スポンサーリンク

ダイヤのA act2 231話ネタバレ考察感想あらすじ!下位打線でチャンスを作れ!

漫画ネタバレ

2020年10月28日発売の週刊少年マガジン2020年48号で、『ダイヤのA act2』231話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』231話は、3回裏、天久は結城に対してボールを投げていき、結城は当たればホームランかもしれないスイングをするも、結局天久の投球術の前に抑えられてしまったのです。

 

続いて打席には金丸が入り、天久はストレートを狙っていると悟っていたので変化球から投げていきました。

 

しかし、既に変化球を投げてくるだろうと踏んでいた金丸は長打を打って、ツーベースヒットにしたのです。

 

果たして、青道打線は下位打線からチャンスを作れるのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』231話『俺の役目』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 230話 一覧 232話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ダイヤのA act2 231話のあらすじネタバレ

3回裏、打席には結城が入ると天久はボールを投げ、結城は当たればホームランかもしれないくらいのフルスイングで応戦する事でボールを当ててファールにします。

 

観客も、相変わらずすげぇスイングだ、と言いつつ、バックネット裏にいる大和田は、党首選で一番怖いのは長打による失点であり、あれだけのスイングをされたら溜まらない、と言ったのです。

 

峰も、結城はここまで9打数2安打だがその2安打はホームランであり、麻生ではなく結城を持ってきた辺りに片岡監督の期待が表れている、と推測します。

 

そして天久は心の中で、今のでバットの先ならさっきの球速より1割減でどうだ、と思って投げると結城はバットを振るも、タイミングを外されて空振り三振に終わったのです。

 

次こそ、と言わんばかりのオーラを放ちながらベンチに戻る結城の次に打席に立つのはストレートに強い金丸でした。

 

観客席から見ている市大三高のOBは、天久は下位打線に油断しがちだが、今のところは集中できている、と言います。

 

そして金丸はベンチを見ると、片岡監督のサインを確認したのです。

 

3回裏の直後、片岡監督は選手を集めて、天久のスライダーとカーブに惑わされずに如何に甘いボールを捉えられるかが鍵で、9回も投げればどこかでムラが出るから追い込まれるまで狙い球を絞ってバットを振り、プレッシャーをかけてこい、と言っていました。

 

天久は金丸がストレートを狙っていると悟ったのか、タイミングを外すカーブを投げると金丸は待っていましたと言わんばかりに打ち返すとレフト線ツーベースヒットになったのです。

 

観客席から見ていた市大三高のOBは、言っている傍から浮かれ過ぎだ、と言うと真中は、自分達が思っている以上に天久は覚悟を決めているから大丈夫、と言います。

 

そして打席には沢村が入り、心の中で、笑っていられるのはここまでだし、天久の夏は自分が終わらせる、と思いながら送りバントの構えを取ったのです。

 

キャッチャーの高見は、沢村はバスターも上手いから仕掛けてくるかも、と警戒していました。

 

観客達は、勿体ないだろ、と言う者もいれば、次は倉持だから全然ありだ、と言う者もいたのです。

 

1球で決めるし、繋げば倉持達が何とかしてくれる、と心の中で思う沢村に対して天久も心の中で、悪いけど簡単に決めさせない、と言って投げると沢村はバットにボールを当てるもファールとなります。

 

金丸は心の中で、天久のボールをバントする大変さはよく分かる、と言いつつも、沢村なら決める、と信じていたのです。

 

そして沢村は2球目をバントし、打球は一塁線に転がし、天久は、マジかよ、と言いつつ打球を掴むが3塁は間に合わなかったので1塁に投げてツーアウトにしました。

 

結果的に送りバントは成功と言う事になったのです。

 

ツーアウト3塁となったが、打席には先程ヒットを打つも牽制でアウトになった倉持が汚名返上してやると言わんばかりに打席に向かっていました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 231話の感想と考察

結城は仕方ないとしても、金丸と沢村はいい仕事をしましたね。

 

金丸はストレートを待ちながら変化球を打ち返し、沢村も天久相手に絶妙なバントを決めたので、得点のチャンスが出来ましたので、牽制でやられた汚名を返上しようとしている倉持が頑張ってくれるでしょう。

 

次回は、倉持がツーアウトながらスクイズを仕掛けてくるのではないでしょうか。

 

倉持は先程塁に出ましたが、天久も最初の時のように投げず、失点したくないから厳しめに投げてくると思います。

 

倉持も倉持で、塁に出たと同時に牽制球でアウトになってしまいましたので、気合が入っているでしょう。

 

そして確実に得点したいけど、天久からヒットを打つのは容易ではないので不意を突く形でスクイズを仕掛けてくると思います。

 

ツーアウトでスクイズをするのはかなり無謀な賭けではありますが、正攻法で点が取れる確率の方が低いと思いますので、奇襲としては最適でしょう。

 

現在いるランナーは金丸ですが、彼はお世辞にも足が速くありませんので、天久も守備陣もきっと警戒はしていないと思います。

 

仮に成功しても失敗しても、青道高校はツーアウトからもスクイズを仕掛けてくると言う意識を植え付けられますので、天久や守備陣にプレッシャーも与える事が可能と言えるでしょう。

 

<< 230話 一覧 232話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました