スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ179話ネタバレ考察感想あらすじ!逃げる稀咲、追うタケミチ

漫画ネタバレ

2020年10月21日発売の週刊少年マガジン2020年47号で、『東京卍リベンジャーズ』179話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』179話は、イザナと鶴蝶が亡くなったことによりこの場をまいきーが仕切っていました。

 

そんな中、ムーチョや天竺四天王はある決断を下しました。

 

果たして、その決断とは?

 

そんな中、逃げようとしていた稀咲は半間のおかげでこの場を脱出。

 

そして、ドラケンが運転するバイクに乗ってタケミチは彼らを追いかけました。

 

果たして、追いつくのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ179話『End the standoff』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 178話 一覧 180話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ179話のあらすじネタバレ

「カクちゃん!」

 

鶴蝶の死を目の当たりにしたタケミチは泣きながら彼の名を叫びました。

 

一方、この状況の中マイキーはこの場をまとめるためにみんなに語りかけました。

 

まず告げたのは、この戦いの終結。

 

続いて、救急車や警察が来るのでみんなにはこの場から離れてもらうことを指示。

 

そして、自分が残ってこの場を収めるということでした。

 

「オレら残る」

 

この場を仕切ってみんなに解散するよう指示をしていたマイキーに対して、ムーチョや天竺四天王がこの場に残ることを告げました。

 

そんな中、蘭はイザナと鶴蝶の遺体の前にいました。

 

そんな彼がとった行動は、亡くなったにも関わらず2人が目を見開いたままだったので、それを閉じさせることでした。

 

一方、稀咲は逃げようとしていましたが、マイキーは彼のことを許そうとしませんでした。

 

また、タケミチも涙を流しながらマイキー同様に稀咲への怒りを募らせていました。

 

「稀咲ぃぃ」

 

半間がバイクに乗って稀咲を救出に来ましたが、そのことにマイキーとタケミチは驚いてしまいました。

 

特にタケミチは、この場から稀咲が逃げてしまうとまた同じことが繰り返されると思いますが、どうしたらいいか困惑していました。

 

「乗れ‼︎」

 

稀咲たちを追いかけるためにバイクに乗ったドラケンがタケミチに乗るよう指示しました。

 

追いかける方法を見つけて喜びタケミチでしたが彼には一つ心配事がありました。

 

それはヒナをこの場に残すこと。

 

「オマエはやるべき事をやれ‼︎」

 

マイキーがヒナのことは自分がなんとかするので今は稀咲のことだけに専念するよう指示しました。

 

その一言で覚悟を決めたタケミチは、ドラケンが運転するバイクに乗って稀咲たちを追いかけました。

 

その道中、タケミチは今まで稀咲が東京卍會を奪うためにいろんなことをしてきたことを思い出していました。

 

8・3抗争ではドラケンを殺害しようとしたこと。

 

血のハロウィンでは一虎を使っての場地殺害。

 

他には柴兄弟を破滅させようとしたり、エマ・鶴蝶・イザナの殺害。

 

さらに現代では千冬やナオトを射殺。

 

そして、ヒナをずっと殺そうとしていること。

 

ドラケンのバイク乗って彼を追いかけるタケミチは、彼のことを絶対に逃したくないと思っていました。

 

なぜなら、ここで逃してしまうと彼にタイムリープをされてしまい今までのことが水の泡になってしまうと思ったからです。

 

一方、稀咲は追いかけてきたドラケンたちから逃げるために半間へさらにスピードを出すよう指示。

 

しかし、この時稀咲が自分のことを引っ張ったので半間はハンドル操作を誤ってしまいました。

 

そして、バイクは十字路のそばにあった金網に衝突してしまい、反動で稀咲と半間は道路に飛ばされてしまいました。

 

「ナオト…あと少しだ」

 

2人に追いついたタケミチは、稀咲の前に立ちはだかりました。

 

ちなみに、この時彼は“ヒナを救う“というナオトとの約束を果たすまであと一歩というところまでやってきたと思っていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ179話の感想と考察

イザナ&鶴蝶の死で終わりを告げた東京卍會vs.天竺。

 

天竺側のトップが亡くなってしまったことでマイキーがこの場を収めるために活躍していましたが、ムーチョや四天王たちがこの場に残ることを決断。

 

イザナは彼らを仲間と思っていないというような描写もありましたが、ムーチョたちにとっては仲間と思っていたからこその決断だったと思います。

 

しかし、彼らここに残るということは、血のハロウィンで場地を殺した一虎のように警察に逮捕されるという現実が待っている気がします。

 

そして、天竺の中で唯一残された稀咲。

 

この場でとどめをさされるのかと思いきや半間が彼を助けました。

 

今回の戦いで目立った出番がなかった半間の登場でしたが、このまま出番がないかと思いハラハラしていました。

 

そして、ドラケンとのバイクでの追いかけっこになり、稀咲が半間の運転を妨害したことにより事故りました。

 

しかし、その事故のおかげで追いついたタケミチが稀咲の前に立ちはだかったところで今回は終了でした。

 

いろいよ次回、タケミチと稀咲との最終決戦になると思うのですが、気になることが2つあります。

 

まずは、稀咲が“本当に”タイムリープしているのかということ。

 

そもそも彼がタイムリープしているという事実は明らかになってませんが、タケミチはずっとタイムリープしていると言っています。

 

ここでその謎が明らかになることを期待したいと思います。

 

もう1つはこの最終決戦の結末。

 

もしかするとここでも稀咲が所持している銃が登場して、それが結末を左右するかも知れないと思いました。

 

<< 178話 一覧 180話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました