紅の豚|無料で動画フル視聴できる公式配信サイトを紹介!【アニメ映画】

映画無料視聴
©1992 Studio Ghibli・NN

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『紅の豚』のフル動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『紅の豚』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『紅の豚』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ無料視聴/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『紅の豚』を
無料動画共有サイトで検索

YouTube

pandora.tv

Dailymotion

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

『紅の豚』の各動画配信サービスの配信状況

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
30日間

1100P付与

公式サイト

31日間

600P付与

公式サイト

2週間

最大900P付与

公式サイト

2週間

公式サイト

31日間

公式サイト

30日間

1600P付与

公式サイト

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

『紅の豚』は動画配信サービスでは配信されていないよ。だけども、TSUTAYA TV/DISCASの宅配レンタルサービスなら、DVDを無料で借りることができるよ。DVDは自宅まで届けてくれるし、返すときは郵便ポストに投函するだけだからとっても便利だよ。

それは楽チンでいいね。

18

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

TSUTAYA TV/DISCASは、大手レンタルサービスTSUTAYAが提供するサービスであり、ネットで動画視聴ができる【TSUTAYA TV】とDVDの宅配レンタルができる【TSUTAYA DISCAS】の複合サービスです。

動画配信がされていない作品でも大丈夫!ボタン一つでDVDが自宅に届きます!

DVDレンタル最大手のTSUTAYAだからこそできるサービスにより、あなたの「見たい!」がきっと見つかります。

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,417円(税別)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

18

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよね。

送料無料も嬉しいね。

ジブリもお任せ!

ジブリ作品は、現在のところ、日本のどの動画配信サービスでもネット配信は一切されておらず、視聴するにはDVDを買うか借りるかしか方法はありません。(※テレビ放映は除きます。)

そこでおすすめなのが、TSUTAYA DISCASです!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

 

つまり、ジブリ作品のほぼすべてが旧作ですので、無料でレンタルすることができるのです!

レンタル可能なジブリ作品一覧

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

など

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『紅の豚』の作品紹介

宮崎駿の短編漫画を映画化した長編アニメーション。ファシスト党の台頭する1920年代のイタリアを背景に、呪いを受けて“豚”となった中年パイロットの活躍を描く。森山周一郎がシブい声で扮する主人公・ポルコ・ロッソのダンディズムが光る秀作。飛行艇同士によるダイナミックな空中戦や、宮崎自身ファンである各機の細やかな設定も見どころ。飛行艇を操る空賊が横行していた、第一次大戦後のイタリアはアドリア海。賞金稼ぎの飛行艇乗りであるポルコ・ロッソは、空賊たちには天敵の存在。自分の顔を魔法で豚に変えてしまったポルコを何とかやっつけたいと一計を案じた空賊たちは、アメリカからスゴ腕の飛行艇乗りを呼び寄せ、彼に一騎打ちを迫る。

声優

ポルコ・ロッソ (Porco Rosso):森山周一郎

マダム・ジーナ (Madame Gina):加藤登紀子

フィオ・ピッコロ (Fio Piccolo):岡村明美

ピッコロおやじ (Mr. Piccolo):桂三枝(現・桂文枝 )

マンマユート・ボス (Mamma Aiuto Boss):上條恒彦

ドナルド・カーチス (Donald Curtis):大塚明夫

バアちゃん:関弘子

フェラーリン少佐 (Maj. Ferrarin):稲垣雅之

マルコ・パゴット (青年時代のポルコ・ロッソ):古本新之輔

写真屋:辻村真人

老人:矢田稔

スタッフ

監督・脚本・原作:宮崎駿

製作:鈴木敏夫

製作総指揮:徳間康快、利光松男、佐々木芳雄

音楽:久石譲

撮影:奥井敦

編集:瀬山武司

制作会社:スタジオジブリ

『紅の豚』と併せて観たい作品紹介

森山周一郎声優・出演作品

  • ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)
  • ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト
  • サラリーマン金太郎
  • 1リットルの涙
  • コドモ警察

加藤登紀子出演作品

  • カーラヌカン
  • 木曜組曲
  • ANPO
  • 折り梅

『紅の豚』の感想

40代男性
40代男性

ジブリの中では紅の豚が好きです。地中海ののんびりした雰囲気とバカっぽい男たち。そしてダンディーな豚。世界大戦中だというのに空賊やら賞金稼ぎやらありえないようなシュチュエーションが好きです。それにただ明るいだけでなくポルコやジーナの過去現在のストーリーがもの悲しさを醸し出し、そこにフィオやカーチスを絡めて程よく暗さを消して入れとこも好きです。飛行挺の空中戦なども格好よさとパロディーがいい感じで交わっていたし、イタリアに渡ってからの世界大戦の現実も組み込まれていた。明るさと暗さ、格好よさとパロディーが全体的にいい感じではなかったかな。しかしながら最後はお祭り騒ぎになってしまったが。あどこの作品は声優もはまり役だったと思う。ポルコの渋い声とジーナの透き通った歌声が作品にマッチしていたし、最後のジーナの歌はグッとくるものが。少しラストがモヤモヤするものの、あれはあれで良かったのかなと思う。そしてこの作品の象徴といえばこれでしょ。飛べない豚はただの豚。格好いいセリフじゃないのに格好いい。

40代男性
40代男性

ジブリ作品どれも好きなのですが、自分は『飛べない豚はただの豚だ』のキャッチフレーズが有名な『紅の豚』が大好きです。とにかくポルサリーノのソフト帽をかぶり赤いネクタイをしめた豚の主人公であるポルコ・ロッソが、声優も森山周一郎で声も渋く、豚でありながらギャップがあって大人の男然としていて格好良いです!イタリアのアドリア海を舞台にポルコの愛機である赤い飛行艇サボイアを操り、空賊のマンマ・ユート団やカーチスとの飛行艇でのドッグ・ファイトなど、宮崎駿先生の空の乗り物の描き方は本当にスピード感があって、ハラハラしながらも面白いです!登場人物である整備士としてポルコとしばらく行動を共にするフィォ、ライバルでありながら何故か憎めないカーチスも魅力的なキャラクターですし、何よりマダム・ジーナとポルコの心の奥底でつながっているようでミステリアスで、もどかしい大人の男女の関係には子どもの頃憧れながら観ていました。エピローグにフィォがマダム・ジーナとその後ホテル・アドリアーナに通うくらいの親友になったという話しがでて、エンディングテーマの加藤登紀子さんの『時には昔の話を』が流れるシーンは本当にいいですよ~。

40代男性
40代男性

「紅の豚」は、宮崎駿さんにソックリな主人公のポルコが、、正にダサ格好良いという感じで最高です。見た目は豚になった人間のおじさんですが、渋くて、お茶目でという感じで素敵です。なんといっても、飛行艇の操縦技術が抜群なのが最高です。そして、賞金稼ぎですが、ただの金目当てではないというところが素敵です。プライベートビーチ付きの無人島に、一人で優雅に暮らしているというのも憧れます。戦争の英雄だったのに独裁政治のファシストになるのが嫌で、軍をやめたというのも勇気があって誠実という感じがします。なんといっても、決め台詞の「飛ばない豚は、ただの豚」というのが格好良すぎると思います。また、ポルコが乗る飛行艇が木で出来ているというのも、実際に大戦時に日本軍が考えていたということで、宮崎駿監督のこだわりを感じさせます。そして、ヒロインでピッコロ社のフィヨが可愛すぎると思います。気が強すぎるのは少し困りものですが、純粋で勇気があってという感じで、正にジブリの正統派のヒロインという感じがします。また、工場長を演じている桂三枝さんも、癖の強い期待通りのキャラで面白いです。ストーリー的には、賞金稼ぎということで、ダークヒーローという感じもしますが、コミカルさも溢れていて、感動あり、笑いありという感じで最高に素晴らしいです。

40代女性
40代女性

予告の段階から、主人公ポルコのイケボにやられました。森山周一郎さん、渋すぎてカッコ良い。ジブリ作品は声優の豪華さが毎回売りですが、今回は大人の魅力あふれる人が沢山。加藤登紀子さんも色っぽくて素敵だし、ライバル役の大塚明夫さんも魅力的。イタリアの明るい空と海、主人公はコロコロの豚、キザを決めきれないちょっとひょうきんなライバル等、コミカル要素満載なのに、全体的に落ち着いた大人の雰囲気漂う映画だと思います。空賊との戦闘シーンはスピード感・緊迫感もあり大迫力ですが、殺伐としないのはポルコが賊を殺さない事、賊もポルコのそんな姿勢を認めている事からでしょうか。相手は賊なのだから悪なんだろうけど、嫌な悪意が無いというか。ポルコとカーチスの殴り合いを見ていても思いましたが、妙な安心感と微笑ましさがありました。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」。格好良すぎる。男の魅力は見た目ではなく信念と行動力、そして声の良さだとしみじみ思いました。

\今すぐ無料視聴/

※解約はボタン一つでとても簡単。

18

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました