スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊234話ネタバレ考察感想あらすじ!ついに現れた八柱目!

漫画ネタバレ

2020年9月9日発売の週刊少年マガジン2020年41号で、『炎炎ノ消防隊』234話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』234話では、八柱目が出現しました。

 

そして、すぐに巨人も出現しました。

 

果たしてその巨人はどんな形をしているのか?

 

そして、第4消防隊が避難誘導をしつつ焔ビトを鎮魂する一方でグスタフが巨人に攻撃をしかけます。

 

グスタフの攻撃を受けて巨人はどうなるか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊234話『八本目』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊234話のあらすじネタバレ

とある一室にヨナ・カロン・シスタースミレ・フェアリーの4人が集まって話をしていました。

 

4人が話していたのは、“集合的無意識”についてでした。

 

これは、大災害による世界の破壊に必要なものでした。

 

「ハウメア集合的無意識は」

 

この部屋にはハウメアもいたので、カロンは彼女に状況を確認しました。

 

「問題なく結末は死だ伝導者も喜んでおられるぅ」

 

よだれを流しながらこのことを伝えました。

 

この部屋にはジョヴァンニもいて、彼はみんなの話を聞いていました。

 

そして、シスタースミレは自身の能力による地震で柱を出現させました。

 

出現した柱を2人の民間人は見ていました。

 

そして、その柱を見て世界がどうなっているのか不安を抱いていました。

 

さらに、海中から巨人が出て来ようとしたので、2人は特殊消防隊への通報をしつつ逃げました。

 

通報を受けて第2と第4消防隊が現場に到着します。

 

到着するや否や、グスタフは隊員たちにカタパルトの準備と射線の確保を指示します。

 

一方、巨人の対応は第2消防隊と灰島重工が担当なので、パーンは住民の避難誘導をするよう指示します。

 

そして、大黒と一緒に来ていた黒野は最後の柱なので今回の対応は消防隊に任せたいと思っていました。

 

しかし、大黒は不満は言わず自分も対応するよう黒野に指示します。

 

ちなみに、今回の柱は多摩湾沖に出現しました。

 

そして、大いなる巨人は舵輪のような形をしていました。

 

「救世主の存在を完全に絶つ」

 

柱のてっぺんにはフェアリーが浮いていました。

 

火鱗は慌てて逃げる民間人の避難誘導をしていました。

 

その最中に、逃げていた一人の男性が突然焔ビトになってしまいました。

 

その後、火鱗は焔ビトに囲まれてしまい、焔ビトの攻撃を受けてしまいました。

 

攻撃を受けて吹っ飛ばされた火鱗のもとにやってきたオグン。

 

彼は火鱗が油断していることを指摘しました。

 

「“スケールバリケード”」

 

火鱗は焔ビトの進路を塞ぎました。

 

この間にパーンは民間人に耐熱バフをかけて避難誘導を進めます。

 

さらに、オグンに鎮魂を指示しました。

 

パーンの指示を受けたオグンは、リース神父が祈りを捧げている間に焔ビトを鎮魂をしました。

 

「スーパー頭突きキャノン!‼︎本田弾装填!‼︎」

 

グスタフは自らが弾となり装填しました。

 

そして、いつもと変わらない日常を守る必要があることを発射前に語ります。

 

「“本田弾鬼無双”」

 

頭にエネルギーを集約したグスタフは発射されました。

 

グスタフが巨人に向かって行く様子を見ていたジャガーノート。

 

彼は、巨人を倒すと柱が黒くなりますがそれによってどうなるのか心配していました。

 

そして、グスタフは巨人の中心の星にぶつかりますが、「カン」と音が周りに響きました。

 

巨人は無傷でグスタフは弾き飛ばされてしまいました。

 

その結果に周りにいた人たちは呆然としていました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊234話の感想と考察

ついに八柱目と巨人が出現!

 

今までの流れでいくとジョーカーの夢に出てきたバーンズ(鬼)と思われるやつが今回登場すると思っていました。

 

しかし、現れたのは舵輪のような形をしていました。

 

その登場には驚きました。

 

しかも、今回は今までと違うことが起きています。

 

まず、逃げている民間人が焔ビトになったこと。

 

民間人が巻き込まれたものというと一本目の攻撃がありますが、その時に焔ビトになった人はいませんでした。

 

これも、大災害が本格的になる前触れだと思いました。

 

続いて、巨人がグスタフの攻撃を受けても無傷だったと言うこと。

 

これは間違いなく苦戦を強いられることになりそうです。

 

そして、大災害執行特化部隊のフェアリーが再び現れたということ。

 

巨人が倒された後は彼らとの戦いになるに違いないと思います。

 

もしそうだとすると、災害隊は柱ごとに1人ずついて、それぞれで戦いが繰り広げられると思います。

 

ちなみに、フェアリーvs.ショウ&ドラゴンvs.アーサーは是非見たいです。

 

そして、次回のタイトルは「救世主」となっています。

 

もしかすると、この戦いに第8消防隊が援軍として現れる可能性がありそうです。

 

八本目の巨人はどうやって倒すのか?

 

次回が楽しみです。

 

<< 233話 一覧 235話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました