スポンサーリンク

ランウェイで笑って158話ネタバレ考察感想あらすじ!千雪なりのお祝い

漫画ネタバレ

2020年9月30日発売の週刊少年マガジン2020年44号で、ランウェイで笑って158話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って158話では、一位を獲れて、うれし泣きをしている育人たち。

 

育人は、自分の知らないところで動いてくれた佐久間に感謝します。

 

一方、麻衣からアプロを頼まれるも断る遠。

 

自分のデザインが見えてきた遠は、自分の道を歩き始めます。

 

本記事では、ランウェイで笑って158話「ハグ」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 157話 一覧 159話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ランウェイで笑って158話のあらすじネタバレ

育人たちはソファーに座りながら、今回の合同展示会の順位をスマホで見ています。

 

佐久間は、展示会の仕組みを千雪に教えます。

 

こうゆう展示会の場合、メインラインの売り上げがすごくて、次にサブラインとなっていきます。

 

なので、これだけメインに近づいた柳田も凄いし、もちろん遠も凄いです。

 

アプロの順位に、他のブランドが入っているのを初めて見たと佐久間は話します。

 

しかし、一番すごいのは育人だと褒める佐久間。

 

育人は謙遜しますが、千雪はその会話が面倒くさいと話を遮ります。

 

たまには皆が自分のおかげだと、そうゆう褒め方するのも良いと思うと提案します。

 

仕事があるからと立ち去る千雪。

 

 

育人たちと別れたすぐあと、千雪は廊下で遠とすれ違います。

 

遠から脚の比率が、太もも・ふくらはぎ・足首で5:3:2になっていると話しかけられます。

 

それだけで、繊細に身体の調整をしていることがわかると遠は言います。

 

素っ気なくお礼を言う千雪に、ハグをしていいかと聞く遠。

 

千雪は冷たく、何故かと返事をします。

 

遠は称賛と喜びと健闘を称えてと言いますが、千雪はバッサリと断ります。

 

なら、3サイズを教えてと遠が聞くと、76・55・81と即答する千雪。

 

本来のモデルの理想体型より細めに仕上げているけれど、千雪の身長にはそれが一番美しく見えると、遠は分析しています。

 

それでも、アプロを捲る理由に相応しくない、その意味が分かるかと遠は質問します。

 

千雪はまっすぐと遠を見て、育人や皆が凄かったんだと話します。

 

遠は千雪に、育人の素質を最初から見抜いていたのかと聞きます。

 

千雪は、素質なんて分からないが、約束をしたので信じているだけだと答えます。

 

遠と別れたあと、育人の素質を見抜いていたのは、パパだと気づく千雪。

 

 

育人が立ち上がろうとしたとき、遠がこちらに歩いてきます。

 

遠は指を1つずつ立てながら、あることを育人に教えます。

 

ひとつ目は、ブランド名とコンセプトを決める。

 

ふたつ目は、最初のコレクションの計画を立てる。

 

みっつ目は、販売経路の確保、工場を押さえる。

 

よっつ目は、宣伝する。

 

この4つが独立に必要なことだと教えてくれました。

 

また戦うと一言だけいう遠。

 

育人ははいと力強く答えます。

 

 

育人は自分の部屋で、オリヴィアから貰った名刺をどうしようかと悩んでいます。

 

部屋のチャイムが鳴り、慌てて椅子の下に隠します。

 

引きつった顔で出てきた育人を、不思議そうに見る千雪。

 

育人は動揺しながら、部屋に上がるかと聞きます。

 

この前のことを思い出し、顔を赤くした千雪は断ろうとします。

 

少し考え、お祝いをしようと勢いよく部屋に上がります。

 

先程隠した名刺がバレるとハラハラする育人ですが、千雪は冷蔵庫を開けます。

 

何も入ってない冷蔵庫を見て、千雪は廊下で遠と会った時に言われた言葉を思い出します。

 

称賛と喜びと健闘を称えてのハグです。

 

さすがにそれは無いと、千雪は顔を赤くしながら冷蔵庫を閉じます。

 

育人がケーキを2つ買ってあると、テーブルに開いてある箱を開けます。

 

食べる準備をしている育人の後ろで、大きく両手をひろげ顔を真っ赤にしている千雪。

 

ハグを試みましたが、やはり無理だと諦め、育人の頭をなでておめでとうと言います。

 

育人は嬉しそうに笑います。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って158話の感想と考察

育人たちの涙も落ち着き、これからの話に入りそうですね。

 

千雪が言っていた、自分のおかげと褒めるのはいいですよね。

 

謙遜し合うのは日本人らしいですが、たまには自分頑張ったと褒めてあげるのも大事です。

 

遠と千雪の会話ですが、遠が久しぶりに可愛い会話をしているなと思いました。

 

ずっとコレクションやら合同展示会やらで、ピリピリしていたのですこしホッとしました。

 

ハグしただけで3サイズがわかるという遠ですが、千雪には断られていましたね。

 

さらっとサイズを千雪は教えてくれましたが、モデルさんはああゆう感じなんですかね。

 

少し攻めた遠からの質問も、みんなが凄いと素直な答えを出した千雪がとても綺麗でした。

 

千雪の性格って、サバサバというかスッキリしていてとても好きです。

 

でも、最後の女の子の部分がきちんと出るのも好きです。

 

育人にハグして欲しかったです。

 

いつも思ったことを言えたりする子が、ああゆう場面で勇気が出ずに顔を赤くしているのを見るのはとてもキュンキュンしてしまいます。

 

絶対育人も喜ぶのに、絶対大丈夫なのに、本人は恥ずかしくて出来なくて、みたいな感じがとてもムズムズしました。

 

二人の距離も、確実に近づいてきていると思うので、これからもこうゆうシーンが見れたらなと思います。

 

次回は独立に向けて話が進みますね、楽しみです。

 

<< 157話 一覧 159話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました