スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊235話ネタバレ考察感想あらすじ!柱に現れた2人の人物とは?

漫画ネタバレ

2020年9月16日発売の週刊少年マガジン2020年42号で、『炎炎ノ消防隊』235話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』235話では、夜になり柱のことを報じていカメラマンが空の光の中に人影を見つけました。

 

そして、その人物は巨人として現れて驚きの行動に出ました。

 

そこに現れた巨人は誰で、その巨人は何をしたのか?

 

その後、その柱に誰もが知る彼がやってきました。

 

そこにやってきたのは誰か?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊235話『救世主』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 234話 一覧 236話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊235話のあらすじネタバレ

「本田弾ロスト‼︎」

 

自ら砲弾となり巨人に向かって飛んでいて行ったグスタフは弾かれてしまいました。

 

それにより、双眼鏡でグスタフのことを見ていた隊員の視界から消えてしまいました。

 

この問い、ジャガーノートは行方不明になってしまった大隊長のことを心配していました。

 

一方、大黒と黒野は巨人のことについて話をしていました。

 

強力な破壊力を誇るグスタフの頭突きでも無傷だった巨人。

 

それに対して黒野は撤退した方がいいのではないかと思っていました。

 

しかし、そんなの関係ないと思っていた大黒はなんとかするよう黒野に指示。

 

それに対して、安月給にもかかわらずあの巨人と戦うことに対し不満を言いますが、自分自身の能力で作った刃物を持って柱に向かって飛んで行きました。

 

日が沈み、多摩湾にやってきたキャスターが消防隊と巨人の戦いのことを報じていました。

 

その最中に突然光が出現したので、カメラマンはその光にカメラを向けました。

 

そして、その光の中に人影を目撃したので、カメラマンはそこにカメラを向けました。

 

「ラフルス?」

 

光の中にラフルスの姿をみたカメラマンは驚いていました。

 

ラフルス一世は柱の大いなる巨人として新たに登場しました。

 

「ラートム」

 

ラフルスが祈りを捧げた瞬間、空に異変が起きました。

 

彼が祈りを捧げると柱を中心に衝撃波のような模様が出てきました。

 

そして、空には光り輝く星と黒く光る星が浮いていました。

 

空の異変に関してオグンは不安を抱いていました。

 

一方、パーンは“人のイメージの爆発”とこの状況を表現しました。

 

そして、民間人たちは彼が我々を救ってくれると思っていました。

 

「ラートム」

 

ラフルスが再び祈りを捧げると、パーンの目の前で爆発が起きました。

 

爆煙の中、パーンは最初に現れた舵輪のような巨人を見ていました。

 

その巨人の先端が光ると山を真っ二つにするような爆発が起きました。

 

爆発に巻き込まれて負傷者した民間人は、ラフルスが怒っていると思って許しを求めていました。

 

一方、爆発に怯えたキャスターにカメラマンはキャスターに声をかけますが、そのキャスターは焔ビトになってしまっていました。

 

「カメラさえあれば十分だ‼︎」

 

焔ビトになったキャスターに失望したカメラマンは、自分だけでも撮影を続けようとしていました。

 

その時、カメラマンは何か飛んでいるものを見つけました。

 

「大災害止めるマンだ‼︎」

 

カメラマンが見たのは鳥や飛行機ではなく空を飛んでいるシンラでした。

 

そして、シンラは最初に現れた舵輪のような巨人の上からラフルス一世を見ていました。

 

「観測しろ‼︎どちらが本当の救世主か‼︎」

 

フェアリーは2人の戦いに注目していましたが、柱の上にはフェアリーだけではなく“大災害執行特化部隊”の面々が集まっていました。

 

そして、最初に現れた巨人に黒野は座ってシンラとラフルスの戦いを見ようとしていました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊235話の感想と考察

まず、舵輪のような巨人に攻撃を放つもののどこかに行ってしまったグスタフ。

 

今回の巨人は強敵ですね。

 

しかも、そこに新たな巨人が登場。

 

それはラフルス一世でした。

 

しかし、ラフルスはヨナが殺害しているので、そこにいるのは彼のドッペルゲンガーだと思われます。

 

そもそも、ここにラフルスが現れるのは予想外でした。

 

過去の話を踏まえると最後に現れるのはバーンズそっくりの鬼だと思っていたのでこの展開は予想外でした。

 

そして、ラフルスが祈りを捧げた瞬間、最初の巨人の攻撃で山を真っ二つにするように爆発。

 

ここでも一つ予想外と思っていたことがあり、それは最初の化け物の攻撃方法。

 

中心の星からビームを放って攻撃すると思ったら柱の先端が光ったことによって山を破壊したようです。

 

その後、シンラが柱のもとにやってきました。

 

一柱目の時はジャガーノートの砲撃を受けて気絶しているのでシンラにとっては初めての戦いです。

 

しかも、柱の上には“大災害執行特化部隊”が集まっていますが、どうやらドラゴンはそこにはいないようです。

 

どこにいるのでしょうか?

 

そして、次回はラフルス&舵輪のような柱vs.シンラになると思いますが、タイトルの『再会』と言うことを踏まえるとショウがやってきてシンラと共闘するに違いないと思います。

 

<< 234話 一覧 236話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました