スポンサーリンク

キングダム658話ネタバレ考察感想あらすじ!井闌車を使って攻め入る魏軍

漫画ネタバレ

2020年10月22日発売の週刊ヤングジャンプ2020年47号で、『キングダム』658話が掲載されました。

 

キングダム658話は、楚軍が魏軍と秦軍を相手に戦っている頃、什虎城では井闌車を引き連れた魏の軍勢が迫っていたので、まさか攻め入って来るとは思っていなかった楚軍は驚きを隠せませんでした。

 

攻城戦で高い能力を発揮する井闌車を利用して、城内にいる楚軍の兵士を追い詰めていく魏軍。

 

しかし、楚軍もやられっぱなしではいられないので何とか井闌車を破壊しようとするも、その間に騎馬隊が攻め入ろうとしていました。

 

果たして、魏軍は什虎城を攻め落とす事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、キングダム658話『一つの覚悟』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 657話 一覧 659話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム658話のあらすじネタバレ

井闌車を引き連れた魏軍の軍勢が什虎城へと攻め入り、城内で待機していた楚軍は井闌車から現れる軍勢と弓矢による一斉射撃に手痛いダメージを受けます。

 

しかし、すぐさま体勢を立て直して縄を投げつけて井闌車に絡ませ、引っ張る事で破壊しようとするのです。

 

この光景を見ていた魏軍の武将である袁比は、呉鳳明の井闌車には面白い細工がしてある、と言いつつ、部下から、騎馬隊の準備が出来た、との報告を受けると、程なくして城門が開くから城を攻め落とすのは自分達の仕事だ、と言いました。

 

その頃、寿胡王がいる本陣に突撃していく騰の軍勢は立ち塞がる軍勢を次から次へと蹴散らしていくのです。

 

本陣まであと少しと迫る中、騰は殺気を感じたのか顔を上に逸らすと顔の真横目掛けて矢が飛んできていて、矢は騰を掠めると楚の兵士に直撃しました。

 

味方が騰を心配するも騰は冷静に、当たらなければどうということはない、と言ったのです。

 

矢を射ったのは白麗であり、自分の位置が見えているな、と舌打ちして言いました。

 

部下は、位置を変えたほうがいいのでは、と進言すると白麗は、そんな暇はないし、項翼が行く、と言うとその言葉通り、項翼が騰を追いかけてようやく追いついてきたのです。

 

まだ勝負はついていないぞ、と言いながら攻めてくる項翼に対して騰の部下は、自分が足止めをする、と言うと騰は、待て、と言いました。

 

その理由は乱美迫が率いる軍勢が追い付いてきたからであり、騰は乱美迫が項翼を足止めしている間に軍勢を率いて本陣へと向かいました。

 

本陣にいる部下達は寿胡王に、後退をした方がいい、と勧めると寿胡王は、撤退する、と言ったので部下達は驚きの表情を見せたのです。

 

続けて、城へと撤退する、と寿胡王が言うと、満羽がおかしい、と続けて言いました。

 

本来の満羽ならば千斗雲と共に攻め入って前線を押し上げる役目をするが、今の満羽は全然動かなかったから逆に押し込まれたから、満羽は本来の働きをしていないし、玄右や千斗雲だけで何とかなる程敵も馬鹿ではない、と部下達に説明する寿胡王。

 

部下達は、満羽の不調で無敗の自分達が負けるのか、と言うと寿胡王は、不敗はどうでもいいし、自分達には守るものは何もないが、全てを失くした満羽が蒙武の影響を受けて変化し、かつての自分にだぶらせている、と言いました。

 

その頃、満羽と蒙武は激しい戦いを繰り広げていて、蒙武は何度も攻撃を受けてしまうが、満羽も最初の頃よりは幾らか攻撃を受け始めていたのです。

 

満羽は、蒙武が何を背負っているのかは分からないが、もし死者の思いながら永遠に力になるかもしれないがもし生きている人間の思いならば、それに裏切られる可能性がある事を覚悟しなくてはならない、と言います。

 

対する蒙武は、ふざけた事をぬかすな、と言ってハンマーみたいな武器を振るい、満羽の薙刀にぶつけてその勢いのままに満羽を馬から叩き落としたのです。

 

その間に寿胡王は撤退の準備を勧めていたが、そんな彼らの元に騰の軍勢が近づいていました。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム658話の感想と考察

魏軍による什虎城攻めは見た限り、かなり優勢に進んでいるみたいですね。

 

井闌車がかなり活躍している様子ですし、城内に余程の強者がいなければ一気に攻め落とせるかもしれませんね。

 

そして満羽が余り動いていないものの、玄右と千斗雲は予定通り動いているので何かしらの策を寿胡王が立てるものと思っていましたが、撤退を決めるとは思いませんでした。

 

きっと本陣から見ていて、もし満羽が蒙武に負けるような事になってしまってはかなり崩れてしまいますし、随分と敵陣深くまで攻め入っている玄右と千斗雲が孤立してしまうし、戻り切れない可能性があると感じたのかもしれませんね。

 

それに蒙武に対して攻めている満羽は生きている者の存在が力となっているのであれば、裏切られる事がある事を覚悟しなければならないと言っていました。

 

その事を踏まえると、満羽は回想に出来てきた美男子とも美女ともとれるような人物に若い時に裏切られたのでしょうね。

 

満羽の言葉に対して蒙武は自分は決して裏切られることないと言わんばかりの一撃を満羽に叩き込み、ようやく攻勢に出られますので一気に勝負をつけてほしいものだと思いましたね。

 

そして騰がかなり敵陣に切り込んでいるみたいですので、この勢いで攻め込んでもらいです。

 

<< 657話 一覧 659話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/7155
https://jpp-zoo.jp/archives/6712



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました