スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ180話ネタバレ考察感想あらすじ!開幕!タケミチvs稀咲

漫画ネタバレ

2020年10月28日発売の週刊少年マガジン2020年48号で、『東京卍リベンジャーズ』180話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』180話は、事故で稀咲を追い詰めることができたと思いきや彼は逃走を図りました。

 

そんな彼をタケミチは追いかけようとしますが、アクシデントが発生。

 

一体、彼の身に何が起きたのか?

 

そんな彼をサポートするドラケンは半間の妨害を受けるものの、タケミチに稀咲を追いかけさせるために半間と戦闘開始します。

 

そして、今度こそ稀咲を追い詰めたタケミチと稀咲との決戦が始まります。

 

果たして、どんな戦いが展開されるのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ180話『Run after』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 179話 一覧 181話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ180話のあらすじネタバレ

「やっと追い詰めたぞ」

 

稀咲の前にやってきたタケミチはそう言いました。

 

ちなみに、事故の衝撃で半間はその場にうずくまっていました。

 

しかし、稀咲は近くにあった階段の方へ逃走。

 

タケミチは稀咲を追いかけようとしますが、その場に倒れてしまいました。

 

なぜなら、稀咲に撃たれた左足の痛みに襲われたからです。

 

痛みで苦しむタケミチのもとにやってきたドラケン。

 

彼はタケミチの特攻服を掴んで背中になるよう指示。

 

そして、タケミチを背負って稀咲を追いかけ始めました。

 

「前とは逆だな!タケミチっち」

 

背負って追いかけるドラケンは申し訳なさそうにしていたタケミチに話しかけました。

 

しかし、タケミチはドラケンがなぜこの話をするのかわからず困惑していました。

 

ドラケンがこの話をした理由は、8・3抗争でキヨマサに刺された際にタケミチにおんぶされたことを覚えていたからでした。

 

彼がそのことを覚えていることをタケミチは驚きました。

 

その後、当時のタケミチの行動は、自分が死ぬことを知っていたからこそのものだとドラケンは理解したことを話しました。

 

そして、稀咲が黒幕であるということを話していると、タケミチは背後から何か足音聞こえることに気づきました。

 

「ドラケン君後ろ‼︎」

 

彼らを追いかけて後ろからやってきたのは、事故で負傷して頭から出血していた半間でした。

 

しかも、この時彼は金属の棒を持っていました。

 

唸り声をあげて持っていた棒で攻撃してきた半間。

 

しかし、ドラケンは左腕で半間の攻撃を防ぎますが、その衝撃でタケミチは放り出されてしまいました。

 

半間の攻撃でドラケンの背中から放り出されたタケミチは右足でその場に着地。

 

そして、稀咲を追いかけるために撃たれた足の痛みを堪えて走り出しました。

 

「ここは任せろ‼︎」

 

半間を足どめするためにドラケンが彼と戦うことを決めました。

 

そして、半間とドラケンは殺意を剥き出しにして挑発しあいました。

 

一方、タケミチの追跡から逃れようとした稀咲。

 

彼は物陰に隠れました。

 

稀咲が隠れた場所にタケミチはたどり着きますが、たどり着いた瞬間タケミチは驚きました。

 

なぜなら、稀咲がコンクリートのブロックを持っていたからです。

 

ちなみに、2人がたどり着いたのは駐車場でした。

 

そして、稀咲はタケミチの頭部目がけてコンクリートのブロックを叩きつけました。

 

叩きつけらたブロックは壁へゴッと音とたてて転がっていきました。

 

稀咲の攻撃により頭部を負傷したタケミチ。

 

彼は一瞬ふらつくものの、すぐに稀咲の顔面目がけて左手でパンチを放ちました。

 

タケミチのパンチをまともに喰らった稀咲は鼻血を足ながら反撃でタケミチの顔面をパンチ。

 

負けじとタケミチは再び左手でパンチ。

 

さらに、渾身の力を込めて右手でもパンチしますが、稀咲が放ったパンチを先に喰らってしました。

 

そして、稀咲のパンチ喰らったタケミチは反撃で左ストレートを放ちました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ180話の感想と考察

事故をきっかけに稀咲に接近することができたタケミチでしたが、稀咲は逃走を図りました。

 

ちなみに、半間は頭部を負傷していましたが稀咲は無傷のようです。

 

運が良すぎですね。

 

その後、稀咲を追おうとするものの撃たれた左足の痛みでタケミチは倒れてしまいました。

 

撃たれてからずっと立っていましたが、大丈夫だったのでしょうか?

 

今まで痛みを忘れていたけれども、稀咲を追い詰めたことで一瞬安堵してしまったので感じるようになったのかもしれませんね。

 

そして、タケミチのためにドラケンは彼を背負って稀咲を追いかけました。

 

マイキーと一緒に埠頭にやってきたときに全力でタケミチをサポートするような発言がありましたが、前回のバイクや今回の背負って追いかけるドラケンの姿がかっこよすぎです。

 

そして、妨害しにきた半間とドラケンは戦闘開始。

血のハロウィンでも2人は戦っていますが、この時はドラケンがバルハラのザコ兵を倒してからの対戦。

 

ザコ兵との戦闘で体力を若干削がれた状態での対決ではあるものの、ドラケンは半間を殴り飛ばしました。

 

仮にその時の半間が手を抜いていたのであれば、お互い全力を出しての対戦は初です。

 

どうなるか楽しみです。

 

そして、殴り合いで始まったタケミチと稀咲の最終決戦。

 

この戦いの結末がどうなるかとても気になりますね。

 

<< 179話 一覧 181話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました