スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ178話ネタバレ考察感想あらすじ!雪が降る中で迎える悲しい結末

漫画ネタバレ

2020年10月14日発売の週刊少年マガジン2020年46号で、『東京卍リベンジャーズ』178話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』178話は、イザナに何度も声をかけるものの全く反応がないイザナ。

 

そんな彼に対して、自分も死が近いということを告げてから雪が降り始めました。

 

雪を見た鶴蝶はイザナとの過去を思い出しますが、その中で天竺誕生にまつわるエピソードが描かれました。

 

イザナはなぜそのチーム名にしてどんなチームにしたいと思ったのか?

 

そして、回想が終わると悲しい結末が待っています。

 

どうなる、イザナと鶴蝶?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ178話『Paradise lost』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 177話 一覧 179話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ178話のあらすじネタバレ

「イザナ?」

 

息をしていないイザナに鶴蝶は泣きながら声をかけました。

 

タケミチやマイキー、さらにはムーチョや青宗はこの状況に対して呆然としていました。

 

ちなみに、稀咲は目を見開いて驚いていました。

 

その後、「オイ‼︎」やイザナの名前を叫ぶ鶴蝶の声が埠頭中に響き渡ります。

 

しかし、何度叫んでもイザナからの返答はありませんでした。

 

この時、鶴蝶が何度も声をかけても返事がないことに斑目と望月は困惑。

 

一方、灰谷兄弟はその場に立ち尽くしていました。

 

そして、鶴蝶はイザナの名を再び叫びますが、全く反応しませんでした。

 

その後、イザナのもとに鶴蝶は近づこうとします。

 

血を吐きながらイザナに近づき倒れ込んだ彼はイザナの手を握りました。

 

「オレも…今…そっち逝くから…」

 

イザナが亡くなってしまったことを悟った鶴蝶は、自分ももうすぐ死んでしまうと思っていました。

 

鶴蝶がまもなく亡くなってしまうことを知ってしまったからなのか、タケミチは泣いていました。

 

「オレらは上手に生きられなかったな…」

 

泣きながらイザナに声をかけました。

 

しかし、その表情は笑っているように見えました。

 

イザナに声をかけた直後、雪が降り始めました。

 

そして、鶴蝶の鼻に一粒の雪がつきますが、それがきっかけとなり彼は昔のことを思い出し

ました。

 

施設の廊下を猛ダッシュする幼き頃のイザナと鶴蝶。

 

そんな彼らは雪を見て大喜びしました。

 

まず、彼らは雪合戦を始めました。

 

続いて鶴蝶が作った雪だるまの頭部をイザナが破壊。

 

ちなみに、イザナは雪だるまづくりを手伝おうとしていました。

 

しかし、雪だるまを破壊されたことに激怒した鶴蝶は一人で遊ぼうとします。

 

一方、イザナはかまくらづくりを始めますが、彼は鶴蝶を誘いました。

 

2人が作ったかまくらはお城のような形をしたものでした。

 

そして、イザナはそのかまくらを“オレらの国の城”と呼びました。

 

その後、完成したかまくらの中で極秘の計画書を書き始めるイザナ。

 

それは自分と鶴蝶が大人になるまでに最強の国を創るために実行すべきことを書き記したものでした。

 

ちなみに、すでに1個決まっており、逆らったやつは死刑というものでした。

 

続いて、イザナは下僕の鶴蝶のために中隊を与えることにしました。

 

「身寄りのない奴らをみんな国民にして居場所を作ってやるんだ」

 

そのために、イザナはこれ以上の敗北は許されないことを鶴蝶に念押ししました。

 

それに対して、鶴蝶は笑顔で同意しました。

 

最後に考えたのは国の名前。

 

「王国の名前は“天竺”だ‼︎」

 

西遊記のキャラクターの話をきっかけにして“天竺”という名前が決まりました。

 

そして、その名前を2人は気に入りました。

 

その後、描かれたのはイザナと鶴蝶の2ショット

 

この時2人は手を握っていました。

 

しかし、さっきまで息をしていた鶴蝶の目から生気を感じることはできなくなってしまっていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ178話の感想と考察

まず、1ページ目の最初にイザナの姿でそのあとは主要メンバーの表情が描かれていました。

 

ここでイザナが亡くなったのではないかという印象を与える効果があったと思いまいました。

 

しかし、そこに稀咲の姿があったということは納得いきませんでした。

 

鶴蝶を除いて1ページ目の中で一番驚いた表情に見えますが、彼を撃った奴がなんでそんな表情ができるのかすごい不思議に思ったからです。

 

続いて、「そっちに逝く」と言った鶴蝶。

 

ひどい出血でしたので、自分ももうすぐ亡くなることを悟ったのだと思います。

 

そして、今回も回想シーンがありました。

 

内容は前半は雪遊びで後半は“天竺”誕生にまつわるエピソードでした。

 

特に後半の“天竺”誕生に関してですが、当時のイザナは身寄りのない人たちの居場所としてチームを作ろうとしていました。

 

この時のイザナの体型を踏まえると、真一郎に出会った頃だと思います。

 

真一郎との出会いを通じて彼が作った“黒龍”のようなチームに憧れたのだと思います。

 

しかし、自分の出生や真一郎が黒龍をマイキーにも継がせたいという事実を知ったことで闇堕ちしてしまった結果、今のようなチームになってしまったのだと思います。

 

そして、最後のページのコメントを踏まえるとイザナと鶴蝶は2人とも亡くなってしまったということがわかりました。

 

ちなみに、今後の展開で気になるのは今回の死によりこの戦いがどうなるのかです。

 

どうなる、関東事変?

 

次回が楽しみです。

 

<< 177話 一覧 179話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました