スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ143話ネタバレ考察感想あらすじ!乾の想いに対しタケミチが下した決断とは?

漫画ネタバレ

2020年1月29日発売の週刊少年マガジンで2020年9号で、『東京卍リベンジャーズ』143話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』143話は、まず語られるのは乾がなぜ黒龍に入りたかったのかと再興したいという理由が語られます。

 

乾が黒龍に憧れていた理由のキーマンはなんと真一郎でした。

 

果たして、なぜ黒龍に憧れを抱き、つぶれてしまっても再興させたいことにこだわっていたのでしょうか。

 

続いて乾の発言を受けて、タケミチも乾に自分のことを語ります。

 

そして、語り終えたタケミチは大きな決断を下します。

 

果たして、乾が頼んだ11代目黒龍総長にタケミチはなるのでしょうか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ143話『Come back to life』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ143話のあらすじネタバレ

シャッターに寄りかかりひと息つく乾。

 

乾は自分の発言に対し少し後悔しているようで、タケミチに謝罪します。

 

その直後、タケミチは乾の横に座ります。

 

少し黙り込む2人でしたが、乾が話し出します。

 

2人が今いる場所というのは真一郎のバイク屋だった場所でした。

 

突然真一郎の名前が出たのでマイキーの兄の真一郎なのか確認するタケミチ。

 

タケミチの読み通り、真一郎はマイキーの兄ことでした。

 

そして、ここは不良の集まる場でもありました。

 

しかし、今いる場にはそのような雰囲気をタケミチは感じていました。

 

その後、当時のことを話し続ける乾。

 

当時はバイクがたくさんあり、奥にあるカウンターのあたりでバイクのメンテナンスをしていたそうです。

 

そして、真一郎のもとにやって来る人たちのことをかっこいいと思っていました。

 

さらに、その人たちは真一郎の前では礼儀正しくしていたそうです。

 

乾は最後にこのように言います。

 

「オレのヒーローだった」

 

乾の発言で黒龍に彼がこだわる理由を察したタケミチ

 

乾が目指していたのは初代の黒龍の再興でした。

 

ここで初代の先輩たちから昔の話を聞いて、楽しそうに当時のことを話す先輩にあこがれをいただいていた乾。

 

そして乾は笑みをこぼしながらこのように話します。

 

「なんかいいだろ? 大人になっても昔やったバカなこと笑いあえる仲間」

 

これこそが黒龍に乾が入りたかった理由でした。

 

しかし、彼が入ったのは8代目の時代。

 

つまり、イザナが総長の頃でした。

 

この時代と、次の9代目の時代は極悪非道の限りを尽くしており、初代の志の面影は全くないチームに変貌してしまっていました。

 

そして、乾自身も当時の雰囲気に染まってしまい、いつの間にか少年院に入ってしまうのでした。

 

そして、少年院を出たころには黒龍が潰されていたことを知り、ショックを受けた乾。

 

そこで頼ったのが大寿でした。

 

この先はタケミチも知っているはずなので話をやめた乾は最後に一言このように言います。

 

「俺は…何をしてたんだろうな…」

 

乾の最後の言葉を聞いて彼を心配するタケミチ。

 

話が終わり黙る2人。

 

次に話し出したのはタケミチでした。

 

「オレは…救いたい人がいるんです」

 

この一言で話し始めたタケミチ。

 

しかし、結果はダメな状況が続いていることを笑って話します。

 

そして、次の瞬間立ち上がるタケミチ。

 

「オレが黒龍を継ぎます」

 

タケミチの発言に驚く乾。

 

なぜなら、タケミチは11代目の黒龍に総長になることを決意したからでした。

 

そして、乾に手を差し伸べて一言このように言います。

 

「覚悟してください」

 

そして、九井を助け出し天竺を潰すことを宣言します。

 

タケミチの覚悟を聞いて目を大きく見開く乾。

 

そして、タケミチの質問に対し、彼が差し伸べていた手を握りこのように返答します。

 

「この命オマエに預ける」

 

この返答をした乾の目は真剣な眼差しをしていました。

 

そして、タケミチは乾の返答を聞くことができて満足しているようでした。

 

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ143話の感想と考察

乾も真一郎と出会い彼に心動かされた人物の一人だったということは予想外でした。

 

また、乾が目指していたのが真一郎の時代の黒龍という事がわかりましたが、ずっとイザナや大寿の時代のようなものを目指していたけれども、タケミチとの出会いで考えが変わったと思っていたのでこれにも驚きでした。

 

しかし、よく考えてみると監禁場所でのタケミチの発言に対する表情を踏まえると真一郎の時代に憧れていたのだという考えが妥当であると過去回を読んで思いました。

 

そして、乾がタケミチに黒龍を託そうとしたのも、タケミチが喧嘩は弱いけどなぜか周りに人が集まるというキャラが真一郎に似ていたからこその決断であったと思います。

 

そして、タケミチがタイムリープしてきてここまでの流れで判明したことは稀咲を倒すことも大事ですが、九井を奪還しないと未来がいい方向に向かわないということ。

 

しかし、まだ謎は山積みなので次回以降はそれらがだんだん明らかになることだと思います。

 

まずは関東事変の決着の仕方。

 

続いて、その後にできた愚連隊になぜドラケンの名前がなかったのかという事。

 

この謎を解くことこそが、タケミチの勝利のカギにつながるのだと思います。

 

次回から新展開になることは間違いないのでどんな展開になるのか楽しみです。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました