スポンサーリンク

アルキメデスの大戦234話ネタバレ考察感想あらすじ!ハートに火をつけたのは櫂

漫画ネタバレ

2020年9月19日発売の週刊ヤングマガジン2020年43号で、『アルキメデスの大戦』第234話が掲載されました。

 

『アルキメデスの大戦』第234話は、山本長官がハワイ攻撃に執着するその理由の一端が明かされます。

 

戦艦「長門」に乗船した櫂は参謀・黒沼の部屋を訪ねる。

 

なぜか黒沼は会いたかったと櫂の乗船を大歓迎。

 

櫂は黒沼から事情を聞かされ、山本が「大和」に固執する理由を知ることに…

 

本記事では、『アルキメデスの大戦』第234話[暁作戦]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アルキメデスの大戦234話のあらすじネタバレ

【戦艦「長門」艦内・黒沼の部屋】

 

作戦先任参謀の黒沼の部屋を訪ねた櫂。

 

黒沼がふんどし一丁のほぼ真っ裸で奇声を上げながら舞う光景を目の当たりにし、絶句。

 

この人はいったい何をしているのだろう…そう思いつつも自己紹介。

 

黒沼は櫂の名前を聞き、山本長官から聞いてキミが来るのを首を長くして待っていたんだよ!と大興奮。

 

黒沼の姿を見て引いている櫂を尻目に、床を埋め尽くす本を蹴り上げ放り投げ、僅かなスペースを作る黒沼。

 

櫂をそのスペースに座らせます。

 

お互い床に座り、ひざを突き合わせ見つめ合う黒沼と櫂。

 

櫂は黒沼に服を着てはどうかと勧めますが、自分はいつもこうだからと、まともに取り合ってくれません。

 

あんたが良くてもこっちがキツイわ…

 

櫂がそんな思いを乗せた視線を送りますが黒沼は意に介さず、逆に熱いまなざしで櫂を凝視。

 

櫂の経歴や容姿を賛美し、さぞ妬みや憎しみを買ったことだろうとニヤリ。

 

櫂は特高の藪本から言われた妬み嫉みを思い出しますが、そんなことありませんと、やんわりいなします。

 

それよりも、と話を変える櫂。

 

なぜ自分を首を長くして待っていたのか、その理由を尋ねました。

 

黒沼はそうだった!と何かを思い出したように部屋中を埋め尽くしている書物をまたひっくり返し始めます。

 

どうやら櫂に見せたいものがある様子。

 

しばらく部屋を探索していた黒沼。

 

やがて、あったあった!と大声を上げて一冊のノートを櫂に見せ、それを手渡しました。

 

ノートを手渡された櫂は、表紙に大きく書かれていた「暁作戦」という作戦に全く覚えが無く、これは何かと尋ねます。

 

黒沼は意味ありげな笑みを浮かべながら、「暁作戦」とは櫂が発案した作戦の名であることを教えてやりました。

 

つまり、ハワイ真珠湾の奇襲作戦だよと。

 

それを聞いて驚いた櫂は慌ててノートをめくり、書かれていた詳細な計画内容に目を通します。

 

 

ハワイ真珠湾の奇襲作戦は以前、櫂が高等会議にて発案したものでした。

 

しかし、あくまでも発案止まりであり、もちろん決定事項ではありません。

 

 

作戦が決定したというような話は聞いていないが…と、櫂は訝しがります。

 

そんな櫂に黒沼は説明します。

 

実は山本長官から直接 密かに作戦計画を練るように命じられ、詳細をまとめたのが今 櫂が持っているノートなのだと。

 

 

【三年前・海軍ご用達料亭】

 

三年前のこと…

 

山本は黒沼を話があると料亭に呼びつけていました。

 

山本はあくまで仮定の話だから内密にと前置きし、黒沼を呼びつけた理由を話します。

 

それは、ハワイの米軍基地がある真珠湾を「航空機」で奇襲する場合における詳細な作戦計画の依頼でした。

 

黒沼は思わぬ山本の依頼に驚くも、是非自分にやらせて欲しいと願い出ます。

 

山本は黒沼から期待していた通りの返事を聞くことができたことを喜びます。

 

そして黒沼に改めてよろしく頼むと念押しするのでした。

 

 

【現在・黒沼の部屋】

 

黒沼から三年前にあった出来事を聞かされた櫂。

 

山本長官が和平協議でなぜあれほど「大和」売却を猛烈に反対したのか合点がいく思いでした。

 

ハワイ奇襲作戦成功には「大和」が必要不可欠との思いが強かったから、山本長官はあれほど反対したのだと…。

 

自分が発案した奇襲作戦が山本長官の秘めたる”やる気”に火をつけてしまったことを知り、櫂は軍人の業を思い知りました。

 

たとえ僅かでも勝てる見込みがあるとわかった時、軍人は戦うことを欲してしまうのだと…

 

 

こんな詳細な作戦計画が表にでも出たら、戦争推進派を焚き付けることにも繋がりかねないと危惧する櫂。

 

黒沼に対し、米国との戦争は絶対に回避すべきであると訴え、奇襲作戦など机上の空論だと断言。

 

黒沼は何言ってんの?といった感じで櫂を真っすぐ見つめ、この作戦は100%成功するよと断言返し。

 

日本は米国に勝てるんだよ!せっかく勝てるのになんで戦わないの!と櫂に詰め寄る黒沼に絶句する櫂でした…

 

アルキメデスの大戦を漫画BANKやrawやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『アルキメデスの大戦』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

アルキメデスの大戦234話の感想と考察

思うに…黒沼は善悪の頓着が無いといいいますか、それよりも好奇心の方が勝ってしまう性格なのでしょう。

 

机上の上からでしか戦争を考えていないということが作中から窺い知れます。

 

極端な話、人間である兵士すら将棋の駒みたいな感覚でしか見ていないのかも。

 

当然 被害にあう民間人にしても単に数字でしか捉えていないでしょう。

 

櫂も基本的には黒沼と同タイプですが、人間の平和的営みを第一に考えています。

 

それが黒沼との決定的な違いでしょう。

 

それに櫂には実体験があります。

 

自ら戦地に赴き、無残に死んでいく人間を間近で見ていますし、仲間との辛い別れも経験。

 

また戦地でなくとも、マキコのような戦争被害者がいることも櫂はよくわかっています。

 

だからこそ戦争を是が非でも回避せねばならないと考えているのです。

 

そしておそらく山本も櫂と同じ気持ちであったはず。

 

はずなのですが…

 

皮肉なことに、櫂の発案した作戦によって「勝てるかも」という野心を刺激されてしまったのですね。

 

また櫂が唱えた”戦争は航空戦力主体になる”という考えが山本自身の考えと合致し、余計に野心をくすぐってしまったのもよくなかった。

 

その結果 山本は「万が一開戦になった場合に備えて」という免罪符の下、日米開戦という風船に、野心というエアを入れ続けてしまったのではないでしょうか。

 

膨らんだ風船がどれほどの爆発を起こすか見ないと気が済まないほどに…。

 

軍人の多くが隠し持つ、「戦争を欲する思い」の強さにもっと注意を払うべきだったと櫂は後悔しそうですね。

 

<< 233話 一覧 235話 >>
アルキメデスの大戦(映画)無料で動画配信フル視聴する方法!openloadやB9は安全に見れない?
映画『アルキメデスの大戦』のフル動画を安全に無料視聴する方法 映画『アルキメデスの大戦』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられて...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました