スポンサーリンク

ダイヤのA act2 228話ネタバレ考察感想あらすじ!市大三高の打線が襲い掛かる!

漫画ネタバレ

2020年10月7日発売の週刊少年マガジン2020年45号で、『ダイヤのA act2』228話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』228話は、4番の星田がタイミングを崩されながらも長打を放って、ツーベースヒットにすると前の試合でホームランを打った佐々木は繋いでくると思いきや、セーフティバントを仕掛けます。

 

沢村は佐々木をアウトにしますが、星田は3塁へと進塁していたのです。

 

6番の安達に対して田原監督はランナー3塁では、市大三高ナインの野球力にかけるつもりでいました。

 

果たして、沢村はワンナウトランナー3塁の窮地をどのように抑えるのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』228話『積み上げてきたもの』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 227話 一覧 229話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ダイヤのA act2 228話のあらすじネタバレ

星田にツーベースヒットを打たれた沢村は、次のバッターであり、前の試合ではホームランを打っている佐々木と相対します。

 

白州は心の中で、足があるランナーじゃない、と言い、東条も心の中で、こっちに打球が飛んで来たらホームで刺す、と思っていたのです。

 

倉持は右に指刺して、右方向狙ってくるぞ、と心の中で言い、御幸も心の中で、得点圏にランナーがいる時ほど大振りせずにしぶとく外野へと運んでいく打線だから低めにしっかり投げろ、と沢村に対して言います。

 

沢村は御幸が言っている事が理解できたのか頷くと、佐々木に対して投げ込もうとします。

 

しかし、佐々木はバントの構えをしたので今にも投げようとしている沢村は驚きの表情をしたのです。

 

そして佐々木は沢村のストレートを見事にセーフティバントをし、良いところに転がったのか沢村はボールを拾うも3塁に投げられなかったので、1塁に投げてワンナウトを取りました。

 

これでワンナウト3塁となりました。

 

バックネット裏で見ていた大和田は峰に、佐々木がバントをするなんてサインなのか、それとも自らしたのかどっちなのか、それに星田もいいスタートをしていた、とマシンガンのように言葉を発していったのです。

 

峰は心の中で、何としても先取点が欲しいんだ、と思いつつ大和田に対して、沢村の初回の等級から何度もチャンスは来ないと考えていて、1回のチャンスをどうモノにするかで勝敗は決まるか選手達は理解している、と言いました。

 

6番の安達が打席に立つと、青道内野陣は前進守備を取り始めます。

 

リードをしようとする星田に天久は、無理するな、自分の足を考えて、と叫んでいて、田原監督は、ランナー3塁では何が起きてもノーサプライズであり、皆の野球力にかける、と心の中で言っていたのです。

 

そして沢村はナンバー9であるスプリット改を投げて、安達は空振りしてしまいます。

 

御幸は心の中で、迷いなく振ってきたな、と思いつつも、勝負にくるなら迎え撃つしかないから腹をくくれ、と沢村に対して言うと沢村は頷きます。

 

安達は天久が言っていた、自分は皆を甲子園で見たいし、皆の凄さを全国に知ってもらいたい、と言っていたのを思い出すと、それはこちらの台詞で、天久みたいな投手が全国に知られてないのは悔し過ぎる、と思って沢村が来る球を待っていたのです。

 

そして安達は沢村のストレートを捉え、詰まりながらも内野の頭上を越えようとしていたが倉持がジャンプしてキャッチしました。

 

沢村に、ツーアウトだから締めるぞ、と倉持は言うと心の中で、ここから釣りがくるほど取り返す、と意気込んでいました。

 

バックネット裏にいる大和田は、ここでストレートを持ってきたね、と言うと峰は、詰まらせていたが安達も反応していたと言いつつ心の中で、コツコツと得点を積み上げるのが市大三高の野球だからランナーが増えると怖い、と言ったのです。

 

そして沢村は7番バッターをスプリット改でピッチャーゴロに抑えると、チェンジとなったのでベンチへと戻ります。

 

打席に立つ準備をしていた天久は、お預けか、と呟いたのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 228話の感想と考察

4番に打たれ、本来なら長打を期待される5番がバントしてチャンスを広げたので市大三高に勢いが生まれ、飲まれる可能性は十分にありましたが何とか抑える事が出来て良かったと思いました。

 

これも沢村が御幸のリードを信じて思いっきり腕を振って投げたからではないかなと思いましたね。

 

それに倉持のプレーも凄く良かったですし、あれは正直俊足の倉持だから捕れたのだと思いますね。

 

倉持は1回裏、ヒットを打って塁に出ましたが天久に牽制でやられてしまっていて、やられた分をお釣りが出るくらい取り返すと意気込んでいましたのでその意気込みに期待したいです。

 

次回229話は、御幸と天久の対決になるのではないでしょうか。

 

天久は牽制も含めて三者凡退で抑えましたし、2回裏は間違いなく御幸が打席に入るでしょう。

 

天久はストレートが凄く、変化もキレもあるスライダーとカーブも投げ、そして薬師の強打者である轟、ミート力もある小湊春市をも三振させたスラットもあるので、幾ら御幸と言えどそう易々とは打てるものではないと思います。

 

しかし、市大三高の4番の星田はヒットを打ち、勢いづかせたのを考えると御幸が打たないと折角ピンチを抑えて勢いが付きそうな流れを相手に渡してしまう事になりますので、御幸としては打てばいいけど最悪四球でも出塁しようと考えるのではないでしょうか。

 

<< 227話 一覧 229話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました