スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ176話ネタバレ考察感想あらすじ!イザナが鶴蝶のためにとった驚きの行動

漫画ネタバレ

2020年9月30日発売の週刊少年マガジン2020年44号で、『東京卍リベンジャーズ』176話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』176話は、前回の最後に鶴蝶を撃った稀咲は再び彼を撃とうとします。

 

しかし、それに対してイザナは驚きの行動に出ました。

 

果たして、イザナは何をしたのか。

 

そして、その行動に驚いた鶴蝶はなぜその行動をしたのか聞きました。

 

なぜイザナはその行動に出たのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ176話『What was been left』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 175話 一覧 177話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ176話のあらすじネタバレ

稀咲に撃たれた鶴蝶。

 

「カクちゃん‼︎」

 

タケミチは鶴蝶のことを心配して彼の名前を叫びました。

 

一方、傷口に手を触れた鶴蝶。

 

彼は傷口から手を離すと血がついていることに気づきました。

 

「鶴蝶テメェはジャマなんだよ」

 

稀咲が鶴蝶を撃ったのは彼がジャマだったからでした。

 

その理由は何度やっても自分が思い描いていた計画をタケミチに妨害されてしまったことでマイキーが使えなくなったと思ったので、代わりにイザナを利用しようと考えたからでした。

 

しかし、イザナを利用するためには鶴蝶を排除する必要があったので、稀咲は再び鶴蝶を撃つために彼に銃口を向けました。

 

「うおあああ‼︎」

 

鶴蝶は叫びながら稀咲に襲い掛かろうとします。

 

しかし、襲いかかってた彼に向かって稀咲は数発発砲しました。

 

「え‼︎?」

 

タケミチはイザナがとった行動に対して驚きました。

 

それは、鶴蝶を庇ってイザナが撃たれたからでした。

 

ちなみに、稀咲の発砲でイザナは腹部を3発撃たれていました。

 

一方、この状況に対してマイキーや極悪の世代の一同は目を点にして驚いていました。

 

彼らと同じく千冬たち東京卍會の一同や九井、さらにヒナも驚いていました。

 

そして、イザナと鶴蝶はその場に倒れてしまいました。

 

「なんでイザナが下僕を庇う」

 

稀咲は主従関係で下にいる鶴蝶をイザナが庇ったことを驚いていました。

 

一方、鶴蝶は自分の目の前で横たわるイザナを見てなぜ庇ったのか気になったのでそのことを聞きました。

 

その問いに対して、鶴蝶に背を向けていたイザナは彼の方を振り向きました。

 

「体が勝手に動いちまった」

 

イザナは庇ったことに対する答えを鶴蝶に告げました。

 

答えを聞いた鶴蝶は驚いていました。

 

2人のやりとりをじっと見ていたタケミチに対して、稀咲は気が動転してその場にしりもちをついてしまいました。

 

その後、イザナはマイキーに話したいことがあるということで彼を呼びました。

 

呼ばれたのでマイキーはイザナのもとに向かいました。

 

「天竺の負けだ」

 

イザナは負けを認めました。

 

しかし、彼の発言に対して鶴蝶は激怒しました。

 

なぜなら、敗北宣言をするのはイザナではなく自分の役目だと思っていたからでした。

 

それを知ったイザナは鶴蝶の発言が理解できていませんでした。

 

そして、鶴蝶はなぜ自分を庇ったのか尋ねました。

 

なぜなら、自分を捨ててでもイザナが王として自分の時代を作る存在だと思っていたからでした。

 

鶴蝶の発言に対してイザナは自分のではなく自分たち時代を創りたかったことを告げてから、鶴蝶の想いに応えることができないことを謝罪しました。

 

そして、笑顔でこう言いました。

 

「オマエしかいないから」

 

イザナが庇ったのは鶴蝶のことを大事に思っていたからでした。

 

彼の発言に対して自分のことを大事に思っていてくれたことを知った鶴蝶は号泣していました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ176話の感想と考察

前回の最後に稀咲が鶴蝶に発砲したのは驚きましたが、イザナが鶴蝶を庇ったということには驚きました。

 

ちなみに、前回読んで予想していたのは総長対決を邪魔されたマイキーとイザナのどちらかが稀咲を襲うというものでした。

 

彼が庇ったことに対して鶴蝶は驚いていましたが、これは当然の結果だと思います。

 

主従関係では自分が下なので、本来であれば王を護る側の鶴蝶。

 

しかし、実際は王が下僕を護るという逆転した結果だったから驚いたのだと思います。

 

そして、イザナは「体が勝手に動いた」と言ったり「オマエしかいない」と言っています。

 

もしかすると、「殺戮マシーン」や「下僕」と言ってはいますが、実際は鶴蝶のことを弟のように思っていたに違いないと思います。

 

そうでないと、最後にイザナは「オレらの時代」笑顔にはならなかった気がします。

 

そして、これがイザナの本心だったのだと思います。

 

この先の展開ですが、最後のコメントを踏まえると2人は亡くなってしまうと思います。

 

それを踏まえると不安なのがマイキーのメンタルです。

 

エマの死の際はタケミチの想いを知ったことで闇堕ちを止めることができましたが、イザナが亡くなってしまった場合闇堕ちしてしまう可能性があるのでとても心配です。

 

<< 175話 一覧 177話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました