スポンサーリンク

ぼく勉181話ネタバレ考察感想あらすじ!修学旅行へと行く成幸達

漫画ネタバレ

2020年11月9日発売の週刊少年ジャンプ2020年49号で、『ぼくたちは勉強ができない』181話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない181話は、成幸は真冬達と共に修学旅行へと行き、生徒達と共に盛り上がりました。

 

消灯時間なのに勝手に部屋から出ていた生徒達を注意した真冬は女性教員の部屋へと戻ると、他の女性教師が酒を飲んでおり、真冬は飲むのを拒否するもその匂いのせいで酔っ払って男性教員の部屋へと来てしまったのです。

 

最初に戻ってきた成幸はとても驚き、しかも他の男性教員も戻ってきたので真冬を自分の布団の中へと入れました。

 

果たして、成幸は真冬を庇えるのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない181話『[X]=薄氷の女王編④』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 180話 一覧 182話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ぼくたちは勉強ができない181話のあらすじネタバレ

太宰府天満宮へとやって来た成幸達だったが、真冬は生徒達に太宰府天満宮の事をまるで地元のガイドさん並みの詳しい説明をし始めました。

 

一向に止まる気配のない真冬に対して成幸は、もう1時間くらいしているからそのくらいにしたらどうだ、と言うと自由行動となった生徒達ははしゃぎ始めたのです。

 

何故成幸が太宰府天満宮にいるのかと言うと、福岡へ修学旅行として来ていたからでした。

 

成幸は心の中で、しっかり見回りしないといけない、と言っていたがそわそわしていて、その様子を見ていた真冬は、浮足立っている、と注意しつつ、教師は生徒達の模範として常に毅然とした振る舞いをするように、と言います。

 

しかし、太宰府天満宮の護神牛像を見た真冬は興奮し始め、本殿を見ても、歴史を感じる、と興奮していたのです。

 

その様子を生暖かい目をしていた成幸を見た真冬は、少々取り乱した、と呟くと成幸は、世界史教師として歴史好きなのか、と言うと真冬は、学生時代に修学旅行に行けなかったから、とブツブツと呟きます。

 

そして気づいたかのように、成幸はどうして世界史教師になったのか、と真冬は聞くと成幸が答えようとしたら生徒達が写真撮影を頼んだので有耶無耶になったのです。

 

それから成幸達は宿泊施設へと行き、ご飯を食べたり、お風呂に入ったりしたのです。

 

10時半になり、女子生徒達は男子生徒の部屋へと向かおうとしたら真冬達に見つかり、説教を受けたと共に持っていた物を没収しました。

 

真冬は女性教員の部屋へと行き、道具を没収箱へと入れつつ、不順極まりない、と呆れながら言うと、他の女性教員は酒を飲んでいて、真冬もいっぱいどう、と聞くと真冬は、結構、と言って部屋から出ていったのです。

 

お酒の何が美味しいのか、と心の中で呟く真冬だったが酒の匂いだけで酔ってしまいます。

 

そして成幸は部屋へと戻ると、酔っ払って寝ている真冬がいたので驚いていました。

 

真冬は酔っ払った状態で成幸に抱き着いてきて、成幸は、兎に角離して、と言っていると他の男性教員も戻ってきました。

 

彼らが戻ってきたら布団が入っている成幸だけがいて、真冬はいませんでした。

 

真冬は成幸と同じ布団の中にいて、しかも我に返っていたと共にネガティブ思考になっていました。

 

先輩教員の鈴木は、最近どうなんだ、と成幸に聞くと共に恋愛話になり始めたのです。

 

そして成幸が答える番となったので成幸は、真冬だ、と答えつつ、昔から憧れていて追いつきたいと思っている、と答えました。

 

余りその答えに納得しなかった男性教員達でしたが、今度は枕投げをしようとしていて、成幸も参加させようと布団を引っぺがそうとしたのです。

 

そこへ女性教員達が来て、真冬は知らないか、と尋ねてきたので男性教員は真冬を探しに行きました。

 

九死に一生を得た真冬は成幸に対して、先程の話だけど誤解を受けるような発言は控えたほうがいい、と言うと成幸は、違う、と言ったのです。

 

誤解でも何でもないし、真冬の事が好きなんだ、と成幸ははっきり言いました。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない181話の感想と考察

修学旅行回になりましたが、基本的には大阪、京都、広島の何処かと思いました。

 

それ故に福岡だとは思いませんでしたし、真冬が滅茶苦茶太宰府天満宮について語っていた事にも驚きましたね。

 

普通だったらこういう説明はガイドの人とかが説明するのかなと思っていましたので、余計に驚きでした。

 

そして生徒達が自由時間になってあちこち行っていたと同時に真冬がかなり盛り上がっていたシーンがありましたが、非常に可愛いなと思いましたね。

 

学生時代に修学旅行に行けなかったと真冬は言っていましたが、彼女は学生時代フィギュアスケートの選手として活躍していましたので、きっと練習に精を出していたでしょうし、家庭からも勉強以外は練習だと言われていたでしょうから本当は行きたくても行けなかったのでしょうね。

 

次回は、成幸の告白に対して断るのではないかなと思いますね。

 

いきなり告白されたので真冬はこの事に驚きながらも事情を聞き、成幸はその理由をちゃんと述べると思いますし、告白したからには真冬が納得するような理由も言うでしょう。

 

しかし、元々生真面目な人でありますし、同僚同士の恋愛はこれからの仕事に支障をきたすと言って断るのではないかなと思いますね。

 

<< 180話 一覧 182話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました