スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊236話ネタバレ考察感想あらすじ!シンラが再会したのは誰?

漫画ネタバレ

2020年9月23日発売の週刊少年マガジン2020年43号で、『炎炎ノ消防隊』236話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』236話では、多摩湾沖に第8消防隊します。

 

その直後、最初の巨人から攻撃を受けますが防ぐことができましt。

 

なぜ、防ぐことができたのか?

 

そして、フェアリーとの戦闘を経てシンラは感動の再会を果たします。

 

誰と再会したのか?

 

そして、シンラは再会した人と巨人を鎮魂をしようとするのでした。

 

本記事では、炎炎ノ消防隊236話『再会』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 235話 一覧 237話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊236話のあらすじネタバレ

シンラに遅れてマッチボックスに乗って第8消防隊の隊員たちが多摩湾沖に到着。

 

そして、シンラに巨人の鎮魂に専念するよう指示しました。

 

この様子を見ていた第2消防隊の隊員たちは彼らの参戦に否定的でした。

 

しかし、ジャガーノートは彼らとは違いシンラの援護をしようと思っていました。

 

「俺一人で十分だ」

 

シンラはジャガーノートの援護を断りました。

 

なぜなら、“アドラ”の影響で発火能力が強くなったことで、光速移動ができるようになっていたからでした。

 

一方、陸地では桜備が自分の隊員たちに焔ビトの鎮魂を始めるよう指示を出していました。

 

しかし、最初の巨人の攻撃を受けてしまいます。

 

そこで、パーンは火鱗にシールドを張るよう指示。

 

しかも張るのは海岸沿いを覆うほどの大きさだったので、パーンはバフを全て火鱗に集中させることにしました。

 

「“スケールシールド”全力展開‼︎」

 

能力を発動すると大きな鱗状の盾が一面に現れました。

 

そして、最初の巨人は攻撃をしますが、シールドで守ることができたので負傷者はゼロでした。

 

この結果、第4署消防隊は生存者を守ることに専念しようとしていました。

 

「巨人ラフルス一世の鎮魂‼︎」

 

自分がやるべきことを認識したシンラ。

 

そんな彼は突然海に落下しようとしていました。

 

なんとか上空に向かおうとして炎を噴射したシンラは、フェアリーのかかと落としを頭に喰らって上空に飛んで行ってしまいました。

 

上空に飛ばされたシンラは姿勢を制御しようしますが、フェアリーの能力で引き寄せられてしまいます。

 

そして、顔面を蹴られてまたしても吹っ飛ばされてしまいました。

 

その後、なんとか空中姿勢を取ろうと試みますが、またしても引き寄せられて蹴り飛ばされてしまいました。

 

「何をしている兄」

 

フェアリーに蹴り飛ばされたシンラは海面に落ちそうになっていましたが、ショウが刀で落下を止めました。

 

ショウはフェアリーを自身の光速移動で倒すことできたのではないかと思い、そのことをシンラに質問しました。

 

しかし、シンラは自分が落ちている方向がわからないので、最悪の場合大気圏を突破してしまう恐れがあるのでできませんでした。

 

そして、この時シンラは誰と話しているのかわからなかったので顔を見て抱きしめました。

 

「ショウ‼︎」

 

シンラは自分が話していたのショウだということに気づきました。

 

一方、抱きしめられたショウは照れていました。

 

そして、逆さまだったシンラは体勢を変えたのちに、なぜショウがここにいるのこか気になったのでいろいろ聞こうとします。

 

それに対してショウは巨人を倒すのが先だということで後回しにしました。

 

「兄がヒーローだということを世界に知らしめろ」

 

突然ショウがそのこう言ったので、シンラは一瞬戸惑いました。

 

「俺はヒーローになるためにきたんだ‼︎」

 

彼はこの戦いでヒーローになる気満々でした。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊236話の感想と考察

第8消防隊が多摩沖に到着。

 

しかし、彼らの登場に対して第2(ジャガーノートを除く)は否定的の一方で第4は特に気にしている様子は見えませんでした。

 

これに対してですが、209話で桜備が説得した結果グスタフが協力してしてくれる可能性があると言っていました。

 

それを踏まえると、第2の隊員にはグスタフから第8と協力することが伝わっていたのかもしれません。

 

一方、第4消防隊はパーンが全面協力を決めていたからこそ気にしなかったのだと思います。

 

ちなみにジャガーノートは第2の隊員ですが、シンラと仲が良かったので他の隊員のような考えは持っていなかったのでしょう。

 

続いて、火鱗の“スケールシールド“について。

 

前回使ったときは足止め程度のサイズでしたが、今回は海岸沿いを覆うことができる巨大なものでした。

 

これはパーンのバフも影響していると思うのですが、“アドラ”が近づいたことによる発火能力の強化も影響したに違い無いと思います。

 

そして、シールドで守った後はシンラvs.フェアリー。

 

一柱目でフェアリーが現れた際にシンラは気絶していたので、彼にとって初対面でした。

その後、彼の能力に圧倒された彼はショウと再会。

 

ショウは母親の鬼とアドラリンクした際の経験を経て味方になったようです。

 

しかも、ショウはシンラと共闘しようとしています。

 

果たして、2人は力を合わせて戦うことができるのか?

 

次回がとても楽しみです。

 

<< 235話 一覧 237話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました