スポンサーリンク

キングダム659話ネタバレ考察感想あらすじ!本陣を落として勝鬨を上げる!

漫画ネタバレ

2020年10月29日発売の週刊ヤングジャンプ2020年48号で、『キングダム』659話が掲載されました。

 

キングダム659話は、騰は一気に寿胡王が待っている本陣へと切り込んでいき、本陣を瞬く間に陥落させる事に成功しました。

 

そして楚の旗から秦の旗を掲げる事で、本陣を落としたと全軍に知らせるとその様子を見た蒙毅と呉鳳明は勝鬨を上げるように命じ、両軍は勝鬨を上げるのでした。

 

この事によって楚軍の殆どは戦意喪失状態になってしまいましたが、玄右、満羽、千斗雲と言って強者共は健在だったのであります。

 

果たして、これからこの戦はどうなっていくのでしょうか。

 

本記事では、キングダム659話『次会う日まで』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 658話 一覧 660話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム659話のあらすじネタバレ

寿胡王がいる本陣では寿胡王の命令で撤退の準備をしていたが、そこへ騰が率いる軍勢が現れたのでパニックになっていました。

 

そして騰は寿胡王を見つけると剣を振り下ろしたのでした。

 

こうして騰が率いる軍勢が楚の本陣を落とすと、秦軍は全軍にこの事を伝えるために楚の旗を速やかに下ろし、新たに秦軍の旗を掲げました。

 

この事に気づいた蒙毅と呉鳳明は、勝鬨を上げろ、と言うと殆どの軍勢の者が命令通りに勝鬨を上げたのでした。

 

実際、戦っている者達は全体の状況を察知する事は出来ないものの、本陣が落とされたと言う報告だけは瞬く間に伝わったのです。

 

その事を知った楚軍の兵士達は、誰にも負けた事がない自分達が負けてしまった、と言い、この事実に打ちひしがれてしまいました。

 

秦軍が主攻、魏軍が助攻としたこの作戦が的中した形で秦と魏の同盟軍の勝利となりましたが呉鳳明と騰は警戒心を失っていませんでした。

 

その理由は負けたとはいえ、今の楚軍には白麗、項翼、満羽、千斗雲、玄右と言う主な武将が健在だったからでした。

 

玄右の軍勢の中にいる武将は、まだ自分達は負けたわけじゃないし、数も大差ないからこのまま寿胡王の敵討ちをしよう、と言いますが玄右は何かを察したのか、撤退するから白麗と項翼にも伝えろ、と命じました。

 

この事を知った項翼は、まだ戦える、と言いますが使者は、戦うと言うのなら置いていくと言われている、と伝えると渋々了承したのです。

 

白麗は心の中で、幾ら何でも判断が早すぎないか、と困惑していましたが同時に、余力を残した状態で城へと撤退して守りを固めようとしているのか、と思って従う事にしました。

 

千斗雲が率いる軍勢の武将達も非常に困惑している状態でしたが、当の本人は、つまらない、とブツブツ呟きながら現れた敵兵をあっさり返り討ちにし、また生き残った、と呟いたのです。

 

満羽軍の方では、蒙武の武器の一撃で落馬した満羽は再び騎乗すると、蒙武にはまだ話したい事があるから次にまた会う時まで今のままでいろ、と言います。

 

蒙武はこの場で決着を着けようと突撃していくが、満羽は巨大な薙刀で追い払うと、次に会う時までに背負っている者を失っていない事を願う、と言って周囲にいる秦軍を蹴散らしながら去っていったのです。

 

秦軍の本陣では楚の軍勢が撤退していく姿が見えていたので、武将達は勝鬨を上げるも蒙毅は、自分達はこれから什虎城を落とさないといけないし、楚軍はまだまだ余力を残しているから、自分達はこれから城を攻めないといけない、と言います。

 

そんな中、兵士が駆けつけて、魏軍本陣から急報があって、什虎城には魏軍の別動隊が攻めていて、今城を攻め落とす事に成功した、と伝えると蒙毅達は驚きの声を上げたのでした。

 

魏の本陣でも勝鬨を上げようとする者はいましたが、呉鳳明だけは神妙な表情をしていました。

 

その頃、騰の元に録鳴未がやって来て、終わってみたら大した事なかったな、と言うと騰は、魏軍が助攻をしてくれなかったら分からなかった、と答えたのです。

 

録鳴未は寿胡王が捕まっているのを目にして、何で始末していないんだ、と聞くと騰は、自分はむやみに人を始末しないし、什虎の事を詳しく聞きたい、と答えます。

 

寿胡王は、話してほしいなら蒙武を呼べ、特に蒙武には満羽の事について話したい事がある、と言うのでした。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム659話の感想と考察

寿胡王を捕らえた事に関してはかなり宜しいでしょうが、あの状況でよく捕まえられたなと思いましたね。

 

展開だけ察すると騰が寿胡王の首を取ったように見えましたので、きっと周辺の兵士達を一掃してから捕らえたのでしょうね。

 

それに什虎城も陥落したとの事ですが、城内には寿胡王みたいな知恵者や満羽や千斗雲みたいな猛将はいなかったのでしょう。

 

問題は満羽達が戦う事を選ぶことなく、撤退を選んだことが気になりますね。

 

その気になれば、満羽、玄右、千斗雲と僅かな軍勢だけでまだ戦えることが出来ると思いますので、余計に気になるところです。

 

本陣が落とされてしまい、末端の兵士達に動揺が走ってしまったから撤退と言う決断を下したのだと思いましたが、それでもそれぞれの武将の傍に仕えている者達はそうでもなさそうでしたので、他にも理由があるのでしょう。

 

本陣を落とす事が出来、什虎城を陥落したのに呉鳳明が喜ぶことなく神妙な表情をしていたのにも、その理由が絡んでいるんじゃないかなと思いますね。

 

次回は、満羽の過去が明らかになるでしょう。

 

寿胡王は満羽の過去の事を知っている様子であり、満羽と直接刃を交え、昔の満羽と同じような雰囲気を纏っている蒙武に話したいと思っているのだと思います。

 

<< 658話 一覧 660話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました