スポンサーリンク

キングダム654話ネタバレ考察感想あらすじ!徐々に圧倒し始める楚軍

漫画ネタバレ

2020年9月17日発売の週刊ヤングジャンプ2020年42号で、『キングダム』654話が掲載されました。

 

キングダム654話は、魏軍は楚軍相手に互角以上に渡り合っており、戦いを優勢に進めていたのです。

 

優勢に戦いを進められるのは呉鳳明の指揮によるものであり、什虎王も称賛していました。

 

一方の秦軍はと言うと、一進一退の攻防がやっとであり、とても魏軍と足並みを揃えて挟撃を仕掛けられる状態にはありませんでした。

 

それ故か、秦軍の動きの遅さに魏の武将達は苛立ちを露わにしていました。

 

果たして、作戦通りに事を進めることが出来るのでしょうか。

 

本記事では、キングダム654話『楚にあらず』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 653話 一覧 655話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム654話のあらすじネタバレ

昔、満羽は広大な戦跡がある土地、累々として転がっている遺体の数々を見て、何かを思っている様子でした。

 

そして現在に至り、龍范率いる軍勢は玄右の軍勢に突っ込んできて、しかも一気に押しているので、玄右の軍勢は崩壊寸前の第一陣から第二陣の軍勢を送り込みます。

 

白麗は玄右軍の援護をするために、弓矢の雨を降らせていき、龍范の軍勢に損害を与えていったのです。

 

その隙に荀詠の軍勢が一気に攻め込もうとしており、馬介率いる軍勢もそのあとに続きます。

 

寿胡王がいる本陣には玄右の軍勢が苦戦している報告が上がっていくも、寿胡王は玄右の事を信頼しているのか、特に心配はしていませんでした。

 

寧ろ呉鳳明の事を褒めており、三軍のいずれの主攻なのか、全主攻なのか、最右翼の軍勢を動かすのかと言う策をギリギリまで悟らせない手腕が良い、と評していたのです。

 

玄右に関しては、玄右に任せろ、と言う命令を伝令に伝えるのでした。

 

秦軍の本陣では魏軍の動きが素早い事に蒙殻を始めとした本陣の者達は驚いており、しかも秦軍はまだ第一陣も突破していなかったので、間に合いそうにありません。

 

この光景は魏の本陣にも見えており、自分達から友軍を頼んでおいて後れを取るとは、と不満を言う者もいれば、李牧クラスでなければ呉鳳明の采配にはついていく事は不可能なのだから仕方ない、と蒙殻に哀れみの言葉を言う者もいたのです。

 

更に、せめて昌平君を戦場に連れてくるべきだった、魏と秦の進軍の速さの差が出てくる、と言いたい放題言い始める魏の武将達に、そうとは限らない、と言う呉鳳明。

 

呉鳳明は、皆の言う通り蒙殻では自分の采配についていくことは出来ない、と言いつつ、その遅れを取り戻す事ができるくらいの強者達がいる、と言ったのです。

 

実際、前線で戦っている蒙武軍と騰軍がかなり相手を押しており、雑兵達も後に続けと言わんばかりに突撃して相手を押し始めていました。

 

この光景に驚きを露わにしている魏の武将達を尻目に呉鳳明は、騰は軍師クラスの頭脳を持ちながらも武にも秀でていて、蒙武は力任せの武将だがその武は状況をひっくり返すくらいの破壊力がある、と心の中で冷静に分析していたのです。

 

そして魏の武将達に、同盟を解消したら真っ先に倒すのはあの2人だ、と呉鳳明は言うと寿胡王に対して、このままでは挟撃を食らう事になるがどうするつもりだ、と不敵に心の中で呟いていました。

 

その寿胡王の元には、満羽の第一陣が押されている、玄右軍も押されている、千斗雲軍は未だに孤立している、と言う報告が次々と舞い込んでいたのです。

 

寿胡王は話を聞いて流石に指示はしないといけないかと思ったのか、玄右には1000の兵を送れ、騰には項翼をぶつけろ、と命じましたが満羽には何も命じませんでした。

 

それ以前に現状では特別な指示は必要ない、と言う寿胡王。

 

実際、玄右と満羽の第二陣の精鋭部隊が魏軍と秦軍を圧倒し始めていきました。

 

寿胡王は、今什虎城に所属している兵は滅ぼされた小国の出身だが、国は滅びても戦にだけは負けず、楚軍を幾度となく返り討ちにしてきた怪物だ、と評したのです。

 

そして玄右は、魏の武将の馬介の首を跳ねました。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム654話の感想と考察

最初のうちは押しているように見えましたが、段々押され始めてきた感じですね。

 

寿胡王にとって、満羽達にとってはこの戦いは左程重要なものではないと感じており、偶々魏軍と秦軍が自分達の元に遊びに来てくれたから軽く相手してやるか程度にしか見えていないのかもしれませんね。

 

実際、特別な指示を下さなくても玄右、満羽、千斗雲が相手を圧倒しているのですから、彼らの身に余程の事がない限りはきっと指示するような事はしないでしょうね。

 

それにしても楚軍を相手にして、問題なく勝利しているのにも関わらず国を建てないのは変だなと思いますね。

 

きっと、戦においては抜群の働きを見せるも政治面では余り役に立たないからでしょうね。

 

次回655話からは、最初に先行していた魏軍が押されていく事になるのではないでしょうか。

 

寿胡王は玄右に任せれば如何にかなると思っていますし、特別な指示は必要ないと思っている様子ですが、突出した魏軍にある程度の打撃を与えればいいと思っている筈です。

 

それ故に精鋭部隊に苦戦している魏軍に更なる軍勢を送り込んで、圧倒させていくのではないかと思います。

 

逆に秦軍のほうは満羽に任せればいいと思っているので、特に指示はしないでしょうね。

 

<< 653話 一覧 655話 >>
キングダム1期(アニメ)anitubeやB9で無料視聴は危ない?動画配信フルで全話見れる安全な方法!
アニメ『キングダム1期』のフル動画を安全に無料視聴する方法 アニメ『キングダム1期』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画を全話フルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられて...
キングダム(映画)9tsuやmiomioで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!
映画『キングダム』のフル動画を安全に無料視聴する方法 映画『キングダム』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました