スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ141話ネタバレ考察感想あらすじ!ムーチョの目的!

漫画ネタバレ

2020年1月15日発売の週刊少年マガジン2020年7号にて、『東京卍リベンジャーズ』141話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』141話は、いまだに明かされないムーチョの今回の行動の理由が明らかになろうとします。

 

ムーチョはある目的のために九井のあるスキルを目当てにしていました。

 

ムーチョが語る目的とは?そしてムーチョが欲する九井が持つスキルというのは一体何だったのでしょうか?

 

そして、乾とタケミチを拉致したのも九井狙いのための行動でしたが、それはなぜだったのでしょうか?

 

九井に究極の選択を迫る中タケミチはあることに気が付き最後はムーチョに立ち向かおうとしますが、彼が気付いたことというのは一体何だったのでしょうか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ141話『Lay out a plan』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ141話のあらすじネタバレ

ムーチョに今回の目的を問うタケミチ。

 

今まで得た情報を踏まえ、イザナはマイキーしか見ていないし、マイキーを潰すために天竺を創ったと説明します。

 

しかし、ムーチョは反論します。

 

「イザナの狙いはマイキーだけだと?」

 

ムーチョの発言に一瞬言葉を失い戸惑うタケミチ。

 

そして、ムーチョがタケミチ・乾・九井の3人を拉致したのには理由がありました。

 

続いてムーチョが話しかけたのは乾でした。

 

「テメェらはなんで花垣の下についた?」

 

無言の乾に対して話を進めるムーチョ。

 

その中で出てきた人物、それは十代目黒龍総長の柴大寿でした。

 

ムーチョは乾に黒龍再建のために彼の力を利用し、その見返りとして大寿は九井を黒龍に引き入れることを条件にしたと話します。

 

タケミチは九井の名前が出たことに疑問を持っていますが、ムーチョは次の問いを投げかけます。

 

「なぜ大寿は九井一を求めたかわかるか?花垣」

 

なぜなら、狙いは九井の財力でそれはイザナも求めているからでした。

 

財力は大寿が持っていると思っていましたが、その考えが違う事にタケミチは驚いています。

 

そこで思い出したのは現代に戻った時の事。

 

現代に戻ると常に九井がいましたことや、大寿と再会した時に東京卍會の襲撃を受けた際に大寿が言っていたことを思い出し納得がいったようです。

 

思い出したことを踏まえ、九井が現代の東京卍會のお金を握っていたのではないかという考えにたどり着きました。

 

しかし、乾の言う事しか九井は聞かないという事ということと、乾がタケミチの下にいるという事がムーチョにとって最大の問題点でした。

 

そのため、乾とタケミチを殺してしまえば九井は天竺に入るしかないと考えていました。

 

ムーチョのとんでもない考えを聞いて反論しようしますが、顔面を思いっきり踏みつけられるタケミチ。

 

そして、九井に乾・タケミチと一緒に死ぬか天竺に来るかを選ばせようとします。

 

その一方でタケミチにイザナが欲しているのはマイキーだけではないと語り始めます。

 

イザナが狙っているのは九井(財力)、稀咲(頭脳)、マイキー(カリスマ性)だそうです。

 

そして、ムーチョの次の発言に驚きを隠せない表情をします。

 

「最強の“犯罪組織”を創る」

 

話が終わり、九井に天竺に来るなら乾とタケミチを逃がすと言い、九井に選択させようとします。

 

どうすればいいか悩む九井に対し、ムーチョの話に耳を傾ける必要はないと話しかけるタケミチ。

 

そして、ムーチョの考えを否定してタケミチは立ち上がります。

 

このとき、やっと負け戦だったいままで一つの勝機が見えたと悟っていました。

 

それは九井を守るという事。

 

そして、ムーチョにタケミチはこのように言います。

 

「オレの部下はテメェらなんかに渡さねぇ‼」

 

この言葉を聞いたムーチョはいら立ちを隠せず、九井は呆気にとられた表情をしていました。

 

勝機を見つけたからなのか、タケミチはやる気満ちた表情をしており、目はすごく輝いて見えるのでした。

 

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ141話の感想と考察

ムーチョの目的は九井の財力‼

 

大寿やイザナが欲するのは当然であると思いました。

 

そして、それが理由でタケミチが現代に戻ると必ず九井が現れというのも納得がいきました。

 

一つツッコミどころがあるとすると、大寿が九井と乾が店に襲撃してきた際に言った財布発言。

 

「自分も財布にしていただろ」と読んでいて無意識のうちにツッコミを入れてしまいました

 

さらにムーチョが言った犯罪組織を作るという事に関してですが、大寿と再会して話していた時に関東事変の決着によりできた愚連隊にイザナ・稀咲・マイキーの名前が挙がっていましたが、現代にいた時に話していた組織この犯罪組織の事だったのかもしれません。

 

そして、九井を守ることがこの計画を阻止することにつながると思います。

 

そのことにタケミチも気が付いているようで、次回のポイントは九井を守れるかという事になると思います。

 

続いて今回感じたのは、大寿やムーチョは九井を財布としか思っていない一方でタケミチは仲間と思っているという点。

 

タタケミチの行動にも気になりますが、発言を踏まえて九井はどう動くのかというのも気になります。

 

タケミチは守るために立ち上がった一方、九井はタケミチたちを守るためにムーチョ側につくのか、それともタケミチと共闘するのか。

 

次回はどうなるのか楽しみです。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました