スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい195話ネタバレ考察感想あらすじ!失恋の石上を元に戻そう!

漫画ネタバレ

2020年10月22日発売の週刊ヤングジャンプ2020年47号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』195話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜195話は、卒業式が終わり、三学期も残り僅かになりましたが未だに失恋のショックから立ち直れていない石上は、寒いギャグやボケをかましている状態でした。

 

普段の石上は突っ込み役なので、これ以上こんな毎日を送るのが嫌な千花は誰かに今すぐにボケるように言いました。

 

果たして、何とかボケて石上の状態を元に戻せることが出来るのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜195話『藤原千花は笑わせたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい195話のあらすじネタバレ

白銀は、卒業式も終わって三学期も残り僅かだから気合を入れて残りの仕事を片付けよう、と号令をかけると千花と伊井野は返事をしました。

 

しかし、石上だけは、8人のぽよぽよ博士なんですわ、とよく分からない言葉を発したのですが、白銀達はスルーしたのです。

 

白銀は、そろそろ節目だから今日の仕事が終わったら何か食べに行こうか、と言うと千花はお寿司、伊井野はお好み焼きと答えます。

 

石上は、プリンのから揚げ、と言い、かぐやは、そんなものはない、と言うも白銀は、アイス焼きがあるのだからあるかもしれない、とフォローしたのです。

 

意見が分かれたからじゃんけんしよう、と白銀は言うと千花達はじゃんけんをし始めたが石上があいこの時にひょうきんなポーズをします。

 

この空気に耐え切れなくなった千花は、誰か助けて、と呟くと白銀は、ただ耐えてくれ、と言うとかぐやは、時が解決してくれる、と言ったのです。

 

そうしたら石上は、ボケているんだから突っ込んでほしいし、そんな空気を重くしないでほしい、と言うと、空気の中にお相撲さんが住んでいるんかい、酸素だけにお相撲さんそ、とボケ始めました。

 

そんな石上に千花は、スベっているの、スベり倒しているのに気づいていないの、と指摘すると石上は驚きの顔をしながら、やっちまったな、時を戻そう、と言ったのです。

 

千花は、そんな流行りのネタを言う石上は見たくない、と言います。

 

白銀は、石上はつばめにフラれてしまったせいで心が壊れてしまったのだからそっとしておこう、と言い、場合によってはずっとこのままかも、と言ったので千花は恐怖を感じ始めました。

 

白銀が、石上がボケに回ったらこんなにも奇想天外なんだな、と言い、かぐやも、普段は突っ込み役でしたから、と言ったので千花は、ボケに対して突っ込ませれば本来の姿になるかもしれないから誰かボケて、と決死の表情で言ったのです。

 

白銀は、布団が吹っ飛んだ上にストーブがすっ飛ぶ、と言うが石上に、火事に気をつけて、と言われてしまった上に千花から、ダジャレは突っ込みずらい、と駄目出しを受けてしまいます。

 

続いてかぐやは、二段階左折、と言いましたが千花は、それはボケなのか、と言い、石上も突っ込もうとしていたがどう言えばいいのか分からずにフリーズしてしまったのです。

 

白銀は、二段階右折があるけど左折はどうやるのか分からないから、二段階左折をやれと言われても困ると言うユーモアだろ、と説明するとかぐやは、そうだ、と嬉しそうに言うと共に白銀が分かってくれた事を嬉しく思っていました。

 

次に伊井野が、つばめと生徒会をかけてどちらも人気(任期)がある、と言うなぞかけをするもつばめと言う単語を聞いた石上はフラれた事を思い出して号泣してしまったのです。

 

ちゃんとやってほしい、と皆を咎める千花に白銀は、それならお手本を見せてくれ、と言ったら千花はキリッとした顔をして、普段ボケてないし、と言います。

 

対する石上は、なんでやねん、と突っ込んだので千花以外の皆は歓喜し、白銀は、流石千花は普通にしているだけでいいんだもんな、と言ったので千花は、複雑だ、と叫びました。

 

石上と千花が去った後、白銀は、あの調子なら石上もやがて元に戻るだろう、と言うとかぐやは、つばめもあそこまでしたのだから報われてほしい、と言いつつ、人望だけであれだけの人達を動かしたのだから自分には到底真似できないやり方だ、と素直に賞賛したのです。

 

対する伊井野は冷淡な表情をしながら、結局つばめは石上をフッたのはタイプじゃなかったからで、自分が傷つきたくないから他人を巻き込むのは正しいのか、と口にします。

 

双方の話を聞いた白銀は、どちらが正しいか間違っているかは全て結果論であり、これから2人がどうするかで答えは決まって来る、と言ったのです。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい195話の感想と考察

つばめにフラれたので、ショックを受けるのは仕方のない事だとは思いますが、千花みたいな阿保の子みたいになってしまっているとは驚きでしたね。

 

ショックを受けて初期の頃のように死にたいと言うネガティブな言葉を発したり、途中で帰ろうとしたり、過去の事件のように当面引きこもるような事をするのだと思っていましたが、本当に千花みたいになってしまうとは本当に驚きました。

 

一応千花の声に突っ込んでいましたので、白銀の言うように時間が経てば元に戻るでしょうね。

 

それにしても問題は石上とつばめのこれからの関係性ですね。

 

一応友達としてこれからも仲良くするとお互いに約束しましたが、今の石上を見ているとつばめと会うとフラれた時の事を思い出して泣く可能性がありますし、伊井野が石上に突っ込みをさせようとした際につばめの名前を出したら泣いてしまったので、今会うのは無理だと思いますね。

 

かぐやは多くの生徒達を人望で動かしたつばめのやり方は自分では真似出来るものではないと言っていて、伊井野は傷つかないために他人を巻き込んだと言っていましたが、つばめの行動に関しては正しいか間違っているかどうかは、石上とつばめのこれからの行動で決まってくると思いますね。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました