スポンサーリンク

ランウェイで笑って155話ネタバレ考察感想あらすじ!藤戸千雪というマネキン

漫画ネタバレ

2020年9月9日発売の週刊少年マガジン2020年41号で、ランウェイで笑って155話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って155話では、オリヴィアに気に入られた育人。

 

服も注文してもらえ、オリヴィアに名刺を渡されました。

 

名刺を見てオリヴィアだと知った育人。

 

そこに佐久間が連れて来たのは、藤戸千雪でした。

 

本記事では、ランウェイで笑って155話「イエス」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 154話 一覧 156話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って155話のあらすじネタバレ

オリヴィアの名刺を見て、藤戸のことを思い出す育人。

 

育人は固まり、オリヴィアは育人の様子を見ています。

 

 

千雪と展示会に到着した佐久間。

 

一位になりたいと言った育人の為に、自分に何が出来るのか考えていました。

 

育人の力になりたいと思い、佐久間がとった行動は千雪を連れてくることでした。

 

育人がつくったものを、一番綺麗に見せることが出来るのは千雪です。

 

 

一直線に育人のところへ向かう千雪。

 

育人は千雪に気づき、先程の青ざめた表情ではなくなっています。

 

千雪とすれ違う瞬間、横目で千雪を見たオリヴィア。

 

オリヴィアには目もくれず、千雪は育人に助けに来たと声を掛けます。

 

育人はすぐに名刺を隠し、千雪の登場に驚きます。

 

佐久間はオリヴィアに驚き、名前を言おうとしますが、千雪からどの服を着ればいいと言われ慌てて準備を始めます。

 

佐久間は育人に、マネキンを片付けてと頼みます。

 

状況が呑み込めない育人。

 

千雪は育人に、モデルの仕事は何かと質問をします。

 

服を綺麗に見せることだと、育人はゆっくりと答えます。

 

イエスと、千雪は右手でピースをします。

 

服をもっと売って、自分が一位にしてあげると言う千雪。

 

 

千雪はマネキンが着ていた服を身にまとい、CLAKURIを持ち、ブースの真ん中に立ちます。

 

瞼を閉じ、ゆっくりと目を開けた千雪はオーラが溢れ出ており、会場にいる人々を魅了します。

 

 

その様子を見て、にやりと笑う麻衣。

 

 

吸い寄せられるように育人のブースには、お客さんたちが集まってきています。

 

みんな千雪を見ながら足を止めず、奥のレジへと進みます。

 

育人の家族も展示会に到着し、三女の一花は立っている千雪を見つめます。

 

千雪は一花に気づき、優しく微笑みます。

 

キラキラした目をまんまるとさせる一花。

 

受付から見ていた育人も家族に気づき、掛け寄ります。

 

 

Aphro I dite主催の合同展示会、全日程終了です。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って155話の感想と考察

千雪の登場に驚きましたが、何もなく終わりましたね。

 

オリヴィアは千雪を見ていましたが、千雪は育人しか見えていないかのようでした。

 

助けに来たぞって言えるのがかっこいいですよね。

 

そして、一位にならせてあげるって男前じゃないですか。

 

よほど自信がないと言えないセリフです。

 

育人の服を理解し、育人の為に千雪を呼んだ佐久間に感謝です。

 

生きたマネキンというのでしょうか。

 

実際モデルが着ているのを見れるなんて、凄い発想ですよね。

 

そしてみんなを魅了する千雪のオーラ。

 

オリヴィアの注文のおかげで売り上げをのばし、さらに千雪の登場で売り上げを伸ばしていく育人。

 

もしかしたらこのまま本当に、一位になれるのでないでしょうか。

 

綾野麻衣の笑顔も、してやられたという笑みですかね。

 

この二日間の合同展示会で一番感心したのは、佐久間の発想と行動力ですね。

 

SNSを駆使し、招待も出来る限りして、最後にはモデルを使う。

 

サポート役としては、凄い脳力を発揮できたと思います。

 

本当は育人が独立した時にも、サポートして欲しいですけどね。

 

合同展示会の順位も、育人の独立もどうなるのでしょうか。

 

次回も気になります。

 

<< 154話 一覧 156話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました