スポンサーリンク

ランウェイで笑って160話ネタバレ考察感想あらすじ!育人の夢へ近づくためには?

漫画ネタバレ

2020年10月21日発売の週刊少年マガジン2020年47号で、ランウェイで笑って160話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って160話では、独立へ向け準備を進める育人。

 

しかし育人に経営は向いてないとほのかに言われ、誰か経営を任せられる人を探すことになりました。

 

そんなときに育人と佐久間が向かったのは、育人の夢のパリへ。

 

本記事では、ランウェイで笑って160話「パリ」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 159話 一覧 161話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ランウェイで笑って160話のあらすじネタバレ

パリコレを生で見るのは初めての育人。

 

パリは、街を歩く人みんながファッションを楽しみ、とてもカラフルに見えます。

 

ここに居るだけで、育人は変な気持ちになります。

 

 

会場につき、佐久間からバックヤードを見に行くか誘われますが、育人は断ります。

 

会場は暗くなり、観覧席は静かになります。

 

バックヤードではたくさんの人が慌ただしく動き、そこに柳田も立っています。

 

前期コレクションでの実績が評価され、パリコレクションウィークへの出展が決まった柳田。

 

会場では、大きなスピーカーから音が鳴り始めます。

 

スポットライトに照らされた最初のモデルが出てくると、会場の人たちは釘付けになります。

 

モデルの聖地でもあり、デザイナーの聖地でもあるパリ。

 

千雪と育人の目標の場所で、育人は大きく目を見開きます。

 

 

ショーが終わり、記者たちに囲われている柳田を、遠くから見ている育人と佐久間。

 

佐久間は感動したと育人に話します。

 

育人はドクンドクンと脈を打つ胸に手を当て、この気持ちは何だろうと考えます。

 

記者に、初めてのパリコレの出展について質問されている柳田。

 

柳田の答えに、育人はハッとします。

 

丁度その時、育人のCALACURIを知っている人に話しかけられます。

 

その男性の妻と娘が育人のバッグを持っているらしく、男性は周りの人にも育人がいることを知らせます。

 

困惑している育人に、自己紹介したらと佐久間はアドバイスをします。

 

育人のバッグが海を越えて、パリにまで届いていると知った佐久間は、感慨深くなります。

 

フランス語が分からず困っている育人は、佐久間に助けを求めます。

 

佐久間もフランス語は分かりませんが、noviceのショーの招待状を渡そうと英単語で話しかけます。

 

 

帰り道、育人は佐久間のことを考えます。

 

今の佐久間はアプロに居場所が出来て、とても楽しそうにしています。

 

なので、自分の我儘に、自分と千雪の夢に巻き込んではいけないと頭ではわかっています。

 

先程、柳田が記者からの質問に、パリは全デザイナーの夢だと答えていました。

 

その言葉を思い出し、気づいたときには育人の口から、一緒に独立しようと言葉が出ていました。

 

思わず出た言葉に、育人は恥ずかしそうに慌てます。

 

そんな育人に、佐久間はいいよと独立の誘いを受けます。

 

CALACURIを作ってきた半年の時間がとても好きで、パリコレを見てからも同じことを思ったと話す佐久間。

 

急な育人の発言に、佐久間は笑いながら、柳田のショーに影響されたかと聞きます。

 

図星の育人は、顔を赤くします。

 

チームメイトになったから聞きたいことがあると、佐久間は振り向き育人に詰め寄ります。

 

何故そんなに独立を急いでいるのか、佐久間はそのことについて何個かの理由を予想しています。

 

佐久間の言葉を遮るように、育人は大きな声で理由を話そうとします。

 

育人の急な発言に驚いた佐久間ですが、育人の独立の理由をゆっくり聞きます。

 

佐久間にとって大好きだったCALAKURIを作った時間、バッグの名前のヒントは千雪の発言からでした。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って160話の感想と考察

育人と千雪の夢の場所、パリへ来た育人でした。

 

パリコレクションウィークを初めてみる育人は、どんなことを感じ、何を考えたのでしょうか。

 

想像ですが、かなりの緊張した空気がありそうですよね。

 

テレビで見るショーは、たくさんのカメラに囲まれ、最前列で服を見ている人たちの中を歩く長身モデル。

 

想像では足りないくらいの、色んな空気があるんだと思います。

 

柳田も、パリは全デザイナーの夢だと言っていました。

 

育人はショーを見た後の気持ちの高ぶりを、柳田の言葉で気づきましたね。

 

独立への気持ちが、かなり高まったのではないでしょうか。

 

ダメだとはわかっていながらも、思わず佐久間を誘ってしまうくらいです。

 

佐久間も返事が即答でしたね。

 

今の場所を捨てででも、育人の独立を取るというのは、元々決めていたんでしょうね。

 

前に、育人が一人で独立する話を出した時に、寂しそうでしたもんね。

 

でも本当にこの二人なら、上手く行くと思います。

 

経営に向いている佐久間と、デザイナーとしての力がある育人。

 

育人と千雪の夢まで、全力で掛け走って欲しいですね。

 

二人で独立を決めましたが、次回は独立へ向け何をするのでしょうか。

 

<< 159話 一覧 161話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました