スポンサーリンク

ゴールデンカムイ252話ネタバレ考察感想あらすじ!ビールに酔ってしまう杉元達

漫画ネタバレ

2020年9月17日発売の週刊ヤングジャンプ2020年42号で、『ゴールデンカムイ』252話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ252話は、二階堂を見つけたので杉元は彼に対して銃を構えるも、真横から鯉登が襲い掛かってきたので、問題なく回避します。

 

その際、ビールが入っている樽に当たってしまい、鯉登に命中します。

 

二階堂は銃による攻撃を繰り出したが杉元には当たらずとも、アシリパには当たりそうになってしまったので、月島が止めたのです。

 

杉元と鯉登が激しい戦いを繰り広げている間、菊田が杉元を狙っていました。

 

果たして、杉元達はこの窮地を切り抜ける事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ252話『貯酒室』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 251話 一覧 253話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ゴールデンカムイ252話のあらすじネタバレ

弟の仇を言わんばかりに二階堂は憤怒の表情を杉元に向け、対する杉元は冷静に銃を構えます。

 

杉元の真横から突然鯉登が現れて、刀を振るってきたが杉元は難なく回避したのです。

 

そして刀はビールの樽に命中し、それによって樽が破損してビールが鯉登に命中しました。

 

そして二階堂は拳銃による攻撃を繰り出したが、狙っていた杉元には命中せず、代わりに杉元を守ろうとしていたアシリパに当たりそうになっていたのです。

 

月島はアシリパに死なれては困るので、二階堂を何とか窘めようとしていて、その間に再び鯉登が襲い掛かってきたのです。

 

杉元は銃弾を浴びせようとするが鯉登が銃を掴んで銃口を自分に当たらないように軌道を変えたので当たらずに済み、今度はこっちの番だといわんばかりに刀を振り落とします。

 

対する杉元は鯉登の懐に入り込んでタックルして鯉登の体勢を崩し、すぐさま顎に向かって頭突きを叩き込んだのです。

 

今もなお二階堂を抑えている月島を尻目に菊田は沢山のビールの樽の上におり、銃で杉元を狙っていました。

 

杉元は鯉登との戦いに夢中で気づいていませんでしたが、気づいた牛山がビールの樽を押す事で菊田のバランスを崩し、銃撃を阻止したのです。

 

しかし、この事によって2つの樽が壊れ、中から大量のビールが出てきました。

 

戦いに夢中になっていた2人が気付いた時には既に迫っており、アシリパは既に避難していたのです。

 

そして2人はビールを滅茶苦茶飲んでしまい、しかもビールに流されてしまい、月島と二階堂まで巻き込みました。

 

何かしらの音がすると感じた白石は向かうと、杉元達がビールに流されていたので巻き込まれないように逃げ出したのです。

 

何て爽やかな喉越しなんだ、と呟いた杉元だったが完全に酔っぱらってしまいます。

 

幾らアルコール度数の低いビールでも一度に大量の飲んでしまえば、血中のアルコール濃度が急上昇し、泥酔状態になるのです。

 

二階堂は杉元を見つけたのですが、酔っぱらっていたのですっ転んでしまいました。

 

杉元は、自分は不死身の男だ、と言って構えるも酔っぱらっているのでフラフラになっており、しかも同じく酔っぱらっている月島に殴られて倒れてしまったのです。

 

鯉登に至っては、完全に泥酔していました。

 

そして難を逃れたアシリパは、同じく難を逃れていた菊田に捕まってしまい、ビール工場から連れ出されたのです。

 

アシリパは何とか脱出するためにトリカブトの毒が塗られている矢を菊田の鼻に突っ込み、降ろせ、と要求してきたので菊田は要求に従いました。

 

尾形はアシリパに向けて銃を構えながら、2人の会話を聞いていました。

 

アシリパは矢を射る体勢をとっており、動いたら顔まで届くぞ、と脅しをかけます。

 

そうしたら菊田は、何で7人のアイヌが命を落とすことになったのか知りたくはないのか、と言うとアシリパは動揺したのです。

 

続けて、自分と鶴見は殺害現場に来ていて、遺品や遺体を回収した、と告げました。

 

そこへ宇佐美が密かに近寄っていたのです。

 

その事に気づいていない菊田はアシリパに、鶴見に会えば父親の身に何があったか分かるはずだ、と言って丸め込もうとしていました。

 

尾形は、このままでは鶴見の手に渡る、と思って銃を構えたのですが、頭巾ちゃんに阻止されたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ252話の感想と考察

今回の話で、杉元を始め、菊田や宇佐美以外の第七師団の面々がビールを飲みましたが、正直大丈夫なのかなと思いましたね。

 

アルコール度数が低いとはいえ、ビールをあれだけ飲んでしまえば、体に悪影響を与えてしまうのではないでしょうか。

 

良い方向に考えれば、今回彼らが飲んだビールのアルコール度数が低かった事が良かったと考えるべきかなと思いましたね。

 

もし今回飲んだビールのアルコール度数が大きければ、間違いなく死に至る可能性もありましたし、取りあえず良かったです。

 

そしてその間にアシリパが菊田に父親の死の真相を知りたくないかと誘惑をされていましたが、彼女はどう選択するのか気になりますね。

 

次回253話は、アシリパが菊田について行く事になるんじゃないかなと思います。

 

アシリパの父親は既に命を落としていて、何で命を落とす事になったのかは分かっていませんし、菊田も嘘をついているとは思えません。

 

もし菊田の言う事が本当なのであれば、アシリパからすれば愛する父親が何で命を落とす事になったのか知りたくなり、ついていく事になるのではないでしょうか。

 

仮に断ったとしても、菊田の言葉で動揺しているので矢を射る事は不可能なはずなので、ついていく事になると思います。

 

<< 251話 一覧 253話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました