スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ177話ネタバレ考察感想あらすじ!まだ隠されていたイザナの秘密

漫画ネタバレ

2020年10月7日発売の週刊少年マガジン2020年45号で、『東京卍リベンジャーズ』177話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』177話は、イザナの口さらなる秘密が明かされました。

 

その秘密のヒントはある日母親と再会したという回想の中で明らかになり、最終的にはイザナの口から告げられました。

 

果たして、その秘密とは?

 

そして、最後にイザナを見た鶴蝶は号泣しました。

 

イザナの身に何が起きたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ177話『Deracinee』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 176話 一覧 178話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ177話のあらすじネタバレ

腹部を3発撃たれて傷口から大量の出血をしていたイザナ。

 

「救急車を呼べ‼︎‼︎」

 

ムーチョが助けを呼ぶよう指示しますが、天竺の隊員たちは別のことを気にしていました。

 

まずは、彼らにはイザナの身に何が起きたのが見えなかったので誰に撃たれのかということ。

 

そして、イザナがやられたことにより天竺がどうなってしまうのかということでした。

 

一方、横たわるイザナと鶴蝶の前でマイキーは呆然としていました。

 

マイキーと同じく天竺の幹部たちや青宗もこの状況に対して呆然としていました。

 

そして、イザナはマイキーが言った“救いたい”というのは本当なのか聞きました。

 

「兄弟なら当然だ…」

 

マイキーの答えを聞いたイザナは、自分を捨てた母親とある日偶然出会った時のことを語り始めました。

 

ある日、何かの列にタバコを吸いながら並んでいた母親を見かけたイザナ。

 

ちなみに、母親が並んでいたのはパチンコ屋の列でした。

 

その後、パチンコをしている母親にイザナはなぜ自分を捨てたのか聞こうとしました。

 

「アンタはアタシの子じゃないの」

 

面倒臭そうな態度で答えた母親の一言に対してイザナは呆然としました。

 

その後、なぜ母親がそう言ったのか理由を語り始めました。

 

実はイザナは彼女の前の旦那(チンピラに刺されてすでに死去)とフィリピン人の女性との間に生まれた子供。

 

つまり、イザナは前の旦那の連れ子なので彼女とは血が繋がっていませんでした。

 

そして、他人の子供なので母親はイザナを捨てたのでした。

 

その後、雨の中でイザナは真一郎を殴り飛ばしました。

 

なぜなら、彼がイザナと彼を捨てた母親との関係をに気づいていたからでした。

 

ちなみにそのことを真一郎が黙っていたのは、彼にとっては血の繋がりはイザナとの関係にはどうでもいい事だったからでした。

 

しかし、イザナはそのことをすごく気にしていたので激怒しました。

 

「なんで俺の前に現れた?」

 

真一郎の考えを否定したイザナは真一郎がなぜ自分のもとに現れたのかを聞きました。

 

そして、自分の想いを泣きながら真一郎にぶつけました。

 

イザナの話から何かを察したマイキーに対して自分の秘密を打ち明けました。

 

「オレは真一郎ともオマエともエマとも兄弟なんかじゃない…」

 

「誰とも血が繋がってないんだよ」

 

そのことを知ったマイキーやタケミチ、さらには鶴蝶や青宗は驚いていました。

 

彼らと同じく稀咲もそのことを知って驚いていました。

 

自分の秘密を知ったマイキーに対してイザナは改めて“救えるか”を問いますが、すぐにイザナが思っていることを泣きながら打ち明けました。

 

「救いようがねぇだろ?」

 

そして、エマの名前を言った瞬間イザナは無言になりました。

 

彼の異変に気づいた鶴蝶はイザナに声をかけました直後号泣しました。

 

その理由は、イザナが目を見開いたまま息をしていなかったからでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ177話の感想と考察

イザナがエマとは実の兄妹関係ではなかった!

 

ここに来てすごい秘密が明らかになりました。

 

ちなみに、イザナはエマの母親の前の夫とフィリピン人女性との間に生まれた子供でした。

 

これも驚きました。

 

イザナとエマの皮膚の色が違うのは父親がイザナと同じ色の皮膚の持ち主でその遺伝と思っていたのですが、もしかするとエマの母親の前の夫の相手譲りなのかもしれませんね。

 

自分と血のつながりがないからエマの母親がイザナを施設送りにしたのはわかりましたが、エマを佐野家に置いて行ったのはなぜなのか謎のままですね。

 

ただ単純に子育てを放棄したからだと思いますが…。

 

ここで気になったのは、イザナの「兄弟なんかじゃない」という発言。

 

マイキーとエマは異母兄妹。

 

しかし、母親は「血はつながりがない」と言っており、イザナは「兄弟なんかじゃない」と言っています。

 

エマの父親とイザナの父親は違うのかもしれませんね。

 

そして、今回の最後で鶴蝶がイザナを見て号泣していますが、イザナの出血量を踏まえると亡くなってしまったと思います。

 

秘密が明らかになったとしても救いたいと思っていた人を救えなかったマイキー。

 

仮にイザナが亡くなったとしたら、1日で2人の死に直面した彼のメンタルがとても心配です。

 

<< 176話 一覧 178話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました