スポンサーリンク

ぼく勉176話ネタバレ考察感想あらすじ!手術の末に辿り着いた結論

漫画ネタバレ

2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプ2020年44号で、『ぼくたちは勉強ができない』176話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない176話は、負傷したあすみの父親の宗二朗に代わって、あすみが手術を行うと宣言した事で宗二朗を驚かせました。

 

成幸を助けるためには自分が宗二朗の代わりにやらなくてはならない、それならば患者のための医師でいるつもりだと言うと、宗二朗は彼女の決意を受け入れて指示出しに徹する事にしたのです。

 

指示通りに行うが、初めての手術故に手を震わせてしまうあすみだったが成幸の言葉を思い出して進めていきます。

 

果たして、無事に手術を終えることが出来るのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない176話『[X]=明日の夜の小妖精編⑧』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 175話 一覧 177話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ぼくたちは勉強ができない176話のあらすじネタバレ

宗二朗が負傷していたのであすみは、自分が手術をする、と宣言したので宗二朗は驚きの表情をしました。

 

あすみは両手を見ながら、医者とは時には限られた環境下で最善手を模索しながら自分の無力と向き合わないといけないから難しいな、と言うと宗二朗は輝明の事を思い出していました。

 

続けてあすみは、成幸のための最善手は誰かが宗二朗の代わりになる事であり、患者のための医者であるために、指示が欲しい、と言うと宗二朗は了承したのです。

 

そして手術が始まり、血管の分枝に注意しろ、と宗二朗は指示を出し、あすみは指示に従うも初めての手術故に恐怖心が芽生え始め、手先が震え始めました。

 

怖がるな、と自分に言い聞かせるあすみだが、成幸の言葉が蘇ってきました。

 

成幸の、怖いのはあすみが患者を大切に思っている証拠であり、初めて恐れしらずな医者より素敵だし、それ故に不安もプレッシャーも同時に楽しもう、という言葉を思い出すと震えが止まったので、あすみは作業を始めたのです。

 

そして、今は怖がっている自分を俯瞰し、目の前の成幸にだけ集中しようと、心の中で思いながら初めて出会った時の事を思い出していました。

 

初めて出会った時、成幸の事は、正直頼りない後輩だな、と思っていたあすみでしたが、理科が苦手故に医学学校に行かせるのに反対だった宗二朗を説得している姿を見て、少し見直していたのです。

 

それから何かと会っているうちに、あすみの中で成幸の存在がどんどん大きなものとなっていき、ドハっちゃんランドの招待券を渡そうとしてくれた時は断ったけど、本当は泣くほど嬉しかったし、島で再会した時は運命だと思った、と言います。

 

輝明の事があって合わせる顔がないから離れたのに、少しでも成幸と一緒にいたかった、と言うあすみ。

 

現在に至り、あすみは宗二朗に、本当は嘘の恋人だと言ったら絆が無くなるかもしれないと思っていたから怖かった、と語ると宗二朗は、何度も打ち明けようとしていたのは知っている、と言いつつ、あすみが連れてきた成幸が輝明の息子だと気づいた時は心底驚いたし、運命だと感じた、と言います。

 

それでも自分は友人の息子でも、あすみの恋人でもなく人間として成幸が好きだ、と宗二朗は言うとあすみに、自分に嘘をつくための存在として成幸を見ていたのか、と聞くとあすみは否定します。

 

その答えを聞いた宗二朗は、それなら嘘が嘘のままかどうかは分からないし、自分は娘と彼氏に会いに来たんだ、と言ったのです。

 

あすみは心の中で成幸に対して、成幸が目覚めたら伝える事を沢山伝えたいし、今度はからかったりして逃げたりしないから起きてくれ、と言いながら縫合を終えました。

 

手術が終わり、皆が寝ているときに成幸が目を覚ますと傍で寝ていたあすみも目を覚まします。

 

あすみと初めて会った時の事を思い出していた、と言う成幸にあすみも、自分もだ、と言ったのです。

 

成幸は、言い忘れたことがある、と言ってドハっちゃんランドの招待券を取り出すと、あすみの事が好きだから本当の彼氏になってほしい、と言いました。

 

あすみは赤面して最初はからかおうとするも、すぐさまそれをやめると、ずっと好きだった、と言って成幸の手を握ると、こちらこそ本物の恋人にしてほしい、と言ったのです。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない176話の感想と考察

最初のうちは宗二朗を誤魔化すために成幸を彼氏役に仕立てたあすみでしたが、成幸の内面を見ているうちに好意を少しずつ寄せていったのでしょうね。

 

そして本当はドハっちゃんランドの招待券を渡そうとしてくれた時は嬉しかったと言っていましたが、その前に成幸の父親である輝明が診療所に来ていて、そこで手術を受けられずに命を落としたのをカルテで知って成幸と距離を取ろうとも考えていました。

 

それを踏まえると、成幸の誘いを断った際にはかなり胸が痛む思いだったでしょうね。

 

そして成幸が告白し、あすみも最初は何時ものようにからかい気味に言いましたが、それでは駄目だと思って自分の気持ちに正直になって返事を返したので、これまでは両想いだけど両想いじゃない感じでしたが、これで本当の意味で両想いになれて良かったです。

 

次回177話は、島の中で結婚式を行うのではないかなと思いますね。

 

これまでのヒロインの話で、うるか、理珠、文乃の時は成幸共々学生だったので、お付き合い程度で済んでいましたが、今回の場合は成幸もあすみも大人になっているので、結婚式という流れになっても不思議ではないでしょう。

 

島でお世話になった皆やうるか達ヒロインや家族の皆の前で、結婚式を挙げる事になると思います。

 

<< 175話 一覧 177話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました