スポンサーリンク

センゴク権兵衛191話ネタバレ考察感想あらすじ!次々と襲い掛かる不運

漫画ネタバレ

2020年10月17日発売の週刊ヤングマガジン2020年47号で、『センゴク権兵衛』191話が掲載されました。

 

センゴク権兵衛191話は、千利休が豊臣関白太政大臣秀吉の命令により、切腹されました。

 

須藤権右衛門が戻ると、増田右衛門尉長盛は巷説は一体どうなっているのかと聞くと、須藤権右衛門は不敬による罰なのか、切腹と言う処分に疑問を抱く者が多く、内々で何かあったのではないかと色々な憶測が飛び交っている状態にあると言ったのです。

 

大谷刑部少輔吉継は自分達の噂はどうなっていると聞くと、須藤権右衛門は答え辛そうにしていたので、石田治部少輔三成は構わず話すように言いました。

 

果たして、奉行衆はどのような噂が立つのでしょうか。

 

本記事では、センゴク権兵衛191話『不穏』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 190話 一覧 192話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

センゴク権兵衛191話のあらすじネタバレ

天正19年の2月28日、千利休は豊臣関白太政大臣秀吉の命令によって、雷鳴が轟く日に切腹しました。

 

須藤権右衛門は、只今戻った、と言って奉行衆の元へと来ると増田右衛門尉長盛は、巷説は、と尋ねます。

 

須藤権右衛門は、不敬による罰なので千利休の切腹に疑問を抱く者が多く、内々で何かあったのかと憶測が後を絶たない、と報告したのです。

 

大谷刑部少輔吉継は、奉行衆については、と尋ねると須藤権右衛門は答えにくそうな表情をしており、石田治部少輔三成は、構わずに話せ、と言います。

 

そう言われたので須藤権右衛門は、前田民部卿玄以の策謀と考える者や増田右衛門尉長盛と利休の不仲を流布する者がおり、特に石田治部少輔三成に関しては千利休の妻女を蛇責めしたと言う噂がある、と答えます。

 

話を聞いた石田治部少輔三成は、それでいい、と呟くと共に、奉行衆の名前を聞く事で人々が畏怖する事が今は肝要であり、鬼門に鬼があれば聚楽第が民の憩いの地になる、と言ったのです。

 

長束利兵衛正家は、豊臣関白太政大臣秀吉の様子はどうだ、と聞くと増田右衛門尉長盛は、音沙汰はない、と言いました。

 

北政所は豊臣関白太政大臣秀吉の母親である大政所に謝罪しており、大政所もまた謝罪すると共に、えらい悪い縁が繋がってしまった、と言ったのです。

 

孝蔵主は、たまたま大政所と北政所の使者が同日に豊臣関白太政大臣秀吉の元に来て、千利休の助命を嘆願されたから、却って引っ込みがつかなくなったんだ、と言います。

 

大政所は、こういう時は豊臣権大納言秀長がいた時はこんな事にならなかったかもしれないのに、命を落としたと同時にこれだから、と嘆いている様子でした。

 

その頃、豊臣関白太政大臣秀吉は、徳川大納言家康と話をしていました。

 

徳川大納言家康は楽焼きを目にして指摘すると、豊臣関白太政大臣秀吉は、千利休への手向けだ、と言いつつ、そろそろ天下人の座を譲りたいものだ、と呟いたのです。

 

そして豊臣関白太政大臣秀吉は、鶴松には自分が茶を教えようと決めている、と言うと徳川大納言家康は、能も学ばれているとか、と言うと豊臣関白太政大臣秀吉は、カラクリ船が好きだから本物の安宅船に乗せようとしている、と言って席を立ちます。

 

そして鶴松の小さな鎧を持ってきて、鶴松が着用するまで自分はあと5年生きないといけない、と笑いながら言う豊臣関白太政大臣秀吉。

 

対する徳川大納言家康は、元服まであと10年以上あるのだから鶴松の嫁探しもしないといけない、と言うと豊臣関白太政大臣秀吉は笑いながら、孫まで生まれてしまったら何時まで経っても死ねない、と言いました。

 

その頃、権兵衛が治める小諸では火山噴火が起こって、収穫も見込めずに中には隣国に攻め入ろうかと言う声もあったので、権兵衛は苦い顔をしながら、合戦のない世の方が難しいかもしれない、と言います。

 

そして長女の葛は野田新十郎と言う公方の家臣に嫁に行ったのですが、4か月で出戻ったのでした。

 

天正19年、豊臣権大納言秀長、千利休が命を落とし、奥州一揆も収まったのだが今度は鶴松が命を落としたのです。

 

センゴク権兵衛を無料で全巻全部読める?漫画BANKやzipダウンロード以外で安全に読む方法!
本記事では漫画『センゴク権兵衛』を無料で全巻全部を読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので...
スポンサーリンク

センゴク権兵衛191話の感想と考察

鶴松が命を落とした事は豊臣関白太政大臣秀吉にとって、かなりショックだと思います。

 

跡取りですし、今回の話でもかなり可愛がっている様子が伺えましたので、かなりつらい立場に豊臣関白太政大臣秀吉は追いやられたと言えるでしょう。

 

次回、豊臣関白太政大臣秀吉は、豊臣中納言秀次を後継者にするのではないかなと思います。

 

そして徳川大納言家康を宰相にするという件も、豊臣関白太政大臣秀吉の鶴の一声で白紙に戻すのではないかと思います。

 

徳川大納言家康を宰相にするという件は鶴松が存命だったからこそ可能であり、その間に奉行衆が力をつけてくれればと豊臣関白太政大臣秀吉は願っていたのです。

 

しかし、鶴松が命を落としてしまったため、それが不可能となってしまいました。

 

すぐさま子供を産むというのも今の豊臣関白太政大臣秀吉の年齢から考えて不可能な可能性があるので、身近にいる豊臣中納言秀次を後継者にするでしょう。

 

しかし、豊臣中納言秀次は徳川大納言家康と親しい関係にあるため、もし命を落としたら徳川大納言家康が強大な権力を握るのではないかと思った豊臣関白太政大臣秀吉は奉行衆を豊臣中納言秀次の傍に置いて、徳川大納言家康を遠ざけるのではないかなと思います。

 

<< 190話 一覧 192話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました