スポンサーリンク

ダイヤのA act2 194話ネタバレ考察感想あらすじ!一気に畳みかける青道打線!

漫画ネタバレ

2019年12月11日発売の週刊少年マガジン2020年2・3合併号で、『ダイヤのA act2』194話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』194話は、沢村が2回表を抑え、2回裏を迎えていました。

 

ランナーの白洲が走ったと同時に御幸が長打を打って追加点を取り、続く前園も長打を打って得点を挙げたのです。

 

3回表、沢村の投球にもギアが上がっていき、立ち塞がる法兼打線を抑えていきます。

 

4回表になると、法兼が初ヒットと長打でランナー2塁のチャンスを作ったのです。

 

果たして、沢村はこの試合初めて背負ったピンチを見事に抑える事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』194話『まだまだ!!』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ダイヤのA act2 194話のあらすじネタバレ

沢村が2回表を抑え、2回裏を迎えていました。

 

卜部は白洲を四球で歩かせると、4番の御幸を迎えていたのです。

 

4番を迎えたので応援団の応援にも熱が入り、沢村も立ち上がって応援していました。

 

そしてカウントがワンボールワンストライクになると、白州は走り始め、御幸は甘いボールを打って右中間を抜けるような長打を打ったのです。

 

白州は走っていたので一気にホームへと帰り、7点目を取る事で沢村は御幸の事を流石だと、得点強奪マンだと言いました。

 

そして御幸は2塁へと進塁しており、法兼ベンチは先発の卜部を諦めて背番号12の三浦をマウンドに送ったのです。

 

応援席にいた工藤はエースじゃなくて12番の投手だったのに疑問を抱き、この疑問に答えるかのように渡辺は前の試合でも調子が良かったから法兼の実質的エースだと言います。

 

説明を聞いた工藤は全く情報がない投手からこれだけ簡単に攻略できるんだから頼れる打線になったと言うと、渡辺は元気なさげにうんと言うのでした。

 

その理由は僅かにでもこのチームの力になれなかった事が悔しかったからなのでありました。

 

そんな中、ランナーとなった御幸は三浦と言う投手の情報を確認しており、バッターボックスに入っている前園も同じでした。

 

2番手投手である三浦はストレートは130km/h前半でコントロールはアバウト、時折投げるカーブが武器であると2人は分析します。

 

そして試合前の渡辺の情報ではバッテリー間の傾向としてランナーがいる時はカーブは投げないので、その事を知っていた前園はストレートを思いっきり打ったのです。

 

前園が打った打球は左中間を抜けていき、何の問題もなく御幸がホームへと戻れるので応援団は大盛り上がりし、沢村は鬼ゾノ来たとベンチ内で叫びました。

 

そして御幸はホームへと戻り、前園は2塁へと向かったのです。

 

これでこの回に2点を取り、合計8点を取りました。

 

そして3回表を迎え、沢村の投球にもギアが入り、御幸のリードやナンバーズの調子が良いので法兼打線を抑えていくのです。

 

一気にツーアウトにまで追い込み、ブルペンで試合を見ていた川上は奥村に今の沢村は問題ないからベンチに戻るように言いました。

 

奥村も心の中で沢村のストレートのコントロールとスピードが安定し、ナンバーズの精度も上がったと感じており、これが沢村本来の投球なのだと感じていたのです。

 

そして回は4回にまで進み、法兼打線は沢村の球を捉えて左中間に抜けるヒットを打ち、2塁を陥れました。

 

観客席ではしっかりバットを振っているから当たると打球は鋭いと言ったいたのです。

 

初めてのピンチなので御幸はマウンドに向かい、高めを散らしても狙いは変わらないと、開き直りは侮れないと沢村に言います。

 

正直単発の長打なら問題ないが、怖いのは打線が繋がる事だと言い、今日の展開なら2点3点くらい取られても大丈夫だと言う御幸。

 

しかし、沢村は1点も取られたくないと言うのでした。

 

その言葉を聞いた御幸は心の中で全部背負って投げるのが沢村のエース像だもんなと言うと、踏ん張れと口にしてポジションに戻りました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 194話の感想と考察

沢村の調子もいいですが、同時に打線の調子もかなりいいですね。

 

工藤が言っていたように、卒業生がいた時の打線はどんな投手からでも点を取れるような恐ろしさがありました。

 

しかし、今の打線も悪くはありませんが以前の打線よりは破壊力が弱く、秋の大会や春の甲子園の時は好投手から点を取るのに苦労していたのです。

 

それを見ていたからの発言なんだなと思いましたね。

 

最後らへんで窮地に陥りましたが、何とか踏ん張って抑えてほしいですね。

 

次回は、沢村が自らの投球と御幸のリードで法兼打線を抑えきってピンチを切り抜けるのだと思われます。

 

法兼打線にとってようやく沢村から初ヒットを打ってかつ得点圏にランナーを進めましたので、是が非でも得点を取っておきたいでしょう。

 

現在、8対0なのであと2点取られたらコールド負けする可能性もありますのでなりふり構わずにバットを振って来ると思います。

 

もし点数が入るようなことがあれば、一気に点差を縮める事が出来ると勢いに乗られる恐れがあるのでしょう。

 

沢村はそれが分かっているから御幸に1点も取りたくないと言ったのだと思います。

 

なので沢村は今の自信の状態で出来る投球と御幸のリードで、法兼打線を抑えていくのではないでしょうか。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました