スポンサーリンク

アグラビティボーイズ5話ネタバレ考察感想あらすじ!高次存在さん、再々訪!

アグラビティボーイズ

2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプ2020年8号で、アグラビティボーイズ5話が掲載されました。

 

4話は、水浴びを含めたクリスのサービスシーンが多い回でした。

 

水中訓練が苦手だったクリスのことを慮った三人が励ましに行くなど、涙ぐましい記憶もありましたが、1話のジェナダイバージョンの存在により、未だサガ、ゲラルド、ババの三人はクリスに対する精神的動揺は計り知れないものでした。

 

こうしてクリスは三人に対して僅かな疑念を抱きながらも、しかし共同の生活者として彼らを認めていたのでした。

 

そして、設置したレーダーに何かしらの反応があったところで今回につながります。

 

本記事では、アグラビティボーイズ5話「Live to Tell the Tale」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

アグラビティボーイズ5話のあらすじネタバレ

ぴんぽーん、という情けない音と共に現れたのは、3話ぶり、3度目の登場となる高次存在さんでした。

 

前回のぴこん、の正体はもしかしたらこれだったのかもしれません。

 

以前、インターフォンを押してくれという言葉に沿ってしっかりとババが作ったインターフォンを押してやってきた高次存在は四人の人類に対して相変わらずといった評価を下します。

 

サガはこれまでの高次存在に引っ掻き回されたあれこれを思い出してほだされかけている二人を諫めます。

 

そして高次存在にも礼を欠かずにしっかりとお茶をだすクリスに対して、サガはトラブルを持ち込んだのでは、と訝しげです。

 

ババが「指定したものをよこすとか」と冗談交じりに言った言葉に対して、高次存在は一理あるな、と同意します。

 

驚く四人に対して、四人とも好きなものを言ってよいと促します。

 

思わず止めに入るクリスは、高次存在がこれまでもたらしたものを思い返し彼は怪しんでいました。

 

それはサガとババも同じく、ゲラルドも高次存在をサディストなのでは、と推測します。

 

高次存在はゲラルドの言葉をすぐさま肯定し、だからこそ高次存在自身の甘寧邪智に抵抗してみせよ、と言います。

 

この言葉に人類代表の四人も当然憤り、高次存在の思惑を超えて利用する番だと意気込みます。

 

一番槍のサガは、大好きなスニーカーを諦め、壊れた宇宙船のパーツを欲します。

 

ゲラルドもおっ……エッ……と意味深な言葉を零すものの、最終的にはα・ジャンブローの地質データを欲します。

 

クリスは安定ともいうべきか、しっかりとα・ジャンブローに存在する人間の体に有害なウィルスや病原菌のデータを欲します。

 

そして、最後、残されたババを振り返った三人は、彼が高次存在から何かしらの干渉を受けているのに気付きます。

 

しかし高次存在は干渉はしておらず、第三の手を使って会話をしているだけと言います。

 

そしてそれをインターフォンを押させた代償としていて、思わずサガが突っ込みます。

 

そして会話の末、どう見ても高次存在側に落ちたとみられるババが登場します。

 

名付けて闇のババ。

 

しかも高次存在は四人の中から一人だけ欲しいものを与えることにする、と言い始めたのです。

 

高次存在とは言え欲しいものを言わせただけであり、初歩的な詐欺に四人が引っかかっただけでした。

 

そして闇ババは迷うことなく「女子」と答えるのでした。

 

高次存在はそれを聞くと四人は戦いの舞台に強制的に移動させられます。

 

そこは23km離れた場所にある山岳地帯にあるたくさんの人間を乗せることができる葉の上でした。

 

ゲラルドがその葉を調べようとすると、そのすきをついた闇ババがゲラルドに突進します。

 

それをすんでのところで止めたサガが葉から落ちてしまうのです。

 

ゲラルドも眼鏡を失いあえなく落下、残るクリスに闇ババが迫ります。

 

しかし、その時、ババが突然苦しみだしたのです。

 

闇のババに対して、元のババがあらがっていたのです。

 

そして、性欲を超えたその先にあるナカマ、という究極の答えにたどり着いたババは、光のババへと変化したのでした。

 

スポンサーリンク

アグラビティボーイズ5話の感想と考察

今回は比較的普通だったのかな、と結論を見ると思うのですが、やっぱりちょっと変わった連載ではあることに違いはありません。

 

闇のババ、光のババ、はこの後も尾を引くような気がします。

 

事あるごとにババの性格が入れ替わったりする、という展開が期待……はしたくありませんが、ひっかき回されそうな予感がしますね。

 

また、結果としてクリスは戦場となった葉が有益なサンプルとなるため持ち帰り、これでまた一つα・ジャンブローの謎が一つと言わず、いくつか解け、さらにこの星に生き物がいるか、そしてババやサガ、ゲラルドの求めるおっぱいの大きなお姉さんらしき生命体がいるのかどうか、大変期待が持てますね。

 

これからもアグラビティボーイズから目が離せませんね。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました