スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ173話ネタバレ考察感想あらすじ!イザナに対するマイキーの想いとは?

漫画ネタバレ

2020年9月9日発売の週刊少年マガジン2020年41号で、『東京卍リベンジャーズ』173話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』173話は、マイキーと真一郎ともう一人兄がいたらどうするか話すところから始まりました。

 

その後、イザナの強さの秘密や彼の部下に対する衝撃発言を経て、真一郎の問いに対するマイキーの答えが明らかになりました。

 

果たして、マイキーの答えとは?

 

そして、マイキーはイザナへ自分の想いをぶつけますが、彼はどうしたいと思っていたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ173話『The one and only』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 172話 一覧 174話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ173話のあらすじネタバレ

「もう一人兄がいたらどう思う?」

 

真一郎はマイキーにこの問いを投げかけました。

 

それに対して、マイキーはたい焼きを食べながらその問いを考えていました。

 

我に帰ったマイキーでしたが、イザナの攻撃が直撃してしまいました。

 

マイキーを心配してタケミチは叫びました。

 

一方、千冬はイザナの強さに驚いていました。

 

そして、マイキーの本気はこの程度なのかと問いながらイザナは殴り続けました。

 

防戦一方のマイキーを見てタケミチは手を抜いているのではないかと思っていました。

 

それに対してドラケンはマイキーが全力を出していることを理解していましたが、それ以上にイザナは強いと思っていました。

 

イザナの強さを見て半間は興奮してしてましたが、稀咲は2人の戦いをじっと見ていました。

 

「孤独がイザナの強さ」

 

突然イザナの過去を鶴蝶が語り始めます。

 

12歳の時、彼は不良集団に襲われて重傷を負ったイザナ。

 

その後、回復した彼は襲ってきた集団に対して一人ずつお礼参りを行い、全員再起不能にしました。

 

その中でも、最後に襲った集団のリーダーに対しては、仲間や家族も同じ目に合わせると脅しました。

 

ちなみに、そのリーダーは最終的に自殺してしまいました。

 

鶴蝶が語るイザナの過去を聞いて稀咲は驚きました。

 

その後も鶴蝶はイザナについて話を続けます。

 

通常であればケンカで人を殺したいと思うことはないけれども、他人に興味がなく手加減することを全く知らないイザナ。

 

「人を殺す拳だ」

 

イザナの拳を鶴蝶はそのように表現しました。

 

その時、イザナはマイキーを殴っていました。

 

殴り飛ばしたマイキーを煽るイザナ。

 

それに対してタケミチはマイキーが本当に殺されてしまうと思っていました。

 

起き上がったマイキーは蹴りを放ちますが、ギリギリで避けられてしまいます。

 

「オマエのた為に戦った仲間もか?」

 

鶴蝶が言っていた「他人に興味がない」と言うのが“極悪の世代”のメンバーに対してもなのかをマイキーは問いました。

 

その問いに対して、イザナは「自分に恐怖を抱いているからだ」と答えました。

 

その後、マイキーを攻撃しながら東京卍會のように信頼や友情はなく天竺には利害と恐怖しかないこと言いました。

 

この攻撃を見ていたイザナの異変に気づいたタケミチ。

 

ちなみに、彼が気づいた異変はイザナの動きの悪さでした。

 

ドラケンも異変に気づいていましたが、その理由はマイキーの蹴りを何度も受けたことにより手足にダメージが溜まったからと思っていました。

 

その後、マイキーとイザナは向かい合って話をしていました。

 

「オマエにはまだ弟がいて俺には兄がいる」

 

孤独と一方的に決めつけていたイザナに対してマイキーはそのことを告げました。

 

そして、真一郎から兄がもう一人いたらどうするかを聞かれた時のことを思い出しました。

 

「きっと好きになる」

 

これが質問への答えでした。

 

「オレはオマエを救いたいんだ」

 

最後にマイキーは自分の想いを告げるのでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ173話の感想と考察

今回も回想シーンから始まりましたが、真一郎とマイキーの組み合わせでした。

 

前回の最後に施設に行く際のエマとのやりとりがあったのでその続きに何かあるのではないかと思っていましたので、この展開は予想外でした。

 

続いて、イザナの強さの秘密が鶴蝶から語られますが、12歳で自分を襲ってきた不良集団をフルボッコ。

 

特にリーダーは自殺に追いやるという恐ろしい結末でした。

 

極悪の世代と少年院で出会ったのが13歳であると極悪の世代の強さについてイザナが語っている時に言っていました。

 

そのことを踏まえると、不良集団の襲撃が少年院送りになった原因のようです。

 

そして、イザナの本音で仲間を仲間とは思っていないことが明らかになりました。

 

“極悪の世代“もそうですが、他人に興味ないことを知ってはいても兄のような存在だと思っていた鶴蝶がかわいそうと感じてしまいました。

 

最後に、マイキーはイザナに自分の想いをぶつけようとしていました。

 

特に気になったのは、一番最後のイザナを救いたいという発言。

 

マイキーがイザナに勝利することで、イザナを孤独から解放。

 

さらに、九井を天竺から奪還することでいい未来に変わるに違いないと思います。

 

果たして、マイキーはイザナを救うことができるのか?

 

今後が楽しみです。

 

<< 172話 一覧 174話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました