スポンサーリンク

ダイヤのA act2 227話ネタバレ考察感想あらすじ!スラットを使って抑える天久

漫画ネタバレ

2020年9月30日発売の週刊少年マガジン2020年44号で、『ダイヤのA act2』227話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』227話は、天久は牽制で倉持を刺すと共に、2番の小湊春市に対してスラットを織り交ぜる投球で三振にきって取ります。

 

続く白州に対しても小湊春市と同じような投球で、いとも簡単に三振で抑えて1回裏を0点で抑えたのです。

 

観客席から見ていたクリス達も脱帽しており、落合も3点が勝敗ラインだけど3点も取れるのかと不安に感じていました。

 

そして2回表になりますが、沢村はこの回も無事に0点で抑える事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』227話『これが三高』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 226話 一覧 228話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ダイヤのA act2 227話のあらすじネタバレ

塁に出た倉持を苦手な牽制で刺して1アウトを取ると、天久は2番の小湊春市をストレートで空振り三振に抑えました。

 

観客席にいる丹波はミート力が高い小湊春市がバットに掠りもしなかった事に驚いており、クリスは、スラットが効いていたな、と言います。

 

小湊春市は次のバッターの白州に、途中までストレートにしか見えなかったし、山も出ていなかった、と伝えたのです。

 

そして白州に打席に立つと天久は白州の雰囲気から、こういう大人しい奴がキレたら一番怖いんだろうな、と思って初球からスラットを使って白州は空振りしてしまいます。

 

バックネット裏から見ていた大和田は、この試合でもスラットをよく使っている、と峰に言うと峰は、これまでの天久の代名詞は大きく曲がるスライダーだったが、あのスラットの曲がり方だとストレートとの見極めがつかないだろうと呟いたのです。

 

そして天久はストレートを投げ、白州は反応できずに見逃してしまいます。

 

しかし、白州は見送るつもりがなく、それを見抜いた天久は、見送った感じじゃなかったね、と思っていました。

 

実際、白州の表情には悔しさが出ており、天久は心の中で、もしかしてキレてるのか、キレてないのかどっちなんだ、と言わんばかりにボールを投げて、白州を空振り三振にしたのです。

 

倉持こそ塁に出してしまったが牽制でアウトにし、続く2人を連続三振で抑えたので上場の立ち上がりとなった天久。

 

観客席から見ていたクリスは150km/hのストレートと140km/hのスライダーで手玉に取る天久に驚いており、小湊亮介も、とんでもないね、と言います。

 

そして結城哲也はオーラを放ちながら、大学でもあのような投手はそうはいない、と言うと共に、これが三高の天久光聖か、と呟いたのです。

 

ベンチから試合を見ていた落合は、この試合は3点が勝敗ラインだと以前言ったけど、この天久か3点も取れるのか、と焦りを感じている様子でした。

 

そして牽制でアウトになってしまい、俯く倉橋に小湊春市は、切り替えましょう、と言い、前園は、まだ始まったばかりだ、と励ましたのです。

 

続けて、試合はここからだからしっかり守ろう、と叫ぶ前園。

 

2回表、打席には4番の星田が入ります。

 

バックネット裏にいる大和田は、星田も東京代表組でしたよね、と言うと峰は、御幸も星田の勝負強さはよくわかっているはず、と思っていました。

 

実際、御幸は心の中で、パワーだけじゃなくてどんな球でも対応できる柔らかさを持っているから、どう崩せるかが重要だ、と言って沢村にサインを送ります。

 

沢村はサイン通りにストレートを投げると、星田はバットを振ったら空振りをします。

 

そうしたら星田がバットに対してぶつぶつと呟き始めたので、その様子を見ていた御幸は心の中で、東京代表でも思ったけど自分の世界を持っていて、この男は乗せちゃいけないから低めにしっかり腕を振れ、と言ってサインを送ったのです。

 

そして沢村はチェンジアップを投げ、星田はバットを振ったので、体勢を崩した、と御幸は思います。

 

星田はボールをバットに当て、東条はボールをキャッチしようと落下地点に向かうも思っている以上の打球が伸びていて、東条の頭上を越えるツーベースヒットとなったのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 227話の感想と考察

沢村も圧巻でしたが、天久は更に圧巻だった気がしますね。

 

実際、倉持を牽制で刺すことが出来なくても問題なく捻り潰すような投球ができたんじゃないかなと思いましたね。

 

そして星田に関しては上手く崩しましたけど、それでも打ち返したので星田を褒めるしかないかなと思いますね。

 

得点圏まで行かれましたが、それでもまだ点を取られたわけではありませんので、ここから問題なく抑えてほしいですね。

 

次回228話は、市大三高打線が粘り始めるのではないかと思います。

 

初回の攻撃で沢村のペースで投げられたら自分達はペースに飲まれると感じた筈ですし、更に沢村の投球で青道打線も勢いに乗り始め、立ち上がり良かった天久の足を引っ張ると思う筈です。

 

沢村の球はストレート、チェンジアップ、スプリット改、ツーシーム、カットボール改と球種も豊富だからそう簡単に連打で繋げられるとは思っていないはずですので、アウトになるとしても少しでも粘って球数を増やしたりし、四球を選んでペースを乱すのではないかと思います。

 

以前御幸が沢村と降谷に市大三高の打線は自分達の打線と同じだと言っていましたので、上記のようないやらしい攻撃が出来ると思いますので、それらを使って沢村を苦しめるのではないでしょうか。

 

<< 226話 一覧 228話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました