スポンサーリンク

エデンズゼロ114話ネタバレ考察感想あらすじ!シキたちの前に現れた新たな敵

漫画ネタバレ

2020年10月14日発売の週刊少年マガジン2020年46号で、『エデンズゼロ』114話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』114話は、まず、前回襲ってきた巨大ロボットを撃退して小屋から逃げたシキたち。

 

そんな中、彼らの前に小さなロボットが現れました。

 

そのロボットとシキは仲良くなりましたが、何者かによってロボットは破壊されてしまいました。

 

果たして、ロボットを破壊した人物とは?

 

その後、その人物と戦います。

 

果たして、勝負の行方は?

 

本記事では、エデンズゼロ114話『接着剤』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 113話 一覧 115話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

エデンズゼロ114話のあらすじネタバレ

巨大ロボの攻撃を片腕で防いだシキ。

 

その後、彼はロボットを投げ飛ばしました。

 

その直後、ピーノは大量のロボットを検知しますが、すでに周りを囲まれていました。

 

それに対して、シキたちはロボットと戦うことを決意しました。

 

シキは重力波でロボットを押しつぶしました。

 

一方、ハッピーをガンモードにしてレベッカは攻撃。

 

また、ホムラは刀で応戦。

 

そして、ワイズは銃で攻撃をしました。

 

彼らに感化されたカウチポも戦いに参加。

 

彼女はロボットに噛みつきました。

 

その頃、エデンズゼロではウィッチがクリーネの診察をしていました。

 

「私治らなくていいの」

 

彼女はみんなのことが好きなのでここに残りたいと思っていました。

 

しかし、兄がその考えに否定的でした。

 

その時ウィッチはクリスと話したことを思い出しました。

 

まず明らかになったのは、クリーネが感情を表に出すと精神崩壊してしまうということ。

 

それを制御するために装置をつけていました。

 

しかし、その状態になったことには原因がウィッチは思っていたのでクリーネに聞くことを伝えるとクリスは激怒。

 

「過去に何があったか…クリーネに聞くことだけはゆるさん」

 

彼が怒ったのは彼女が過去を思い出すと制御装置でも感情を抑えられなくなるからでした。

 

その後、緊急事態発生を伝える警報音が鳴り響きました。

 

なぜなら、エデンズゼロに向かって攻撃用ドローンが迫っていたからでした。

 

しかし、現在戦闘用クルーがいませんでした。

 

そんな中、ラグナ・クリス・クリーネは戦うことを志願しました。

 

そして、敵がたくさん迫ってきたのでみんなに小型戦闘機で出撃するようハーミットは指示しました。

 

一方、アクアウィングに向かっていたシキたちの前に一体のロボットが現れました。

 

ちなみにそのロボットは他のロボットが何もしていないのに殺害されてしまったので助けを求めていました。

 

「ネロ様の部隊だよ」

 

そのロボットはポセイドン・ネロの仲間に殺されてしまったのでした。

 

その後、そのロボットを安心させようとしたシキ。

 

それに対してロボットは喜びました。

 

しかし、その直後何者かの銃撃を受けてロボットは破壊されてしまいました。

 

「ナイスショット‼︎!」

 

ロボットを撃ったのはポセイドン・ネロの遊撃隊のモラでした。

 

モラの行為に激怒したシキは彼に襲い掛かろうとしました。

 

しかし、自分が感謝される立場にあると思っていたモラはシキに攻撃を仕掛けました。

 

ちなみに、彼が放ったのは粘着性の物質でした。

 

それを受けたシキは近くの木まで吹き飛ばされと身動きが取れなくなりました。

 

さらにモラは杖を振り回して他のみんなの身動きも粘着性の物質で封じました。

 

シキは脱出しようとして粘着物質を取ろうとしますが、手にくっついてしまっていました。

 

「さあ言ってごらんよ「ありがとうございます」でしょ?」

 

モラは拘束したシキたちに対して感謝の言葉を強要しました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ114話の感想と考察

まず、前半はクリーネのことについてがメインとなっていました。

 

以前ベルアルゴアでホムラの戦闘の際に髪飾りのが機能していました。

 

どうやらあれで感情の操作をしているようです。

 

そして、彼女の病気は感情に大きく関わっているようです。

 

しかし、その原因を聞くと恐ろしいことになるようなのでわからないままでした。

 

今後、その過去にまつわる出来事が起きるに違いないと思うのでクリーネの病気の謎が明らかになることを期待したいと思います。

 

続いて後半はアクアウィングまで向かっていた最中に仲良くなったロボットがモラによって破壊。

 

そのことにシキは怒るものの、モラの粘着物質攻撃で身動きが取れなくなってしまいました。

 

どうやらフォレスタのロボットはジギーの影響を受けたものとそうではないものがいるようです。

 

そして、ジギーの影響を受けたロボットは人間を支配。

 

一方そうではないものは普通の状態のようでした。

 

さらに、ネロの遊撃隊は星の浄化、つまり機械の皆殺しを理由にフォレスタにやってきました。

 

どうやら、ジギーとポセイドン・ネロは敵対関係のようです。

 

そんな中フォレスタにやってきてしまったシキたち。

 

彼らがこの星で起きていることにさらに介入したらどうなるのか?

 

その前に、どうやってモラの粘着攻撃から脱出するのか?

 

次回がとても楽しみです。

 

<< 113話 一覧 115話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました