます。

 

山本が黒沼に指示した、ハワイ攻撃計画の具体案作成。

 

その完成披露ともいえる兵棋演習が始まった。

 

嬉々として作戦を遂行する黒沼とは反対に米軍側を受け持つ南雲中将は不満タラタラ。

 

演習の勝敗は?

 

黒沼が隠す桐箱の中身ははたして…

 

本記事では、『アルキメデスの大戦』第241話[ワンサイドゲーム]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 240話 一覧 242話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

アルキメデスの大戦241話のあらすじネタバレ

【兵棋演習・青軍(日本)】

 

青軍司令長官・黒沼は机上に並ぶ艦船模型を使い、「暁作戦」を開始。

 

 

日時は日曜日午前1時

 

月相は望(満月)

 

 

これはつまり満月の夜に発艦準備をして、夜明けと共にハワイ・オアフ島の真珠湾へ襲いかかるということ。

 

この指定日時を聞いた将官たちは「暁」という名がなぜ作戦名なのかその意味を知るのでした。

 

 

【兵棋演習・赤軍(米国)】

 

将官のひとりが赤軍司令長官・南雲に迎撃態勢をとってはどうかと進言。

 

すると別の将官がそれでは事前に青軍の攻撃を知っていたことになってしまい演習の意味がないと意見。

 

将官たちの話を最初は黙って聞いていた南雲でしたが、次第にイライラ。

 

演習とはいえ一方的に攻撃を待つだけのこの状況についに我慢の限界。

 

中将であるこの自分が敵側の司令官役だということにも納得のいっていなかったこともあり南雲はキレまくり。

 

こんな演習は意味がない、中止しろと統監部の山本長官に伝えるよう部下に指示。

 

 

しばらくし、南雲の訴えを統監部へ伝えに行った将官が赤軍の部屋に戻ります。

 

山本から南雲への返答は「武人として最善を尽くせ、演習は続行」とのことでした。

 

南雲はそれを聞き少し考え、演習の続行を承諾。

 

「暁作戦」など俺が叩いてやると息巻く南雲…

 

が、この指定日時では真珠湾の自軍(米軍)の艦艇乗員は半舷上陸中であり、基地の将兵も多くは外泊中。

 

また索敵機を飛ばしてもまだ敵軍(日本)は探知できる距離にいません。

 

結果、士気は上がれどやることがない南雲なのでした。

 

 

【兵棋演習・青軍(日本)】

 

黒沼は作戦を遂行。

 

各空母の攻撃隊に発艦準備を指示。

 

 

日曜日午前1時30分

 

第一次攻撃隊発艦

 

続いて午前2時45分

 

第二次攻撃隊発艦

 

 

これら青軍の行動は統監部へと送られ、赤軍にも伝えられます。

 

しかし赤軍は索敵機を哨戒させるのがせいぜいの状態。

 

赤軍にとっては平時であり、それも日曜日ということもあって兵力を戦時の状態にすることができなかったのです。

 

 

日曜日午前7時55分

 

第一次攻撃隊 真珠湾到着

 

攻撃開始

 

爆弾投下

 

命中!敵飛行場大破!

 

艦艇魚雷命中!敵艦船火災発生!

 

 

統監部はこの青軍の攻撃を成功と判定。

 

これにより赤軍は被害甚大、迎撃不能と判定されます。

 

 

日曜日午前8時45分

 

第一次攻撃隊 空母へ収容開始

 

同午前8時55分

 

第二次攻撃隊 真珠湾到着

 

攻撃開始

 

 

統監部は青軍の第二次攻撃も成功と判定。

 

これで赤軍は航空基地機能が完全喪失されたと判定されます。

 

 

日曜日午前9時40分

 

第二次攻撃隊 空母へ収容開始

 

第一次第二次ともに母艦収容完了

 

 

統監部からここまで攻撃全てが成功との判定をもらい、青軍の将校たちは歓声をあげて大喜び。

 

かつての日本海海戦と並ぶ一方的勝利、ワンサイドゲームだと黒沼を拍手で称えます。

 

そんな中、演習が始まる前、将官たちに後のお楽しみと、もったいつけて中身を見せなかった桐箱を取り出し、不敵な笑みを見せる黒沼。

 

まだ作戦は終わっていないと将官たちに告げ、桐箱の蓋を開け、中身を披露。

 

そこにあったのは櫂の発案した戦艦「大和」の模型でした。

 

【兵棋演習・統監部】

 

統監部で演習の一部始終を見ていた櫂と山本。

 

これで作戦は青軍の一方的勝利だと騒ぐ将官たちを尻目に、二人は作戦にはまだ続きがあることを理解していました。

 

山本は櫂に目をやり、不敵な表情をみせます。

 

櫂は山本の狙い、この演習の真の目的が「大和」が作戦には必要不可欠だと将校たちに知らしめることだと気付くでした…

 

アルキメデスの大戦を漫画BANKやrawやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『アルキメデスの大戦』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

アルキメデスの大戦241話の感想と考察

残念!

 

前回の考察で桐箱の中には「櫂の大和」ではなく「平山の大和」が入っているかもと深読みしました。

 

しかし、今回ラストのコマに描かれた大和の模型を見るかぎり、アレは「櫂の大和」ですね。

 

どうやら山本は将校たちに大和が米国を徹底的に叩く有り様を単純に見せつけることが演習の狙いのよう。

 

櫂がそんなの聞いてない!知らないよ!という新たに付随された作戦の概要を櫂にお披露目するのが裏の真の狙いかと思っていたのですが…

 

そんなサプライズを山本と黒沼に期待していたのですけれど、やはり櫂以上の発想は持ち合わせてはいなかったみたいですね。

 

次回は「櫂の大和」による徹底した米軍基地の破壊が描かれるでしょう。

 

もしかすると犠牲者数の話もあるかもしれません。

 

南雲がどうやって武士として最善を尽くすのかも気になりますが、櫂の反応がとても気になります。

 

今のところ櫂は演習に出来るだけ関わらないようにしていますが、物語の展開的にもこのまま黙っているとも思えません。

 

もし黙っていないのだとしたら、それは大和の使用法と使用範囲が櫂の想定を著しく越えていた場合ではないでしょうか。

 

山本に食って掛かる櫂という展開ならば、以前考察したように、山本は待ってましたとばかり、さらに櫂を利用するかもしれません。

 

いずれにせよ、このまま演習終了では山本と黒沼がなぜこうまで”櫂に”作戦を見せつけたかったのかがイマイチわかりません。

 

その辺が次回以降にクリアになることを期待したいと思います。

 

<< 240話 一覧 242話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました