かぐや姫の物語|無料で動画フル視聴できる公式配信サイトを紹介!【アニメ映画】

映画無料視聴
©2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『かぐや姫の物語』のフル動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『かぐや姫の物語』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『かぐや姫の物語』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ無料視聴/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『かぐや姫の物語』を
無料動画共有サイトで検索

YouTube

pandora.tv

Dailymotion

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

『かぐや姫の物語』の各動画配信サービスの配信状況

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
30日間

1100P付与

公式サイト

31日間

600P付与

公式サイト

2週間

最大900P付与

公式サイト

2週間

公式サイト

31日間

公式サイト

30日間

1600P付与

公式サイト

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

『かぐや姫の物語』は動画配信サービスでは配信されていないよ。だけども、TSUTAYA TV/DISCASの宅配レンタルサービスなら、DVDを無料で借りることができるよ。DVDは自宅まで届けてくれるし、返すときは郵便ポストに投函するだけだからとっても便利だよ。

それは楽チンでいいね。

18

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

TSUTAYA TV/DISCASは、大手レンタルサービスTSUTAYAが提供するサービスであり、ネットで動画視聴ができる【TSUTAYA TV】とDVDの宅配レンタルができる【TSUTAYA DISCAS】の複合サービスです。

動画配信がされていない作品でも大丈夫!ボタン一つでDVDが自宅に届きます!

DVDレンタル最大手のTSUTAYAだからこそできるサービスにより、あなたの「見たい!」がきっと見つかります。

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,417円(税別)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

18

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよね。

送料無料も嬉しいね。

ジブリもお任せ!

ジブリ作品は、現在のところ、日本のどの動画配信サービスでもネット配信は一切されておらず、視聴するにはDVDを買うか借りるかしか方法はありません。(※テレビ放映は除きます。)

そこでおすすめなのが、TSUTAYA DISCASです!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

 

つまり、ジブリ作品のほぼすべてが旧作ですので、無料でレンタルすることができるのです!

レンタル可能なジブリ作品一覧

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

など

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『かぐや姫の物語』の作品紹介

「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」の巨匠・高畑勲監督が、日本最古の物語文学『竹取物語』を、アニメーションの地平を切り開くべく野心的な映像表現を駆使して描き出す長編ファンタジー・アニメーション。声の出演は朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子。竹林にやって来た翁は、光る不思議な竹に気づき、近づくと小さな女の子が現われた。女の子を連れ帰った翁は、媼とともに自分たちの子として大切に育てる。女の子は捨丸ら村の子どもたちと元気に遊び回り、すくすくと成長。翁は娘を立派な女性に育てようと、都に移り住み、教育することに。そして美しく成長した娘は、かぐや姫と名付けられる。やがて姫の美しさを聞きつけ、5人の求婚者が現われるが…。

声優

かぐや姫:朝倉あき

翁(おきな):地井武男三宅裕司(特別出演)

媼(おうな):宮本信子

捨丸(すてまる):高良健吾

女童(めのわらわ):田畑智子

相模(さがみ):高畑淳子

斎部秋田(いんべのあきた):立川志の輔

炭焼きの老人(すみやきのろうじん):仲代達矢

車持皇子(くらもちのみこ):橋爪功

石作皇子(いしつくりのみこ):上川隆也

阿部右大臣(あべのうだいじん):伊集院光

大伴大納言(おおとものだいなごん):宇崎竜童

石上中納言(いそのかみのちゅうなごん):古城環

北の方(きたのかた):朝丘雪路(友情出演)

御門(みかど):中村七之助

スタッフ

監督・原案:高畑勲

脚本:高畑勲、坂口理子

企画:鈴木敏夫

製作:西村義明

音楽:久石譲

編集:小島俊彦

制作会社:スタジオジブリ

美術:男鹿和雄

作画監督:小西賢一

『かぐや姫の物語』と併せて観たい作品紹介

朝倉あき出演作品

  • 仮面病棟
  • グランメゾン東京
  • 21世紀の女の子
  • 歌舞伎町弁護人 凛花
  • 帽子

 高良健吾出演作品

  • カツベン!
  • 人間失格 太宰治と3人の女たち
  • 葬式の名人
  • アンダー・ユア・ベッド

『かぐや姫の物語』の感想

20代女性
20代女性

日本の古典名作を、高畑勲監督なりの解釈によって描かれています。手書き風のイラスト構成で、古き良き日本の情景や人々の素朴さが表現されていると感じました。映画のキャッチフレーズが「姫の犯した罪と罰」であり、元の昔話ではかぐや姫は月で罪を犯した罰として地球に来ていますが、この映画での解釈は少し違います。私個人としてはもしかしたら地球に憧れ続けたことが罪だったのではないかと思っています。映画の中では、姫が自然や人々と触れ合う自由を愛する様子が、姫らしく貴人らしくと押さえつけられる貴族の生活と対比的に描かれています。そしてその映像を彩るBGMの曲たち。エンディングの曲「いのちの記憶」も地球に触れたあとの姫の感情を表しているようであり、私たち人間の命の輪廻を歌っているようであり、身体に深く染み渡っていきます。物語が終わった後、地球に触れる前の感情のない日々と地球を知って生命の営みの素晴らしさを知ってしまったあとの日々のどちらが幸せかは、月に戻った姫にしか分からないのです。

20代男性
20代男性

かぐや姫の物語は高畑勲監督の監督最後の監督作品であり、アカデミー賞にノミネートされたことでも知られています。興行収入的にはうまくいかなかった事が報道されていたなど、そういった様々な情報がある作品ですが、シンプルに面白い作品だと私は思います。アニメ映画好きや映画好きにお勧めしたい一本で、子どもから大人までが気軽に見る作品というよりは、日本のアニメを伝統工芸的な目線で見るというのが正しい作品かもしれません。鳥獣戯画のような独特な絵が特徴となっていますが、ストーリーが日本人にとってなじみ深い竹取物語であるからこそ、違和感なく視聴できます。元の作品が有名だからこその表現技法だといえますし、その曲線は日本的な美しさを感じさせてくれます。北米で非常に高い得るに値する映像作品だとひしひしと感じさせてくれます。また、ストーリーに関しては大筋は原作のような展開をたどりますが、そのままのかぐや姫ではなく、うまく肉付けされているのも特徴的です。かぐや姫のキャラクターはもちろんですし、本筋を邪魔しないようなオリジナルキャラクターを非常に自然に盛り込んでいます。この自然さは高畑勲作品ならではといえます。また音楽も久石譲氏の映画の雰囲気をよりよくさせるものとなっています。音楽と映像の美を楽しみたい方は必見です。

10代女性
10代女性

基本的に竹取物語をモチーフにしているので、話の流れが小さい子供でもつかみやすいと思う。絵がとても綺麗で、まるで筆で一筆一筆繊細に描かれた絵が最初から最後までずっと続く。ココはさすがジブリというような絵の綺麗さ。また、姫の犯した罪と罰というサブタイトル?CMで流れたいた内容がこの一言だけですごく印象に残るので、先に予告映像やCMを見るだけで見るためのワクワク感が倍以上になってくれる。また、特に最後のシーンや、帝に会いに行った先で起こった出来事に関する考察がたくさんあり、自分で考察したり友人や家族と意見を交換しあってジブリ側が何を思って書いたのだろうという考察会なんてものも可能で、ジブリが最初から最後まで全て解説してくれたわけではないので、言い方を変えれば自分の好きなように解釈をすることが可能なので、かなり楽しい。見ている時も声優さんの素晴らしい演技と、見終わった後の圧倒的読了感がすごいジブリが好きなら絶対に見たほうがいい映画。

20代女性
20代女性

一度は見てみるべき作品だと思います。まず柔らかいタッチで描かれている作画がとても優しい感じがして心が落ち着きます。かぐや姫の成長シーンはとてもほっこりするので、おばあちゃんになったような気持ちで見れました。全体の雰囲気はどこか懐かしくて切なくなります。女の幸せとは何かについて考えさせられます。かぐや姫が成長するにつれて、親の想いとかぐや姫自身の想いがすれ違っていきます。おじいさん達はかぐや姫にとって最高の幸せを与えようと、色々努力します。ところが、おじいさん達が思うかぐや姫の幸せとかぐや姫が考えていることは全然違ってきています。おじいさんとかぐや姫がもう少し話し合っていれば、この結末にならなかったのかなとも考えてしまいました。後は“帝のアゴ”は、一見の価値ありです。友達や恋人と見ると楽しいかもしれません。「かぐや姫の物語」は、かぐや姫の心を描いています。かぐや姫の心に寄り添いながら、地球の自然や命あるものの豊かさを楽しむと作品をよりよく楽しめると思います。

50代女性
50代女性

最近は、映画で泣く事が余りなくなっていたのですが、この作品は大号泣してしまった映画のひとつです。ジブリ映画が大好きで、アルプスの少女ハイジや未来少年コナンくらいから、ほぼ全作品を見ていますが、ダントツで1番泣ける作品です。最初は絵もシンプルでジブリにしては地味な、らしく無い作品なのかと思っていました。たまたま、主人が観たいと言っていたので、高畑監督作品だし、観ておこう。くらいの気持ちで、さほど期待せずに観たのですが、物凄い大作でした‼︎何だろう、心の奥底に有る感情をめちゃめちゃ揺す振られる感じです。それが何だか分からないのですが、登場上人物の色々な思いが、ぐわっ‼︎と自分の中に入って来る感じ。あらすじは、いわゆる竹取物語がベースで、物語自体はそのままほとんどいじられていないのですが、しいて言えば、かぐや姫の幼少期からの生い立ちにスポットが当たっていて、かぐや姫がどの様な環境でどの様に育てられ、どの様に成長したか。そして、何の為に、下界にやって来たのか。。。高畑監督の解釈で演出されているのですが、女の生き方、天命、そして親心が痛いほど胸に突き刺さって来るのです。娘を持つ親の気持ちを思うと、ラストはもう涙を止める事が出来ませんでした。泣けます‼︎泣きたい方、心を大きく動かされたい方、必見です。

 

\今すぐ無料視聴/

※解約はボタン一つでとても簡単。

18

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました