スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊238話ネタバレ考察感想あらすじ!戦いの結末の先に待つもの

漫画ネタバレ

2020年10月7日発売の週刊少年マガジン2020年45号で、『炎炎ノ消防隊』238話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』238話では、シンラとラフルスとの戦いに決着がつきました。

 

その決着に対して、消防隊たちは大喜びでしたが東京皇国の国民の考えは違いました。

 

そして、この結末に対してシンラにあるイメージを持ちました。

 

国民がシンラに持ったイメージとは?

 

そして、最後にシンラに異変が起きました。

 

一体、彼の身に何があったのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊238話『その姿は』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 237話 一覧 239話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊238話のあらすじネタバレ

「一撃で決める‼︎」

 

シンラは最初に現れた巨人と合体したラフルスに対して次の攻撃で倒すことを宣言しました。

 

しかし、リヒトはシンラに警告しました。

 

それは、中華半島での光速キックの威力のデータを踏まえると、衝撃波によって陸地にいる人たちにも被害が出るということでした。

 

それを知ったシンラは攻撃を躊躇します。

 

一方、シンラとリヒトの会話を聞いていたアイリスは祈りを捧げました。

 

その瞬間、パーンの体が光り輝きました。

 

同時に火鱗も輝いていました。

 

そして、これはパーンのバフによるものだと思っていました。

 

しかし、この時パーンは何もしていなかったのでこの光はバフによるものではありませんでした。

 

そして、光は多摩湾を覆うほど大きなものになりました。

 

その光を見たショウはそれのおかげで衝撃波によう陸地への影響がなくなったことを確信。

 

「シスターが八柱目に目覚めた」

 

この光はアイリスの力だと察したシンラは彼女が柱として覚醒したことにシンラは気づきました。

 

そして、アイリスが祈る姿を見て本気を出すことができると思っていました。

 

「救済の道を示しましょう‼︎」

 

ラフルスは東京皇国の国民に対して救済の道をして炎炎ノ炎に還り死すべき時がきたと伝えました。

 

しかし、その考えをシンラは否定。

 

そして、みんなが応援する中シンラは光速キックを放ちました。

 

その攻撃はラフルスの脳天を貫通して風穴を開けました。

 

そして、アイリスが祈りの言葉を唱えると海上にキノコ雲が出現。

 

それと同時に陸上に向けて衝撃波が襲いかかってきますが、みんなは無事でした。

 

ラフルスに光速キックを放ったシンラはこれが自分がやったことなのか疑っていました。

 

一方、陸地ではマキや火縄、テレビの画面越しではスコップが巨人を倒したことを喜んでいました。

 

また、シンラの活躍をスコップと一緒に見ていた紅丸と紺炉は彼の強さに驚いていました。

 

そして、海上にいた黒野は強くなりすぎたシンラに不満を抱いてました。

 

その後、ラフルスは傷口から血(?)を吹き出しながら海中に沈んで行きました。

 

「ようやったぞヒーロー」

 

桜備はシンラの活躍を褒めていました。

 

しかし、国民がこの光景を見て思っていたのは違うことでした。

 

大量のテレビの前で今までのことを見ていた一人の女性は大声をあげました。

 

その女性と同じように悲鳴は他の所でもあがっていました。

 

一方、海中に沈むラフルスを見たフェアリーは人類の滅亡を確信。

 

そして、シンラに対して国民が抱いていたイメージは“ヒーロー“ではなく“悪魔”でした。

 

この時、国民はラフルスを殺したシンラを罵倒していました。

 

「森羅 日下部はヒーローになってはいけない」

 

「さよならだ」

 

フェアリーがそう言った瞬間、ヴァルカンはあることに気づきました。

 

「シンラが消えた…」

 

それは、先ほどまで上空にいたはずのシンラの姿がなくなってしまったということでした。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊238話の感想と考察

シンラとラフルスの勝負に決着!

 

その中でアイリスが八柱目に覚醒したという描写がありました。

 

そして、府中大牢獄でのドラゴンの攻撃を防いだ時の謎も明らかになりました。

 

今までアイリスの祈りでマキの炎に対する防御力が上がったからだと思っていましたが、実際はアイリスの力で盾を作ったようですね。

 

その後、決着がついた直後消防隊は喜ぶ一方で国民たちはラフルスの死に嘆いていました。

 

消防官にとって相手がラフルスであっても敵でしたが、国民にとっては全く関係がないので神のまま。

 

これがラフルスが倒れた時に消防官と国民との間で持った感じ方が違ったのだと思います。

 

その結果、国民はシンラを“ヒーロー”ではなく“悪魔”と罵倒したのだと思います。

 

国民にとってシンラは“神殺しの悪魔”になってしまいました。

人類滅亡を防ぐために戦ったのに残念すぎです。

 

そして、最後にシンラは上空から姿を消してしまいました。

 

一体どこに行ってしまったのでしょうか?

 

とても気になります。

 

次回のタイトルが『消えたヒーロー』なのでその謎が明らかになることに期待しようと思います。

 

そして、最後の柱であるアイリスが覚醒したにもかかわらずシンラは行方不明。

 

大災害には8人の柱が必要なはずですが、シンラの姿が消えたことで大災害はどうなってしまうのかもとても気になります。

 

<< 237話 一覧 239話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました