スポンサーリンク

ゴールデンカムイ251話ネタバレ考察感想あらすじ!サッポロビール工場での大乱戦

漫画ネタバレ

2020年9月10日発売の週刊ヤングジャンプ2020年41号で、『ゴールデンカムイ』251話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ251話は、牛山と宇佐美が激突した事で、キラウシは打ち上げ花火を上げたので、杉元はキラウシと門倉では頼りにならないと判断して、白石とアリシパと共に現場へと向かっていたのです。

 

海賊達も合流しようとしており、一方で激戦を繰り広げる宇佐美と牛山はぶつかり合う事でお互いの力量を知ります。

 

牛山は門倉から宇佐美が鶴見の部下なのを知ると共に、鯉登や月島といった第七師団の面々が現れたのです。

 

果たして、牛山達の運命はどうなってしまうのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ251話『札幌ビール工場』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 250話 一覧 252話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ゴールデンカムイ251話のあらすじネタバレ

牛山と宇佐美が戦い始めたので、キラウシは花火を打ち上げたので杉元、白石、アシリパが動き出しました。

 

花火が上がったのは牛山組の場所だ、と言う白石に杉元は、門倉とキラウシがしょうもないし、犯人を逃がすかもしれないから急ぐぞ、と言って急かしたのです。

 

杉元達とトニ達が向かう中、現場では宇佐美が銃撃を繰り出そうとするも、牛山が銃を掴んで狙いを逸らせます。

 

そして両者は組み合ったが、お互いに柔道を嗜んでいるのか2人はお互いの力量を感じ取っていたのです。

 

牛山は、こいつではないよな、と門倉に言うと門倉は、鶴見の手下だからやっていい、と言います。

 

そこへ花火を見て現場へと向かった鯉登、二階堂、月島、菊田が到着します。

 

鯉登は、このまま狙撃したら宇佐美が危ないから自分がやる、と言って刀を抜こうとし、二階堂は、牛山は手強いから気をつけろ、と言ったのです。

 

宇佐美は隠し持っていたナイフを取り出したら、牛山はすぐさま宇佐美を投げ飛ばし、鯉登に当たりそうになったが鯉登はマトリックスの要領で回避します。

 

投げ飛ばされた宇佐美は受け身をとるが地面を滑っていきながら、菊田達の元へと向かっていったので、彼らはジャンプします。

 

その間に牛山は工場内に逃げ込んだので、鯉登達は包囲しようとしていたのです。

 

宇佐美は何故か門倉を追い始めたので門倉は、何でだよ、と言うのでした。

 

その頃、犯人とされているジャックを土方は刀を持ちながら睨みつけており、ジャックは身の危険を感じたのか逃げようとするも、夏太郎が服を掴んで阻止します。

 

そうしたらジャックはナイフで夏太郎を傷つけ、土方は手にしていた拳銃による銃撃をジャックの左肩に命中させるが、ジャックは逃げてしまったのです。

 

すかさず、訂正の花火を上げろ、と永倉に命令する土方。

 

永倉は言われたとおりに花火を上げたが、キラウシが先に花火を上げてしまったせいで、杉元達は困惑しており、海賊達は手分けして動き出すことにしたのです。

 

土方は夏太郎に、どんな具合だ、と聞くと夏太郎は、目の上を斬られただけ、と答えました。

 

男子の向こう傷だ、着いて来い、と言う土方の言葉に感動して返事をする夏太郎。

 

その頃、杉元達はキラウシと合流し、牛山が工場の中にいる事を知った杉元は突入していくがキラウシは、中には兵隊が5人いる、と思い出したかのように言ったので白石は驚いていました。

 

杉元とアシリパが工場内へと入ったが、特に気配が無く、しかも視界が悪かったので慎重に動いていました。

 

遅れて入った白石は、第七師団がいる、と叫ぶも視界が悪いせいで見失ってしまったのです。

 

アシリパは白石とはぐれてしまったと気づいて、杉元にこの事を報告しました。

 

そんな中、人影が見えたので、白石か、と呟く杉元。

 

しかし、人影の正体は白石ではなくかつて弟を杉元に始末され、復讐に燃えている二階堂でした。

 

二階堂は今すぐにでも始末してやるという憤怒の表情をしており、杉元は冷静に銃を構えていました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ251話の感想と考察

今回の話で宇佐美は、柔道を嗜んでいる牛山と互角くらいの実力であり、牛山も感心するくらいの力量なのが分かりましたね。

 

途中で第七師団の面々が駆け付けましたが、もし来なかったらどんな勝負になっていたのか気になるところでしたね。

 

そして土方達のもとに犯人と思われるジャックが現れたので、第七師団が来なければ、宇佐美が出現しなければ、もしかしたら仕留められたかもしれないので結構勿体ないなと思いましたね。

 

しかし、ジャックに関しては土方が拳銃による銃弾を浴びせましたし、夏太郎達も顔を見たのでこの危機を脱した後、探すのに役に立つのではないかなと思いました。

 

そして鯉登達が行動を起こしましたが、宇佐美は門倉を追いかけて行ったので、特に追いかける必要もないのに追いかけるのには何か理由があるのでしょうね。

 

次回は、杉元は二階堂と戦う事になるでしょう。

 

二階堂は杉元に対して復讐心を持っており、彼が尻尾を巻いて逃げるとは考えづらいなので、この場で戦うのではないかと思います。

 

2人とも銃を手にしていますが、今いる場所は工場内であり、視界もお世辞にも悪いので狙いを定めるのは厳しいかもしれませんね。

 

それ故に、素手による殴り合いになっていくのではないでしょうか。

 

<< 250話 一覧 252話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました