スポンサーリンク

ランウェイで笑って162話ネタバレ考察感想あらすじ!育人は心を上手く誘えるか

漫画ネタバレ

2020年11月4日発売の週刊少年マガジン2020年49号で、ランウェイで笑って162話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って162話では、育人の独立へ向け、パタンナーを探すことになりました。

 

何人か候補があがるなか、残ったのは花丘と心の二人。

 

育人は心ともう一度仕事がしたいと、心をパタンナーに誘う為に会う約束をします。

 

そこへやってきた花丘。

 

育人は花丘をどう対処するのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って162話「大事な話」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 161話 一覧 163話 >>

 

ランウェイで笑って162話のあらすじネタバレ

何故自分を誘わないと、大きな声で部屋に入ってきた花丘。

 

育人は、花丘を適当に撒いて逃げました。

 

 

育人と約束した日の前日、一体何の話があるか気になっている心。

 

明日は美術館とどこに行くのだろうと、そわそわしています。

 

 

当日、ドキドキしながら心は駅で育人を待っています。

 

大きな声で心の名前を呼びながらやってきたのは、以前よりおしゃれになっている育人です。

 

その二人の様子を、陰から見ている佐久間。

 

佐久間の頭にはずっと、はてなが出ています。

 

 

2人は美術館を堪能したあと買い物へ行き、服を見たりしています。

 

通りかかったUFOキャッチャーで、心が欲しそうに見ていると、育人が取ってくれました。

 

喜んでハイタッチをしている2人を見て、佐久間はデートじゃんと思います。

 

 

お昼ご飯を食べにレストランに入った育人は、そろそろ本題に入らないといけないと考えます。

 

心に大事な話のことを振ると、心は期待してはいけないと思いながらドキドキで胸が苦しそうです。

 

告白じゃなくてもいい、でも、育人が自分のことをどう思っているか知りたい心。

 

育人が話し始めようとすると、心はあまりの緊張でお手洗いにいくと言い、席を立ちます。

 

立ち去る心を見て、誘うことがバレていて嫌がられたと思い、育人は青ざめます。

 

もしかして千雪から話を聞いたのかと思い、トイレから戻った心に、最近千雪に会ったかと質問します。

 

なんで千雪のことになるのかと、無表情になる心。

 

育人は会っているのかと聞きますが、同じマンションだと知っているので、よく会っていることを知り、落ち込みます。

 

それに対し自分はかなり久しぶりの再会、だから期待してはダメだと分かっていたのにと反省します。

 

育人は遠の服を作った心に、どうやって作ったか聞きたいと話します。

 

心の隣に座り、服のことについて話す2人、心はこの感じが久しぶりだと懐かしく思います。

 

心が、育人のバッグの作り方も気になると話すと、育人はこちらを向きます。

 

お互いの顔が近づき、驚く育人。

 

恥ずかしくて育人は顔を真っ赤にしますが、心はそんな育人の顔を見て嬉しそうです。

 

育人は心に、独立の話をしようと決めます。

 

すると、大きな声で見つけたと叫ぶ花丘が現れます。

 

花丘の登場に佐久間も乱入し、育人は先日適当に撒いたのがダメだったかと反省し、佐久間がいることに疑問を持ちます。

 

花丘は、自分というのが居ながら、他の人をパタンナーに誘うことを納得していませんでした。

 

そう騒ぐ花丘の話を聞いて、育人の独立を知った心。

 

育人は、今から心に話そうと思っていたことを、花丘に全部言われてしまいます。

 

慌てて心に事情を話す育人。

 

心の返事は即答でした。

 

心は、恐らく自分は2年前からずっと、育人のパタンナーをしたいと思っていたと話します。

 

心の気持ちを聞いた花丘は、どちらが育人のパタンナーになるか、心に勝負を持ちかけます。

 

ランウェイで笑って162話の感想と考察

花丘の登場でどうなることかと思いましたが、適当に撒いたと書かれていて笑えました。

 

かなり雑な扱いをされている花丘、とてもいいキャラだと思います。

 

そして心と会う当日、佐久間がずっと不思議に思っていた通り、これはデートですね。

 

育人はそこらへんが鈍感なので、なにも思っていないかもいれません。

 

しかし、前もって大事な話があると言われ、美術館にも誘われたら、デートだと思いますよね。

 

これを期待しないでと言われる方が、無理だと思います。

 

そしていざ大事な話だと言われ緊張した心でしたが、心臓バクバクですよね。

 

期待してはいけないと思いながら、期待してしまう心の気持ちがすごく共感できます。

 

しかし千雪の話を振られ、これは告白ではないと気づいてしまいました。

 

告白の時に、他の女性の名前を出さないですもんね。

 

期待していた心のことは可哀想だと思いますが、結果的に育人のパタンナーに誘われて良かったですよね。

 

まさかの花丘の登場に驚きましたし、何故勝負することになったかもわかりませんが、次回の対決が楽しみです。

 

<< 161話 一覧 163話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました