スポンサーリンク

寄生列島18話ネタバレ考察感想あらすじ!チェーンソーウーマン登場!

漫画ネタバレ

2020年9月19日発売の週刊ヤングマガジン2020年43号で、『寄生列島』18話が掲載されました。

 

『寄生列島』18話は、独裁者桂に抗い続ける千尋達との攻防に終止符が打たれます。

 

そして、この寄生虫による感染症が起きている島の秘密が露わになります。

 

本記事では、『寄生列島』18話『終わりの始まり』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 17話 一覧 19話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

寄生列島18話のあらすじネタバレ

自警団を結成し、銃も手にして独裁者となり正義を振りかざす生徒会長桂。

 

その桂に抗うべく立ち上がった千尋でしたが、桂の命令に従う空手部員に手により危機が訪れました。

 

しかし、『東京もん』の千尋も今はもう一人ではなく、寛太と駒井が助けに来てくれました。

 

桂に対し、もうこんなことはやめましょうと駒井は言いますが、誰に口をきいていると桂は聞く耳を持ちません。

 

襲い来る空手部達に、寛太はバットで対抗しますが、木製のバットは軽々と折られてしまいました。

 

打つ手もなく立ち尽くす寛太を襲う空手部員。

 

その顔面に駒井の投げた野球ボールがヒットし、難を逃れました。

 

廊下で起きた争いに、もう辞めさせてと桂に訴える千尋でしたが、何も言わず桂は寛太に銃口を向けます。

 

隙を見て桂に体当たりした千尋のおかげで、その弾丸は天井を穿ちました。

 

静まりかえった暴動の中、駒井と寛太の腕を掴んで駆け出す千尋。

 

教室に閉じ込められた女子達も、寛太と駒井によって既に救出され、さらには追ってくる空手部員の対抗策まで講じていました。

 

階段を降りてくる空手部員達の足下に、ロープを設置し、一斉に引っ張る女子生徒達。

 

つまずいた空手部員がまるでドミノ倒しのように階段を転げ落ちました。

 

続いて上階の追っ手に対して、駒井のバッティングが炸裂します。

 

狭い階段で所狭しと跳ね回るボールに空手部員達は怯みました。

 

そのドアへ向かいますが、頑丈に施錠された鎖は太すぎて切断することも出来ません。

 

南京錠をたたき壊そうとしますが、駒井のバッティングでもそれは叶いませんでした。

そうこうしているうちに、発砲されました。

 

廊下の壁を穿ったその弾を前に、さすがの千尋も黙るしかありませんでした。

 

自分に従わない千尋達に対し、『粛正』の名目で銃を向ける桂。

 

そんな矢先、ドアからチェーンソーが突き破ってきました。

 

施錠も難なく破壊し、やって来たのは前回逃走に成功した保険医の先生でした。

 

くわえ煙草でチェーンソーを構える保険医が連れてきた、大人達という援軍によって桂は取り押さえられました。

 

独裁者の鎮圧によって今回の騒動は一件落着に思えましたが、研究者蜷川と町内会長である鴻島の姿を見つけた千尋はこっそり2人の会話を盗み聞くことにしました。

 

桂の感染にショックを受ける鴻島でしたが、この島の秘密がわかったと蜷川は意気揚々と告げます。

 

誤魔化そうとする鴻島でしたが、蜷川が出した『給水塔』というワードにその表情は一変します。

 

そんな話を聞いていた千尋はその夜、寛太・駒井・委員長の4人で給水塔に向かいました。

 

子どもの頃に塔の回りで遊んだことはあっても、中に入るのは初めてという島民の3人。

 

最下層までたどり着くと、4人の眼前に広がるスペースや柱には無数の虫という理解しがたい状況が待っていました。

 

一方、作中最初の感染者である莉子はうなり声を上げ、その皮膚には夥しい血管が浮き出て背中も隆起し、人ならざるモノに変貌を遂げようとしていました。

 

スポンサーリンク

寄生列島18話の感想と考察

あっさり終わってしまった、独裁者桂編とでもいうような展開でした。

 

前回の逃げ方を見ると、保険医の先生は絶対千尋達を囮にして逃げたように思えましたが、そんな見方をしてしまって謝罪したいほどかっこよく登場して助けてくれました。

 

果たしてチェーンソーで太い鎖を切れるのかはわかりませんが、糸のこぎりのようなものでチャレンジしていた寛太には、もっと他にあっただろと突っ込まざるをえません。

 

そしてなんでも野球スキルで解決しようとする駒井も断念する南京錠。

 

意外と戦闘になると野球スキルの高さは証明されましたが、他の野球部員も集めたらもっと戦えるのではないかと思いました。

 

この桂編では、千尋の仲間に駒井と委員長が加わったという意義のあるパートだったのではないかと思います。

 

その証拠に、次の展開である『給水塔』にはちゃんと4人で行動しているのが良かったです。

 

始めは『東京もん』と呼ばれて疎外されていた千尋でしたが、彼女自身の行動によって仲間を増やしています。

 

だから自分の出身だとか周りの目だとか関係なく、正しいと思うことを曲げずに行えば認めてくれる人はいるということが描かれていたと思います。

 

そして給水塔では言及はされていませんでしたが、恐らくあの寄生虫が大量にいるように見えます。

 

鴻島が隠したがっていたところをみると、飼育されているのかもしれませんが、莉子の変貌という更なる展開に全く予測が付きません。

 

<< 17話 一覧 19話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 寄生列島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました