スポンサーリンク

キングダム657話ネタバレ考察感想あらすじ!背負う者と背負わない者!

漫画ネタバレ

2020年10月15日発売の週刊ヤングジャンプ2020年46号で、『キングダム』657話が掲載されました。

 

キングダム657話は、秦軍きっての猛将である蒙武が満羽の一撃によって、地面に叩き伏せられた事に諸将は驚きを隠せずにいました。

 

騰を始めとした軍勢はどんどん攻めていくのに対し、蒙武の軍勢だけ膠着状態だったので、秦軍の本陣では武将達が困惑していたのです。

 

そして蒙武は何とか立ち上がって、愛馬である岳大に乗ると共に満羽に向かって、そのにやけ顔ごと潰してやると言い放ちました。

 

果たして、蒙武は満羽に勝つ事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、キングダム657話『解放の意味』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 656話 一覧 658話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム657話のあらすじネタバレ

秦軍の武将達は驚きを隠せませんでした。

 

その理由は、蒙武が満羽によって一撃で落馬されてしまったからでした。

 

武将達は、あの汗明相手にでも落馬する事が無かった蒙武が叩き落された、と叫んでいました。

 

満羽は、一体どうしたのだ、自分は汗明より弱いのだぞ、と言うも秦の武将達は何を言っているのだと言わんばかりの表情で満羽を見て、おかしな挑発を、と言っていたのです。

 

そんな中、蒙武が歯を食いしばりながら立ち上がろうとしていました。

 

その様子を見ていた秦軍の本陣では武将達が、蒙武と騰が同盟軍の主攻になった事、騰は既に敵の第三陣を抜きつつある事、来輝も猛攻をかけている事に驚いていたのです。

 

蒙武の方は満羽と対峙しているために勢いが無かったので、武将は、蒙武なら満羽なんて一撃で倒せるのに何故突破してないんだ、と叫んでいました。

 

そして蒙武の方では、岳大と言う愛馬が起きるように促しており、満羽の武将達は、早く止めを刺してくれ、と言いますが何故か満羽は動こうとしませんでした。

 

そして蒙武は完全に立ち上がって岳大に乗ると、汗明はどうでもいいからかかってこい、そのにやけ顔を消してやる、と言い放ったのです。

 

対する満羽は、やれるものならやってみろ、楽しみにしている、と言い返しました。

 

その頃、千斗雲は笑い声を上げながら槍を振るって魏の群生を次々と蹴散らしていき、魏の総大将である呉鳳明がいる本陣の最終防陣にまで攻めあがってきましたが、呉鳳明は顔色を変えずに戦況を見守っていたのです。

 

そして千斗雲は、自分の方が全然早かったな、と言っていると何者かの軍勢に邪魔されてしまいました。

 

現れたのは龍范が率いる黄金騎兵団である光華狼であり、龍范自ら助けに来たのです。

 

そこまでだ、と千斗雲に対して龍范は言うと兵士達に、葬れ、と命じて兵士達は一斉に剣を構えます。

 

更に振り払ったはずの録鳴未の軍勢が猛追を見せていて、魏の武将は呉鳳明にその事を伝えても彼は顔色を変えませんでした。

 

そして呉鳳明、龍范、録鳴未と言う軍勢に包囲されてしまった千斗雲ですが、むしろ楽しみにしていました。

 

その頃、蒙武は満羽の攻撃をただひたすら食らい続けており、一切反撃もできないので武将達は驚いていたのです。

 

満羽側の武将は、満羽と汗明が戦ったわけではないが満羽は汨国時代に楚の将軍を次々と始末していった、と言いつつ、それなのに蒙武は満羽相手に食い下がっているから汗明を仕留めただけある、と称賛していました。

 

食い下がっていた蒙武は大きな鉄の塊の武器を振るい、満羽にぶつけて血を流させます。

 

蒙武達は追い詰めれば力を発揮すると知っているし、背負うものが力を与えるからだ、と言いつつ、自分もかつては背負っていたが今は解放されたし、その方が楽だ、と言う満羽。

 

そして満羽は蒙武に対して、本当の力を見せてみろ、背負っているものの力を集めて挑め、今の自分の楽しみは背負うものを打ち砕く事だ、と言いながら猛攻を繰り出していきます。

 

しかし、蒙武は満羽に対して反撃をしたのです。

 

そして騰は猛攻を仕掛けて最終防衛線に突入したので、楚の武将は寿胡王に対して撤退を進言しました。

 

その頃、什虎城では井闌車を4つほど引き連れた魏軍が攻め入っていたので、楚軍は慌てていたのです。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム657話の感想と考察

蒙武を圧倒していく満羽ですが、蒙武は背負うものがあるから戦っていましたが、満羽は背負うものが何もないから体が軽く自由に力を振るえるのでしょうね。

 

背負うものは大きければ大きいほど荷重になり、力を発揮しにくい者もいますが満羽は蒙武は背負うものに潰れず、むしろいつも以上に力を発揮するタイプだと見抜いているからこそ、力をより発揮させたうえで何も背負っていない自分の方が強いと言わんばかりに叩き潰そうとしているのだと思います。

 

それに魏が什虎城にまで軍勢を差し向けていたとは驚きでしたし、もし落とせば有利になると思いますので魏軍の頑張りに期待したいです。

 

次回は、什虎城がパニックになるのではないかと思います。

 

魏軍が井闌車を引き連れて突如として現れましたが、完全に不意を突かれていると思いますので、パニックになるのではないでしょうか。

 

井闌車とは要塞の防壁に接近する際、攻撃者やはしごを防御するよう特別に作られた攻城兵器であり、城壁に板を渡して兵士を城内に乗り込ませ、また最上階に配置した射手により城壁上の敵を制圧するのが目的とされた兵器です。

 

それが4つほどあり、しかも大軍なので余程の事が無ければ、満羽達がいない什虎城は容易に落ちるのではないかなと思いますね。

 

<< 656話 一覧 658話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/6712
https://jpp-zoo.jp/archives/7155



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました