スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ174話ネタバレ考察感想あらすじ!追い詰められたイザナの驚きの行動

漫画ネタバレ

2020年9月16日発売の週刊少年マガジン2020年42号で、『東京卍リベンジャーズ』174話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』174話は、マイキーの「救いたい」発言を拒絶したイザナの攻撃か始まります。

 

しかし、イザナの攻撃はマイキーには当たらず、逆に今まで回避できていたイザナが攻撃を受けてしまいます。

 

そんな彼はマイキーの後ろに2人の姿が見えていましたが、その人物とは?

 

そして、追い詰められたイザナは稀咲からあるものを奪い取りました。

 

それは何か?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ174話『Nothing is left』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 173話 一覧 175話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ174話のあらすじネタバレ

「オレはオマエを救いたいんだ」

 

イザナを救いたいということをマイキーは告げました。

 

そんな彼の想いを拒絶したイザナを蹴り飛ばそうとします。

 

しかし、マイキーはその攻撃を顔面に当たるギリギリのところで回避します。

 

回避されたことに驚いたイザナ。

 

この時、攻撃を回避したマイキーはもうイザナの攻撃は当たらなという自信を持っていました。

 

そんなマイキーはイザナの顔面目がけて強烈はパンチを放ちました。

 

パンチをまともにくらってしまったので、イザナは白目を向いてしまいました。

 

さらに、マイキーはイザナの右のこめかみ付近目がけて強烈な蹴りを放ちました。

 

蹴りをまともに喰らってしまったので、イザナはその場に倒れてしまいました。

 

マイキーの攻撃を直撃したことに驚いたタケミチ。

 

一方、鶴蝶はイザナがダウンしたことに驚いて彼の名前を叫んでいました。

 

そして、稀咲は真剣な表情で見ていました。

 

これで勝負がつくと思いきや、イザナはすぐに立ち上がってきました。

 

この時、タケミチはすぐに立ち上がったイザナに対して驚いていました。

 

マイキーの攻撃をまともに喰らったにもかかわらずすぐに立ち上がってイザナは、この戦いが楽しくなったと思い興奮。

 

そんは彼はすぐにマイキーの顔面目がけて右ストレートを放ちますが、簡単に回避されてしまいます。

 

回避されたことにまたしても驚くイザナ。

 

そして、すぐにマイキーは彼の腹にパンチを放ちました。

 

「オマエさえ心を開けばエマもオレも快く受け入れた」

 

パンチを苦しんでいるイザナ。

 

そんな彼に向かって心を閉ざして兄弟を愛そうとしないしてことにマイキーは怒っていました。

 

それに対して、イザナは激怒。

 

「なんでだよイザナ‼︎!」

 

マイキーがイザナに向かって叫んだ時、彼は真一郎と雨の中で口論している時にマイキーが発したこの一言と同じことを言っていたことを思い出しました。

 

「うるせぇええ‼︎」

 

叫んだイザナはマイキーに向かって行きますが、カウンターをまともに喰らってしまいます。

 

「なんでそっちにいるんだよ」

 

マイキーのパンチをくらったイザナにはマイキーの後ろに真一郎とエマの姿が見えており、そのことに対して彼は納得がいっていませんでした。

 

イザナは再び叫んでから稀咲のもとに向かいました。

 

彼の狙いは稀咲がずっと持っていた拳銃。

 

そして、奪い取った拳銃をマイキーに向けがらこう言いました。

 

「喧嘩でまで負けたら全部なくなっちゃうだろ?」

 

墜ちるところまで堕ちたというような表情でイザナを見つめるマイキー。

 

一方、この状況に危機感をタケミチは抱いていました。

 

そして、イザナは母親とのやり取りを思い出しました。

 

「これからは一人だから生きなさいよ」

 

涙を流しながら言っていた母親のこの一言を思い出したイザナ。

 

そんな彼の目は潤んでいました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ174話の感想と考察

「救いたい」とマイキーが言ってからイザナの調子がおかしくなった今回。

 

まずは今まで当たっていた攻撃が回避されてしまう点について。

 

これは、マイキーの発言によってメンタルに影響を受けただけではなく、攻撃を回避ではなく防御し続けたことによるダメージも原因の可能性がありそうです。

 

また、攻撃を見切ったと言っていたにもかかわらず直撃受けたのも、回避された理由と同じかもしれません。

 

ただ、攻撃を受けたのはもう一つ理由があると思います。

 

それは、イザナに真一郎とエマが見えたとうこと。

 

この2人がマイキーの精神的支えとなっていて、マイキーを強くしたからということもありかもしれません。

 

ちなみに、2人の姿が見る前に真一郎との回想が入っていました。

 

この場面はイザナが黒龍の総長時代のワンシーンだと思います。

 

そして、「なんでだよ」と言うのは、黒龍をなぜ自分が理想としていたチームとは全然違うものにしたのかと言う問いが込められていたと思います。

 

そして、追い詰められたイザナは稀咲から拳銃を奪い取ってマイキーに向けました。

 

拳銃はまた使う場面があると言うのは予想していましたが、マイキーとイザナの対決後に稀咲が使うと思ってたので、この展開は予想外でした。

 

果たしてイザナは撃つのか?

 

次回がとても楽しみです。

 

<< 173話 一覧 175話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました