スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊240話ネタバレ考察感想あらすじ!決戦の地に集う消防隊と白装束

漫画ネタバレ

2020年10月21日発売の週刊少年マガジン2020年47号で、『炎炎ノ消防隊』240話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』240話では、第8消防隊+アローはマッチボックスで天照に向かいますが、その道中で一人仲間にしました。

 

果たしてその人物とは?

 

そして、天照に先に到着した彼らの前に白装束もやってきました。

 

消防隊の敵として現れたのは誰なのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊240話『世界の中心で』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 239話 一覧 241話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊240話のあらすじネタバレ

真っ暗な中何か光るものを見つけたオグン。

 

彼が見つけたのは第8消防隊のマッチボックスでした。

 

そして、彼はマッチボックスに向かって移動してなぜ急いでいるのかを確認しました。

 

「今から“天照”に行くからお前も来いよ」

 

上から現れたアーサーがオグンを誘いました。

 

しかし、誘い方がすご具フランクだったのでオグンは呆れた表情をしました。

 

その後、マッチボックスは天照と中央駅の分岐点を通過。

 

ちなみに、周りには焔ビトがたくさんいましたが、それを他の隊に任せて先を進むことにしました。

 

その時、上ではオグンとアーサーは会話をしていました。

 

たくさんの焔ビトがいるに関わらずそれを鎮魂しないのには何か理由があるのかオグンは気になっていました。

 

その問いに対してアーサーは“キャメロット城”に白装束が攻めてくると言いますがアローが“天照”であるとすぐに訂正しました。

 

そして、第8消防隊+アロー&オグンは暗闇の中にそびえ立つ天照に到着しました。

 

ちなみに、装束はまだ到着していませんでした。

 

「奴らは必ずキーを差しにくる」

 

まだここにはいないものの必ず白装束の一団はここにくるとアローは確信していました。

 

一方、リヒトは中華半島で見つけた白羽の矢の謎を解くことができると思い興奮してしていました。

 

そして、桜備はヴァルカンに天照の内部を見にいくよう指示。

 

ちなみに、一人で行くのかと思いきやヴァルカンは応援を呼んでいました。

 

「お待たせしました‼︎」

 

応援にやってきたのはリサとユウでした。

 

「ここは立ち入り禁止区域ですよ‼︎」

 

みんなは警備員に見つかってしまいました。

 

この状況に対して調査と嘘をつく桜備。

 

それに対して反論した警備員は彼らが第8消防隊の人間だということに気づきました。

 

バレてしまったのでマキと火縄が警備員を撃退。

 

さらに、スパイダーネットで拘束しました。

 

その後、ヴァルカンは天照の入り口はここしかないので、入り口前に防衛線を敷くよう指示をして中に乗り込みました。

 

桜備はここで敵を迎え撃とうとしますが、リヒトは奇襲の方がいと思っていました。

 

桜備が迎え撃とうとしたのは奇襲だと失敗のリスクがあったり、敵の侵入を防ぐのが最優先事項と考えていたからでした。

 

そして、自分たちの役割の確認を始めました。

 

敵を狙撃する火縄とアロー。

 

接近したらマキとタマキでかき乱す。

 

そして、大物の相手はオグンとアーサーが担当することになりました。

 

「大災害を止めてアイリスと日下部を取り戻す‼︎」

 

自分の役割を確認した直後、タマキこのように宣言しました。

 

その直後誰かが来たことにアーサーが気づきました。

 

この場にやってきたのはカロンとリツでした。

 

カロンは消防隊いることに驚きますが、この状況を想定していたリツは大量の焔ビトを駒として用意していました。

 

「奴もいる…」

 

カロンとリツ以外に誰かがいることに気づいたアーサーはフードを被りました。

 

ちなみに、彼が気づいたのはドラゴンの存在でした。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊240話の感想と考察

天照に向かう第8消防隊を見つけたオグン。

 

そんな彼もアーサーの軽い誘いで同行することになりました。

 

しかし、オグンの参戦で防衛線でのチーム編成のバランスが良くなったと思います。

 

まず、狙撃チームの火縄とアロー。

 

元々2人の武器が銃と弓矢なのでいい編成だと思います。

 

続いて、接近戦のマキとタマキ。

 

タマキの能力で猫のような俊敏な動きをしてマキが自身の体術や鉄梟で撃退。

 

そして、オグンとアーサーで強敵を相手する。

 

それぞれ2名体制になったのでとてもいいと思いました。

 

そして、第8消防隊+αに遅れてカロンとリツが登場しました。

 

ちなみに、リツの能力に焔ビトを合体させて巨大なものにするのがあります。

 

ここにくる最中の焔ビトは倒しておいた方が良かったかもしれませんね。

 

そして、気になるの人物が2名います。

 

まず、ジョヴァン二がこの場にいないと言うこと。

 

前話の最後に彼が現れましたが今回いないということは、もしかすると天照の中にてヴァルカンたちとの戦闘になるのかもしれないと思いました。

 

もう1人はドラゴン。

 

彼が登場したということは、間違いなくアーサーとの再戦になると思います。

 

そして、楽しみなのがアーサーの新しいエクスカリバー。

 

どんな力が秘めているのが明らかになるのがとても楽しみです。

 

<< 239話 一覧 241話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました