スポンサーリンク

推しの子21話ネタバレ考察感想あらすじ!役者アクアの恋愛リアリティーショー

漫画ネタバレ

2020年10月15日発売の週刊ヤングジャンプ2020年45号で、『推しの子』21話が掲載されました。

 

アクアに頼まれ、ルビーとアイドル活動をするために、苺プロに所属した有馬かな。

 

そしてかなは、アクアの次の仕事が恋愛リアリティーショーだと知り、気持ちがざわざわしてしまいます・・・。

 

本記事では、『推しの子』21話『恋愛リアリティーショー』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 20話 一覧 22話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

推しの子21話のあらすじネタバレ

ルビーとかなは、アクアが出演する恋愛リアリティーショーの他のメンバーをチェックしていました。

 

この番組は芸能活動をしている高校生たちが交流していくうちに、恋愛に発展するのかどうかという内容で、男の子も女の子も美男美女なだけに、かなはさすが鏑木プロデューサーの番組だと言いました。

 

そしてアクアの出演しているシーンを見て、ルビーもかなも「誰??」と驚きます。

 

そこに映っているアクアは、普段のアクアとは全く違い、キラキラ男子だったので、キャラを作り過ぎだとルビーとかなは非難していました。

 

すると次のシーンで、ぶりっこの女の子に「かっこいい、役者さんって憧れる」と言われると、アクアは「君も可愛い、めっちゃ照れる」と言っていました。

 

それを見たルビーとかなは、「は?死ね!」と言いました。

 

さらにルビーとかなは、アクアは調子乗っている、所詮オスだ、とぶつくさ言っていると、横でミヤコがあくまでもそうしないと番組が成立しないし、アクアも役者だからそういう男を演じているんだと、2人をなだめます。

 

するとかなは、分かってるけれどと言いながらも、この番組は最後告白して、成功したらキスとかするのかと聞くと、ミヤコは恋愛リアリティー番組だったらキスは定番だと言いました。

 

なんでこんな番組受けたんだろうと落ち込むかなに、みやこは、いずれかなも女優を続けるならキスシーンを求められることもある、仕事として割り切らないと辛くなるよと諭しました。

 

その頃アクアは恋愛リアリティーショーで女の子のくだらない会話を、楽しそうなフリをして共感していました。

 

アクアはこの番組がダルいと思いながらも、鏑木プロデューサーと約束した、「出演したらアイの異性関係の話が聞ける」ということだけを頭に置いて、役者としてこなそうと思っていました。

 

この恋愛リアリティーショーはもう20年近く続く番組で、ある程度のルールがありました。

 

番組としてのエンタメ部分を残しつつも、各々は自由に会話をしてよく、台本はないけれど、演出はあり、ディレクターの話をアドバイスと取るのか、指示と取るのか、そこは人それぞれでした。

 

相手の女の子、ゆきは自分は臆病だから前へ行けないから埋もれるんだろうなと言うと、アクアはどうしてこの番組に出演することにしたのかと尋ねました。

 

するとゆきは、事務所で全部仕事を持っていく人がいて、そのせいで自分は年中ヒマだからなんかあがきたいと思ったその時に、鏑木がこの仕事を誘ってくれたと言いました。

 

そしてゆきは今まで恋愛をしたことがないし、恋人もいないからと言うと、アクアに恋愛に興味はないの?と尋ねました。

 

アクアはないわけないと言い、過去の恋愛をひきずっているとアイのことを思い出して言いました。

 

ゆきは学校の先生とか?と尋ねると、それに近いとアクアは言いました。

 

そしてゆきは、前回のこの恋愛リアリティーショーで最後にカップルがキスをしたと言うと、アクアの耳元で、「私、君にならキスできるかも」とささやきました。

 

驚いたアクアにゆきは、後ろにカメラさんが撮影しているからカメラに視線を送ったらダメと言い、きっとここは使われるよと言って、去っていきました。

 

臆病だと自分で言っておきながら、いい度胸してるなと思いながらゆきの背中を見つめながら、これが恋愛リアリティーショーなんだと思いました。

 

それから撮影が終わり、家に帰ると、ルビーは、妹が嫌いなタイプと兄が付き合うことは嫌だから相手は私が選ぶと言ってタブレットで「鷲見ゆき」の画面を見せます。

 

ルビーはこの子は純粋で良い子だと言うと、アクアは今日のゆきとのやりとりを思いだし、言葉に詰まりました。

 

そして、ルビーに向かって、見る目がないからしばらく恋愛するなとアクアは言いました。

スポンサーリンク

推しの子21話の感想と考察

ついに恋愛リアリティーショーの撮影が始まりましたね。

 

アクアの好青年、キラキラ男子っぷりに、ルビーやかなと同じように驚きましたが、さすが役者ですよね。

 

高校生で自分のキャラを完全隠して、別の人格を演じられるところにアクアの役者としての才能を感じました。

 

そしてかながアクアの演技にやきもちを焼いている姿がとても可愛かったですね。

 

かなはやっぱりアクアのことがかなり好きになっているんじゃないかなと思います。

 

確かに気になっている男子が、いくら仕事とはいえ、恋愛番組に出演して可愛い女の子とのやりとりを見るのは辛いですよね。

 

この番組を通して、これからさらにかなの、アクアへの想いが大きくなっていくんじゃないかなと思います。

 

もし、最後にアクアがカップルになったらキスをするのでしょうか。

 

演技としてアクアはキスできるのかなと思ってしまいますが、アクアのキスシーンを見て見たいです。

 

アクアはカップルになれるのかどうか、次回が楽しみです。

 

<< 20話 一覧 22話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました