スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊241話ネタバレ考察感想あらすじ!カロンの相手となる人物とは?

漫画ネタバレ

2020年10月28日発売の週刊少年マガジン2020年48号で、『炎炎ノ消防隊』241話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』241話では、白装束との戦いが本格的に始まりました。

 

まず、焔ビト相手に火縄とアローが攻撃。

 

そして、アローの攻撃をパワーにしてカウンターを放とうとしたカロンが彼女に襲い掛かろうとしますが、ある人物が対戦相手として名乗りを上げました。

 

果たして、その人物とは?

 

その後、その人物になぜカロンが大災害を起こしたいのかという理由が明らかになりました。

 

その理由とは一体何なのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊241話『“守り人”の道』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 240話 一覧 242話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊241話のあらすじネタバレ

「もう囲まれているな…」

 

第8消防隊たちの前に無数の焔ビトがやってきました。

 

焔ビトはリツの“ネクロバイロ”で操られていました。

 

そして、火縄とアローは焔ビトの鎮魂を始めました。

 

火縄は自身の能力でショットガンの弾のスピードを上げて焔ビトを鎮魂。

 

彼のショットガンによる攻撃を見たオグンは驚いていました。

 

一方、オグンが驚く横でタマキは祈りを捧げていました。

 

続いてアローは上空に“クラスターアロー”を放ちました。

 

この攻撃は最初は巨大な火の玉のようなものでしたが、上空で炸裂して無数の矢となり、焔ビトのもとに降ってきました。

 

そしてその攻撃により大爆発が起きました。

 

爆発を前にアローと火縄は互いの攻撃を高く評価しました。

 

一方、マキはタマキに弾幕を抜けた焔ビトの相手することを指示。

 

そんな中、リツは能力で“大焔人”を作りました。

 

大焔人を見たタマキは激怒。

 

そして、自身の能力で焔ビトを倒しました。

 

一方、マキはタマキと通常サイズの焔ビトを相手にすることを宣言。

 

そして、火縄とアローに大焔人を託しました。

 

火縄は大焔人を銃撃する一方でアローはカロンに矢を放ちました。

 

しかし、カロンは自身の能力でカウンターのエネルギーにしてしまいました。

 

そして、アローに襲い掛かろうとしますが、オグンに顔面を殴られて吹っ飛ばされました。

 

「あんたの相手はこの俺だ‼︎」

 

オグンはカロンの対戦相手として名乗りを上げました。

 

そして、殴りかかりますがカロンはパンチで防御してからカウンターのエネルギーにしました。

 

しかし、オグンの猛攻でカウンターを阻止。

 

殴り続けた結果、カロンに強烈なパンチを放ち地面に叩きつけました。

 

しかし、カロンはすぐに起き上がりました。

 

なぜなら、オグンのパンチのほどんどはカロンに防がれていたからです。

 

「もし滅びが人類の相違でも俺たちの消防官は民を守るのが仕事だ!」

 

白装束のやっていることをオグンは理解できませんでしたが、世界を滅ぼすのであれば消防官として戦おうとしていました。

 

しかし、カロンはある人のために大災害を遂行しようとしていました。

 

その人物とはハウメアのことでした。

 

彼女は生まれた時から今までずっと人間の闇の部分の本心を聞き取っていました。

 

それは、本来母親かに甘えて泣きじゃくる頃のような子供の頃もそうでした。

 

「大災害を起こす‼︎」

 

「ハウメアを地獄から解放する‼︎」

 

今までずっと人の闇の部分を受け止め続けたハウメアを解放させるために大災害を起こして世界を滅ぼそうとしていました。

 

「心も強いみたいだな」

 

資料を読んでカロンの強さを知ったオグンは彼の想いを知って心も強いと思い尊敬しました。

 

「だけど俺は消防官だ‼︎大災害を止める‼︎」

 

オグンは消防官としてみんなを守るためにカロンと戦うことを決めました。

 

ちなみに、この時オグンは防火服を脱いでいました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊241話の感想と考察

白装束との戦いが始まった今回。

 

早速前回分けたチーム編成がうまく機能したようです。

 

まず、敵影を見たら火縄とアローで狙撃。

 

その通りに2人は焔ビトを鎮魂しました。

 

ちなみに、鎮魂の時にシスターが祈りを捧げますがアイリスは不在。

 

しかし、タマキが祈りを捧げていました。

 

タマキ、さすがです。

 

そして、アローは敵を殲滅するために“クラスターアロー”を放ちました。

 

無数の矢での攻撃は弓矢使いあるあるですね。

 

続いて、狙撃を通過してきた焔ビトをタマキとマキが対応。

 

ちなみに、マキは火縄たちに大焔人を対応しますが、その方が対戦を有利に進めることができると思った上での判断だったと思います。

 

そして、アローに襲いかかろってきたカロンとオグンが戦闘開始。

 

オグンとアーサーで大物を相手にするということでしたが、まさにその通りになりました。

 

ちなみに、アーサーはドラゴンを相手にするのでしょう。

 

そして、オグンはカロンのカウンターの発動を阻止することに成功。

 

カロンのカウンターはナタクの攻撃のように威力を問わず跳ね返すことはできるようですが、オグンのスピードではカウンターはできないようです。

 

意外とオグンはカロンとの相性が良いのかもしれませんね。

 

そして、次回はオグンとカロンの戦いがメインになると思います。

 

どんなバトルが展開されるのかとても楽しみです。

 

<< 240話 一覧 242話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました